2016 6/3

『東方鈴奈庵 〜 Forbidden Scrollery.(5)』★★★

 春河もえ著。ZUN原作。ぬえ・文・聖etc. まだまだ面白い。

『おひさま もっちゃん! 漫画家パパの育児日記』★★

 丸本チンタ著。なかなかおもろい。

『親バカと言われますが、自覚はありません。 イクメンパパの奮闘日記』★

 丸本チンタ著。上の実質前編?

『生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学』★★★★★

 ピーター・ウォード著、ジョゼフ・カーシュヴィンク著。邦題だけは良くない。原題”A NEW HISTORY OF LIFE”(新しい生命の歴史)に相応しい内容。大幅な地質学・生物学的アップデート。強くおすすめ。

『週刊少年ジャンプ秘録! ! ファミコン神拳! ! !』★★★

 「ファミコン神拳」伝承委員会著。うわー懐かしい。下の記事も合わせてどうぞ。

『カッコウの托卵: 進化論的だましのテクニック』★★★

 ニック・デイヴィス著。面白い。内容は例によってshorebird先生にお任せ。

『市場の倫理 統治の倫理』★

 ジェイン・ジェイコブズ著。対話形式がちょっと読みにくい。ここでいう「市場の倫理」と「統治の倫理」は、「リベラル」と「保守」に近い(同じではないが)。もっと言えば『社会はなぜ左と右にわかれるのか』の後半3軸を軽視する立場と重視する立場。

『モラルの起源―道徳、良心、利他行動はどのように進化したのか』★

 クリストファー・ボーム著。興味深い点はあれど要注意点もあり。先にshorebird先生の書評を読むことをおすすめ。

『巨大生物解剖図鑑 Inside Nature’s Giants』★

 デイヴィッド・デュガン著。大迫力。

by 木戸孝紀 tags:

2012 7/14

『飢える大陸アフリカ―先進国の余剰がうみだす飢餓という名の人災』★★★

 ロジャー・サロー著、スコット・キルマン著。現代の飢餓は物理化学生物的な限界の問題ではなく政治の問題。最悪なのは先進国の農業補助金。まあわかっていたと言えばわかっていたことではあるが、とてもいい。おすすめ。

『この人と結婚していいの?』★★★

 石井希尚著。結婚しようと思っていたときに見つけて買った。男はウルトラマンで女はシンデレラとかなんとか。結構いい。

『徳の起源―他人をおもいやる遺伝子』★★★★★

 マット・リドレー著。前から貼ったりはしてたと思うけど、そのもの自体はまだ紹介してなかったか。このテーマでは一番まとまってるかも。

『魚は痛みを感じるか?』★

 ヴィクトリア・ブレイスウェイト著。読み物としての面白さはいまひとつだが、テーマは面白い。下の雨崎さんのまとめと考察が秀逸。

『図説 金枝篇』★★★

 サー・ジェームズ・ジョージ・フレーザー著。ちょっと古いけどやはり抑えておくべき定番。

『アーミッシュの赦し―なぜ彼らはすぐに犯人とその家族を赦したのか』★★★

 ドナルド・B・クレイビル著、デヴィッド・L・ウィーバー・ザーカー著、スティーブン・M・ノルト著。いつかRSSでニュースを目にして気になっていた話。かなり面白い。

『伽藍とバザール―オープンソース・ソフトLinuxマニフェスト』★

 エリック・スティーブン レイモンド著。今となってはちょっと昔だが重要。IT・プログラミングに予備知識のない人には向かない。

『生命と非生命のあいだ』★

 アイザック・アシモフ著。書かれたのが1960年代後半なので約半世紀前とのギャップを楽しむ意味で読むべき。ちょうど今頃の世界を予想しているところがあった。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2011 2/6

生命の跳躍――進化の10大発明

 ニック・レーン三冊目。これまでの本と重複する部分も多かったが、今回もとても面白い。

  • はじめに 進化の10大発明
  • 1 生命の誕生――変転する地球から生まれた
  • 2 DNA――生命の暗号(コード)
  • 3 光合成――太陽に呼び起こされて
  • 4 複雑な細胞――運命の出会い
  • 5 有性生殖――地上最大の賭け
  • 6 運動――力と栄光
  • 7 視覚――盲目の国から
  • 8 温血性――エネルギーの壁を打ち破る
  • 9 意識――人間の心のルーツ
  • 10 死――不死には代償がある
  • エピローグ

 特に最初の章「生命の誕生」の部分が面白い。最初の生命は熱水噴出孔近くの岩の中で生まれたのではないかというアイデアは、もはやかなり正解に近いところまで来ているようだ。

参考リンク

関連書籍

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2010 12/3

生命と非生命のあいだ―NASAの地球外生命研究

 分子生物学やってた者としては、このニュースだけは一言だけでも反応しておかないと。

 Appleのビートルズコーの直後だったからか、これもズコーとか言ってる人がいるけど、これは全然ズコーじゃないよ。これはすごいニュースですよ。

 どのくらいすごいかというと「SFの中だけの存在だった珪素生物が実際に発見された!」の、まあ1/16ぐらいの感覚かな。フェルミのパラドックスとか、生命全般に対する認識にもモロに関わってくる非常に面白い話ですよ。

 あと、ネタバレになるからどれかまでは言わないけど、グレッグ・イーガン『TAP』の中に異質生物ネタの結構面白い短編があった。確か元素じゃなくて異質な塩基だったけど。

おまけ

 モノ子で異質生物というと。

by 木戸孝紀 tags:

2009 5/5

ゲノムと聖書:科学者、〈神〉について考える

 『神と科学は共存できるか?』の頃からチェックリストには入っていたがやっと読んだ。感想は下の雨崎さんの感想にほぼ一字一句同意。

 ほんとまじめなんですよ、この先生。自分の良心の落としどころを求めて、あれやこれや試行錯誤に調整を試みた末の、せいいっぱいの”有望な”神の延命計画を提案しているんですよ。インテリジェント・デザイン(ID)説に苦言を呈しーの、有神論的進化論を試しーの、バイオロゴスはどうかと打診してみーの。

 そこには、どこか、人類には共通の性向があり、共通項を確立すれば幸福がもたらされるのであり、という楽天的な妄念がどっぷりしいの、そしてあくまで、どこまでもどこまでも一神教圏の神設定から抜け出す気はいっさいございません状態で徹底しいの、なんだけれども、とりあえず、まあ、あちらのお国事情では、これもひとつありかな、というところで、見ておいて損はない一冊。

(ゲノムと聖書:大阪について考える科学者を見よ [ EP: 科学に佇む心と身体 ])

 違いといえば、私は「人類には共通の性向があり、共通項を確立すれば幸福がもたらされる」という考え方には、もうちょっと好意的だということぐらいかな。

 元々キリスト教徒でない人間にとっては積極的な価値はあまりないと思う。参考図書に挙げたような本を先に読んで他の考えも知りたいという場合にどうぞ。

参考リンク

関連図書

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2008 11/7

ナチス・ドイツの有機農業―「自然との共生」が生んだ「民族の絶滅」 (KASHIWA学術ライブラリー)

 今もシュタイナー教育などに名を残し、真面目に受け取っている人もいるルドルフ・シュタイナーと有機農法の話から始まって、自然を愛し全ての生命と共生しようという思想がなぜ大量殺人のような結果を生んだのかを巡る話に繋がっていく。

 私はこれとかこれとかナチスネタには目がないのだが、この本と『ナチスと動物』『健康帝国ナチス』の2冊はどれも素晴らしく、“いまここにいるナチス”三部作とでも勝手に命名しておすすめしたい。

 現代のディープエコロジーのような考え方や、日本のフードファディズムめいたトンデモ食育にもしっかり残っているナチスの影響。ついでに戦前日本はオカルト的自然観と民族主義の点でナチスドイツに本当に瓜二つだったんだということもよくわかるぞ。

参考リンク

おすすめ類書

おまけ

 健康→禁煙→タバコ

by 木戸孝紀 tags:

2007 12/19

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス

 UFOだけなら「未確認飛行物体の略ですから確認されていない飛行物体が存在するのは当たり前です」とか言い逃れられたけど、ナスカの地上絵がどうとか言っちゃってるから普通にトンデモ発言だな……。ペルー国民よ怒っていいぞ。

 さて、地球にUFOが来てるという認識はあからさまなトンデモだが「宇宙に人間以外の知的生物がいるか?」という問いは決してバカにならないなかなか面白い問題だ。

 確実にわかっているのは、SETIが成功するほどたくさんはいないが、ゼロではない*1ということ。

 地球外文明の期待度は大きくなったり小さくなったりを繰り返しているように見える。

 初めはもちろん地球が世界の全てだと思われていたのでゼロ。宇宙の広さがわかってきた時代には、月や火星にさえ普通に生物がいるかもしれないという夢が持てた時期もあった。

 生物の研究が進むとこんな複雑な現象がそうは生まれないと思われるようになり、さらに研究が進むと意外とあり得るんじゃないの? と思われるようになり、さらに宇宙の研究が進むと進化に適した環境はなかなかないように思えてくる……といった具合。

 最新の推測*2は、いわゆる生命現象はそこまで珍しいものではなく、異星生物は宇宙を探せば結構いるだろう*3が、それがいわゆる異星文明にまで進化している可能性は極めて小さく、宇宙に存在する文明はたぶん地球のみと思われる、というぐらいである。

 個人的には、近い将来またちょっとは期待が持てる方向に向かって針が振れるようになると思っているが。

*1:なんといっても地球という星にはいるのだから。
*2:コンセンサスと呼べるほどのものではないが。
*3:エウロパあたりにあっさりいたりすることもありうる。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2006 12/11

「いのち」を食べる私たち―ニワトリを殺して食べる授業 「死」からの隔離を解く

 上の記事を見てこの本を思い出した。うろおぼえながら私なりに要約すると下のような主張。私は概ね賛同する。

 もっとも、そもそも今の子供の命に対する理解に問題があるというのは本当か、あるいは問題があったとしてそれは社会にとって悪いことなのか、というもっと以前の段階で大いに疑問はあるのだが。

 この「OUR DAILY BREAD」という映画は機会があったら観てみたいと思う。

 子供が何か事件を起こすと大人たちは判で押したように『命の大切さを教えなければ』と言うが実際どうやって教えるのか。『殺人テレビゲームを規制せよ』というような意見も出るがナンセンスだ。架空の死は古今を問わず子供にとって魅力的だった。

 問題は架空の死の氾濫ではなく、子供が本物の死から隔離されていることだ。一昔前までは病気や戦争で死に直面した人や死を覚悟した人が身近にいた。家畜を飼ったり絞めたりということも普通に近所で見られた。

 現代の都会の子供達はこのような自然な「死の教育」を受けることがない。教育がその代わりとしてできることは何か。「ニワトリを殺して食べる授業」だ。そう聞くとギョッとするかもしれない。でもなぜギョッとしなければならないのだろう。鶏は皆食べているのに。これも「死からの隔離」だ。同和問題への理解も兼ねられる。

 現実的に自分で屠殺して料理できる手に入りやすい唯一の家畜である鶏は、自分を含め命が他の生き物を殺すことによって成り立っていること、命と死を同時に理解させる最高の教育素材となりうる。

by 木戸孝紀 tags: