2017 1/3

 ずいぶん久しぶり。すでに内容忘れてしまったものも。AmazonプライムビデオでBGM的に流し見したのも、ちゃんと映画館に観に行ったものも、全部ごちゃまぜ。

『クヒオ大佐』 2/10

 堺雅人。

『明日の記憶』 8/10

 若年性アルツハイマー。こわい。

『そして父になる』 4/10

 地味。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 5/10

 まるでリメイクのような続編。商業的にはよかったのかもしれんけど、なんだかなあ。

『127時間』 2/10

 ほぼ実話だというのがすごいけど映画としては……。痛い(スラングではなくそのままの意味で)描写あり注意。

『96時間』 4/10

 『24』の二番煎じみたいな感じ? まあそれにしてはマシな方か。

『アンノウン』 4/10

 B級もいいとこだが、意外におもろい。

『デビル』 3/10

 シャマラン作品であえて最初からネタバレしたらこうなりました、みたいな感じ。

『エスター』 6/10

 サスペンスホラー。結構よくできてる。

『ゴーストライター』 3/10

 雰囲気だけなんかで間抜け。惜しい。

『君の名は。』 10/10

 流行り物。個人的な好みからは外れるけど十分面白いやんけ。

『この世界の片隅に』 10/10

 これも個人的な好みからは外れるけど、驚異的な完成度。原作から削られたエピソードも含めた完全版が観たくなるな。

『ラブライブ!The School Idol Movie』 6/10

 アニメの方ちゃんと観てないから完全に評価できないけど、いいんじゃないか。ストーリーはなんか微妙だった気もするが。

by 木戸孝紀 tags:

2016 8/23

シン・ゴジラ音楽集

 いやー、今いろいろ語る時間はないけど、これはとにかく面白かったわ。2回以上劇場に観に行った邦画って、もしかして人生初なのでは?

by 木戸孝紀 tags:

2015 9/10

マッドマックス 怒りのデス・ロード [Blu-ray]

 あまりにも評判が良かったので、誕生日プレゼント(?)としてひとりで観に行かせてもらったのだが、聞きしに勝るぶっ飛び具合。ただおバカなだけじゃなく、あらゆる方向に超絶してる。オールタイムベスト級。

by 木戸孝紀 tags:

2014 4/28

アナと雪の女王 [DVD]

 吹き替えのレベル高い。氷・雪・水の質感が素晴らしくCG技術も見事。ギャグ担当の雪だるまもいいし、低年齢向けなことを除けば全てがハイレベルにまとまっている。

 あと本作のせいではないが、『HUNTER×HUNTER』連載再開のニュースと脳が混線してるのか、どうしても『アナと蟻の女王』というタイトルが頭から離れない。

 「♪蟻のままのー姿見せるのよー」って、誰がうまいこと言えと。蟻スキーの私でも絵は想像したくないわ。まあ冗談はともかく安心してオススメできる感じです。

by 木戸孝紀 tags:

2014 2/12

『アルゴ』 9/10

 面白い。滑走路の過剰演出――案の定史実ではなかったことのようだ――ぐらいしかケチのつけどころはない。

『マジェスティック』 7/10

 アメリカ的時代劇というかお伽話というか。

『アメリ』 9/10

 フランス映画。一見なんとも言えないけどなんとも面白い。

『おおかみこどもの雨と雪』 6/10

 思ったよりはよかった。

『武士の家計簿』 3/10

 何が悪いというわけではないが本の方をオススメする。

『風と共に去りぬ』 8/10

 初めてちゃんと見た。やはり歴史に残るだけのことはある。

『ONE PIECE FILM Z』 5/10

 まあこんなもんか。

『鍵泥棒のメソッド』 8/10

 半沢直樹と大和田常務の共演。かなり面白い。予算比では間違いなく傑作と言えそう。

by 木戸孝紀 tags:

2013 12/24

ゼロ・グラビティ [DVD]

 なんでも『トゥモローワールド』と同じ監督なんだそうだ。

 「ものすごい映像に酷いストーリー」から、いらないストーリーを取っ払ったら「ものすごい映像」だけの素晴らしい映画になりました。みたいな感じ?

 上映時間も91分と短いし、細かい科学考証とか抜きにして、頭空っぽにして見られるアトラクションとして最高。

by 木戸孝紀 tags:

2013 10/29

 いやー、なんか知らんがとにかくすごいものを見た。斜め上かと思いきや、よく考えたらこれまでの話とタイトルからそれしかない罠と思わせられる展開とか。

 エルム街の悪夢とか、ガン=カタとか、食傷気味なほどの劇団イヌカレー大盛りとか、おそらく空前絶後の宇宙規模○○○○○ー建設とか。いやー、なんか知らんがとにかくすごいものを見た。

おまけ

 フリーマン・ダイソン「太陽系の外れに生命を探そう」

by 木戸孝紀 tags:

2013 8/26

『エクスペンダブルズ』 3/10

 スーパーハリウッドアクション役者大戦。

『プラダを着た悪魔』 9/10

 テレビ視聴。面白い。

『バスケットボール・ダイアリーズ』 6/10

 レオナルド・ディカプリオのヤク中演技がなかなか。

『Mr.&Mrs.スミス』 5/10

 テレビ視聴。ありがちだが無難。

『ミッション:8ミニッツ』 6/10

 そこまで素晴らしいとは言えないが、予算比ではなかなかの名作だと思う。『月に囚われた男』と同監督と聞いてさもありなん。

『自虐の詩』 4/10

 テレビ視聴。頑張ってるけどこれは原作漫画を読んだ方がいいと思う。

『ルーパー』 6/10

 いろいろ惜しい佳作。予算比ではかなり頑張ってる方だと思う。

『パシフィック・リム』 7/10

 誰かの言ってた「200億円かけたロケットパンチが見られただけで満足」という台詞がすべてを物語っている感じ。

by 木戸孝紀 tags: