2008 12/7

天才スマリヤンのパラドックス人生 ゲーデルもピアノもマジックもチェスもジョークも

 否定できないけど自分で天才って言っちゃうのはどうよ? と思ったら原題は”Some Interesting Memories: A Paradoxical Life“(「いくつかの興味深い思い出――ある逆説的な人生」)だった。

 レイモンド・スマリヤンの本は昔とても好きだった。既読のものと内容が重複する部分が多いのでこれ自体はあまり楽しめなかったが。

 とりあえず記憶に残っていて確実におすすめできるのは上記のもの。どれも入手困難気味のようだけど、時間によって古びる内容ではないので、図書館にでも行って探そう。

おまけ

 パラドキシカル!

by 木戸孝紀 tags:

2007 4/20

星新一 一〇〇一話をつくった人

 ここ見て読んだが面白かった。最近「生活維持省」の検索ワードでやってくる人が多くなってたのは、たぶんこのエントリでも紹介されている新聞記事のせいだったんだな。

by 木戸孝紀 tags: