2018 10/7

『知ってるつもり――無知の科学』★★★

 スティーブン・スローマン著、フィリップ・ファーンバック著。いまではそんなに珍しくない話題ではあるが、意外によかった。

『知の果てへの旅』★

 マーカス・デュ・ソートイ著。個々の話題はちょっと薄い気もするけど、よい。

『進歩: 人類の未来が明るい10の理由』★★★

 ヨハン・ノルベリ著。まあこれもいまではそんなに珍しくなくなってきた話題ではあるが、よい。

『広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由』★

 スティーヴン・ウェッブ著。50の理由のアップデート版。正直そこまで変わってない。前のを読んでればパスでもいいかも。

『遺品整理屋は見た!』★

 吉田太一著。孤独死関係のエッセイ集というか。ちょっと興味深い。

『馬・車輪・言語』★

 デイヴィッド・W. アンソニー著。かなり専門的。思いっきり『銃・病原菌・鉄』の装丁をなぞってる気がするけど、同じ調子で読もうとするときついかも。

『人が人を殺すとき―進化でその謎をとく』★★★★★

 マーティン・デイリー著、マーゴ・ウィルソン著。殺人に関する進化心理学の古典。古典らしくいま読むと流石に古い話題とも感じるが、古いからといって間違っているわけではない。あまり馴染みがなければ今からでもおすすめ。

『amazon 世界最先端の戦略がわかる』★★★★

 成毛眞著。IT業界人なら知っていることも多いだろうが、とても面白い。

by 木戸孝紀 tags:

2012 3/11

『こんなに違う!世界の性教育』★★

 橋本紀子監修。ためになる。

『しあわせ仮説』★★★★★

 ジョナサン・ハイト著。非常に面白い。生きていく上でも役に立ちそうだ。

『大絶滅 ―2億5千万年前,終末寸前まで追い詰められた地球生命の物語―』★

 Douglas H.Erwin著。いわゆるP-T境界の大量絶滅に関する本。

『コンピュータ科学者がめったに語らないこと』★

 D・E・クヌース著。The Art of Computer Programmingで超有名なドナルド・クヌース

『ヴィクトリア朝時代のインターネット』★★

 トム・スタンデージ著。電信とインターネットの類似性。

『沈没船が教える世界史』★★

 ランドール・ササキ著。水中考古学。

『喜びはどれほど深い?: 心の根源にあるもの』★★★

 ポール・ブルーム著。主題は喜びというより本質主義。前著にかぶる部分も多いがかなり面白い。

『世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記』★

 竹内健著。エルピーダ倒産関連の話題から読む。

『大気を変える錬金術――ハーバー、ボッシュと化学の世紀』★★★★★

 トーマス・ヘイガー著。ハーバー・ボッシュ法についても、このふたりの人生もひと通り知っていたはずなのだが、めちゃめちゃおもろい。

『食のリスク学―氾濫する「安全・安心」をよみとく視点』★★★

 中西準子著。311前の本だが、いまもおすすめ。

『ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力』★★★★

 ジェフ・ライアン著。アメリカ視点のせいか、知らないことが多くて面白い。

おまけ

 おもれーなこの人。

by 木戸孝紀 tags: