2014 10/25

『脳科学は人格を変えられるか?』★★★★

 エレーヌ・フォックス著。タイトルが内容と一致してない。いわゆるポジティブ脳とネガティブ脳の話。なかなか興味深いしライフハックとしても役に立ちそう。

『人類5万年 文明の興亡: なせ西洋が世界を支配しているのか』★

 イアン・モリス著。それほどすごいと思わなかったが、定量志向が珍しかったので。「西洋オワコンって結論にしとくから、途中で多少偏見みたいなこと言っても許せよな」みたいなサブテクストがあるような気がするのは意地悪過ぎかね?

『ヤモリの指から不思議なテープ』★★★★

 松田素子著、江口絵理著、石田秀輝監修、他。内容的には『ヤモリの指』に近いが、イラストたくさんでかなりいい。子供に読ませたい。

『パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門: 怒り、イライラのコントロールで、職場は変わる! 成果が上がる!』★

 小林浩志著。このテーマでまとまったものは読んだことなかったので。

『テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?』★★

 ケヴィン・ケリー著。うーん、全体として悪くはないけど、この人やっぱり自然信仰から文明信仰に転向しただけで本質はヒッピーっぽいんだよねえ。

『スタイルズ荘の怪事件』★

 アガサ・クリスティー著。なんかテレビでポワロやってたので。

『インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針』★

 Susan Weinschenk著。なんとなく『Mind Hacks』を彷彿とさせた。『Mind Hacks』の完成度には遠く及ばないが。

『振り込め犯罪結社 200億円詐欺市場に生きる人々』★★★★★

 鈴木大介著。やばいなんかめちゃめちゃ面白い。近いうちに『闇金ウシジマくん』で振り込め詐欺君編でも始まりそうな気がする。

by 木戸孝紀 tags:

2013 5/19

 行ってきた。結構並んだが、展示には大満足。

 死ぬほど既出だろうけど、どうしてもアンサイクロペディアの例の項目を連想してしまった。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2011 2/8

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]

 以前紹介したもののカラー版。

 色に関係する部分が加わった他、これまでと同内容のページもカラーで表現されている。今から買うならこちらの方がいいだろう。

 これは本当に役に立つのでおすすめ。実際、自分がこのブログのテンプレートをカスタマイズしたときなどにも、いろいろ参考になった。

おまけ

 なんとなく。

by 木戸孝紀 tags:

2008 8/10

Re:Package(初回限定盤)

 あれから一週間経って、すでに大体予想通りの展開になっていますが、今度は逆に運営者側から見た話。そもそも現在、運営者の利益は廃人・ヘビーユーザーの利益とは真っ向から衝突しています。反発は予想外の大きさではあったでしょうが折り込み済みでしょう。元に戻してもらいたいのは確かですが、それで「はい、そうします。」と言って戻すようなことはありえません。

 運営者の利益とはもちろん、そのまま文字通り利益です。お金です。現在費用ばかりかかって赤字のところを黒字転換するのが目的です。そのためにはもっと公式のコンテンツを配信したり、商品化できるコンテンツを流行らせて買ってもらったりしなければなりません。

 たまたま公式IKUZOが流れている時期だったからか「流行が廃れるのを遅くしたい」という側面が注目されましたが、工作防止の側面も、現在考えられているよりは強かったと思います。工作と言っても、単に十秒の野菜動画がなぜかランキング上位だぜというようなことを言っているのではなく、具体的には

  • 7/8のエア本さん誕生祭
  • 7/14のガチムチ兄貴誕生祭

 のような事態を指します。こんな一文にもならないブームはなるべく減らしたい。

 エア元さんや兄貴なんか商品化するわけにもいかないし、コンテンツホルダーの偉い人が「で、我が社のコンテンツを提供するニコニコ動画というのはどんなサイトなのかね?」と言って見に来たときに、ランキングが頭がパーンとかケツドラムで埋め尽くされてても困ってしまいます。

 要するにユーザーの好きにされたらランキングはカオスになり、そしてあまりカオスでは困るのです。好き勝手遊んでいるユーザーからしたら「好きなようにするな」と言われているわけですから、反発があるのは当然です。しかし、運営者としてはそうしないわけにもいかないのです。

 偶然もあるでしょうが、初めて本当に一週間(8/4?8/10)ぶっ続けでトップに載ったランキングは、1?3位まで全てボーカロイドオリジナル曲となっています。



 1位のものなどはニコニコ市場でそのCDまで売られています。この状況はまさに運営側の狙い通りと言ってよいでしょう。したがって、トップのランキングが週間になっているのは今のところ大成功です。元に戻るわけがありません。あるとしても廃人・ヘビーユーザ向けの毎時ランキングが追加されるぐらいでしょう。*1

 問題は前回書いたようなメカニズムによって、短期的には作者やヘビーユーザが離反して、長期的に沈滞することです。しかし、現在作者やヘビーユーザが逃げていく先の受け皿があるわけではないので、それなりの対策をすればあまり心配する必要はないでしょう。

 あとは長期的な沈滞のデメリットが短期的な利益のベネフィットを上回るのか、それとも下回るかの一点だけです。どうなることやらしばらく目が離せないですね。ただヘビーユーザ視点から個人的な予想を言わせていただくなら、経営的にどうなるかはわかりませんが(わかるぐらいなら株でもやって儲けます)、どちらに転んでもニコニコ動画の最も面白かった時代は終わるのではないかと思います。

*1:投稿時点ではすでに追加されている。ただし毎時ランキングとは言っても旧形式の毎時更新されるデイリーランキングではなく、本当の1時間ランキングである。

おまけ

 もしかして次の週間トップってこれか?(笑) 本当になったら運営の意図ブレイカー。

by 木戸孝紀 tags:

2007 10/28

DS文学全集

 買ってみた。なかなか快適だ。

 DSを縦に持つとちょうど2画面が本のページらしい見た目になる。しかも画面の端あたりをタッチするというアバウトな操作でページをめくることができるので、普通に読み進めている場面ではタッチペンを使わず、本を持っている右手親指にちょっと力を入れるような感じでいける。実に自然だ。

 このような使い方はDS開発の時から考えていたんだろうか。考えていたとしたらすごいことだし、予想していなかったとしたら、そのような予想しない使い方を生み出しうる環境を作ったということでやはりすごいことだな。

 収録作品リストを見て興味が沸く人にはおすすめ。

おまけ

 よくわからんが文学だそうです。

by 木戸孝紀 tags:

2006 2/5

ノンデザイナーズ・デザインブック Second Edition

 デザインの専門家でない人が印刷物の体裁の基本を学ぶための本です。

  • 近接
  • 整列
  • 反復
  • コントラスト

 の4つの基本原則を豊富な実例でひたすら学びます。Webにも応用できますがWebデザインの本ではありません。配色の本でもありません。モノクロですし。

 しかし、その基本原則の単純さ故にWebデザインにも配色にも応用できそうな気がします。

 個人的には我流でHTMLやスタイルシートをやってきた中で一度は考えたことがあるようなことが多かったのであまり役に立ったとは言えないのですが、これを小中学校の美術(図工?)の時間に教えてもらっていたらずいぶんありがたかっただろうと思います。

 今までデザインというものを意識したこともないという人には絶対におすすめです。

by 木戸孝紀 tags:

2005 12/12

ジョグダイアル

 デジカメ機能が欲しくなるきっかけがあって P901i に機種変更したのだが、これまで使っていた SO503i に比べて操作性が極めて悪い。ほんの数日前にちょうど同じ話題のエントリ

 を読んだばかりだったにも関わらず「おそらくたまたま特別悪いのに当たってしまった例だったのだろう。そんなに悪いならもう直されているだろうし」と油断して、結果的に同じ轍を踏んでしまった。

 【カメラ】ボタンを長押しすれば一発でシャッター待ち状態に飛べるし、画像サイズを憶えていてくれないなどということもない。

 書かれている N900i のケースよりはずいぶんましで、我慢できる範囲ではあるのだが、やはり一番大事な電話帳がはっきり悪くなってしまった。

 いま私の電話帳に「ああああ」「いいいい」「うううう」の3名が登録されていて、「うううう」にかけたくなったと仮定する。現在の P901i でトップ画面からかけるまでの最短の方法はこうなる。

  • 方向ボタンの【下】を押すと 電話帳検索>行検索 を選択した状態に飛ぶ
  • 【決定】を押す。
  • 行検索画面。「あ行」が1に対応していることを確認し、【1】を押す。
  • 「あ行」の画面。【下】を2回で「うううう」を選択し【決定】を2回。もしくは、「うううう」が上から3番目【3】に対応していることを確認し【3】を押し、【決定】を2回押す。

 特に最後のところがかなり面倒くさい。この例ではまだ「うううう」が上から3番目だから【下】を2回、【決定】を2回で選ぶこともできるが、これが8番目や9番目だと後者の方法を取るしかなく、

  • 目的の名前(「うううう」)をまず眼でスキャン。
  • 視線を左に移して対応する数字(3)を確認。
  • 視線を数字ボタンに移すと同時に、そこから指をどけ、【3】の位置を確認。
  • 指を数字ボタンに戻して【3】を押すと同時に、視線を画面に戻して間違ってないか確認。

 のようにやたらと視線と指が行ったり来たりする手順を踏まなければならない。

 もっとひどいのは「あ行」の画面にいるとき【左】【右】の方向ボタンを押しても「か行」や「数字・記号の行」に飛んでくれないということ。

 代わりにひとつの行に10名以上属するとき次のページに飛ぶ機能が割り当てられている。

 これでは電話帳をざっと流し見ながら「あと知らせなきゃいけない人は誰かいたっけ……」という使い方ができない。

 一端トップに戻って、まず頭だけでかける人をはっきり思い出してから改めてその人が属する行を選ばなければならない。なんのための電話帳だ。

 対して SO503i ではジョグダイアルという横に長いマウスホイールのようなもの(写真)が付いていて、コロコロと回すことが【上】または【下】、中心付近を押すことが【決定】、左右の端を押すことが【左】【右】ボタンに対応している。

 そしてトップ画面でジョグダイアルを回すといきなり電話帳に飛ぶことができる。だから「うううう」にかけたいときはこうなる。

  • ジョグダイアルを下にひとつ回す。「ああああ」を選択した状態になる。
  • そのまま下にもう2つ回し、「うううう」を選択した状態にする。
  • ジョグダイアルの中央付近を2回押す。

 非常に簡単である。ジョグダイアルは眼でスキャンするのと同じ速度でブンブン回すことができるので、ひとつの行の中での移動は【上】【下】だけで行われ、【左】【右】は「行」のタブ間を移動するのに割り当てられている。

 いかなる場合でも視線を画面から外す必要はない。改めて比較してみるとすごく便利だ。初めて持った携帯が SO503i だったので今までこの便利さを認識できていなかった。

 失ってみて初めてわかるありがたみ。ジョグダイアルファンになってしまったかも。今回は我慢できないほどではないから諦めるしかなさそうだが。

 事前にこういう使い勝手を確認する方法はなにかないのだろうか。販売店で手に取れる端末は盗難対策なのか全てハリボテだし。

 こういうことが可能ならせめてPCからのシミュレートでもいいから事前に確認させてくれるようにできないものなのか。

12/13追記&改題

SONYは、au、Vodafone、Docomoの大手三社すべてに端末を供給しているにもかかわらず、近年3キャリア全てにおいて、「ジョグダイヤル離れ」の傾向が加速している。

(はてなダイアリー – ジョグダイヤルとは)

 なんて書いてあるな。なぜなんだろう。

by 木戸孝紀 tags: