2016 10/28

 これはショック。しかしあまり知られていない珍しい自転車で転んで亡くなるとは、まるでこの人の作品のキャラにありそうな……。知らなかった人も『イハーブの生活』だけでも読んでみてほしいなあ。

by 木戸孝紀 tags:

2011 7/28

復活の日 (ハルキ文庫)

小松左京さんが死去 「日本沈没」「復活の日」

 「日本沈没」「復活の日」などのベストセラーで知られ、日本SF小説界の第一人者である作家の小松左京(こまつ・さきょう、本名・實=みのる)さんが、26日午後4時36分、肺炎のため、死去した。80歳だった。葬儀・告別式は親族で済ませた。

 1931年、大阪市生まれ。京都大文学部卒。在学中に漫画を描き、同人誌などに小説を発表する。作家の故高橋和巳とは学生時代からの同人誌仲間で、ライバルだった。

 ラジオのニュース漫才の台本を執筆する一方、米国のSF小説に影響を受け、61年、「SFマガジン」のコンテストで「地には平和を」が入選。以後、生物兵器ウイルスと核戦争による人類滅亡を描いた「復活の日」や社会性の強い「日本アパッチ族」「終わりなき負債」、超能力者スパイをめぐる活劇「エスパイ」、第6回SF大賞を受賞した「首都消失」など多くの話題作を送り出した。

(asahi.com(朝日新聞社):小松左京さんが死去 「日本沈没」「復活の日」 – おくやみ・訃報)

 ううむ、星新一筒井康隆との御三家の中では一番印象は薄いけど、やはりちょっとは感慨がある。

 以前言及したショートショートは小松左京だと記憶してるんだけど、自信がないなあ。この機会にチェックしようか。

2011/07/30追記

 調べた。小松左京で合ってた。

『まぼろしの二十一世紀』(六八・八・一六「週刊朝日」掲載)

 だそうな。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2011 7/7

スケバン刑事 (1) (MFコミックス)

「スケバン刑事」漫画家の和田慎二さん死去

 和田慎二氏 61歳(わだ・しんじ、本名・岩本良文=いわもと・よしふみ=漫画家) 5日、虚血性心疾患で死去。告別式は未定。

 広島県生まれ。1971年、大学在学中に「別冊マーガレット」でデビュー。「超少女明日香」シリーズや「ピグマリオ」など少女漫画で活躍。テレビドラマ化、映画化もされた「スケバン刑事」は大ヒットした。現在は、「ミステリーボニータ」(秋田書店)で「傀儡師リン」を連載中だった。

(読売新聞 7月6日(水)11時19分配信 最終更新:7月6日(水)13時39分)

 ううむ、ローディストとしては森勇気さんはどうしているのだろうか、というのが第一印象。

 それにしても若いなあ。手塚治虫といい石ノ森章太郎といい横山光輝といい藤子・F・不二雄といい、すごい漫画家というのは長生きしちゃいけない決まりでもあるのか。

 『スケバン刑事』は正直今読んでも面白いと思う。要するに『魁!!男塾』の少女漫画版みたいなもん(?)なので、少女漫画の中では男でも比較的読みやすい方だと思う。まだの人にはおすすめしてみる。ちなみにドラマのことは知らない。

おまけ

 同じ高校生とは思えん。

by 木戸孝紀 tags:

2011 5/17

パネルクイズ アタック25

 普段、芸能人の訃報のたぐいで反応することはあまりないのだが、アタック25は大昔から見てたからやっぱりショックだなあ。

 月並みなセリフしか言えませんが、ご冥福をお祈りします。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2010 7/13

星を継ぐもの (創元SF文庫)

 『星を継ぐもの』は最近しんざきさんもおすすめしてたように、SFオールタイムベストに数える人も多い傑作。

 私もオススメできるのは、まず『星を継ぐもの』を含む「巨人たちの星」シリーズ3部作。ただし、このシリーズは後に行くごとに急速につまらなくなっていく。(最初が面白すぎると言った方が正しいか。)

 次にやはり『創世記機械』。『未来の二つの顔』は、今見るとやや古くさいが、個人的に星野之宣が好きなのでコミック版を入れておく。

 なお巨人たちの星シリーズは、今後別の文脈でごくわずかに触れる機会があるかも。

おまけ

 月SFつながり。

by 木戸孝紀 tags:

2010 5/26

新版 自然界における左と右

 マーティン・ガードナーの訃報を見たので、ついでに一番記憶に残っている本を紹介。

 よくある「鏡はなぜ左右だけ反転させるのか?」的な話から始まってパリティ対称性の破れなどまでカバーしてくれる、この話の決定版的存在。

おまけ

 左右に腰振るだけなんてゲッダンよりつまらんと思ったら意外な収穫。

by 木戸孝紀 tags:

2007 9/5

大東亜戦争の実相 (PHP文庫)

 瀬島龍三は「大日本帝国はスゴかったんだぜ!」という種類の意識によって過大評価されている部分は絶対にあるだろうが、それを差し引いてもすごい人物であったろう。

 昔この『大東亜戦争の実相』という本を読んで面白かった記憶がある。モロ利害関係者の証言だということを忘れずに読める人には、おすすめする。

おまけ

 

by 木戸孝紀 tags: