2019 4/28

『妻のトリセツ』★★★

 黒川伊保子著。妻と読んだ。ぶっちゃけ科学面では極めていい加減。トンデモと言っても過言ではない。でも個人的には役に立った気がする。

『気になる仏教語辞典: 仏教にまつわる用語を古今東西、イラストとわかりやすい言葉でなむなむと読み解く』★★★★

 麻田弘潤著。絵も内容も良い。

『ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック』★★★

 阿久津美栄子著。図書館で借りて良かったので一冊持っておくことにした。

『脳が教える! 1つの習慣』★

 ロバート・マウラー著。変化は怖い。だから必ず失敗しようがないほど小さいことから始めて徐々に大きくせよ。……という内容。これで言い尽くしてしまっている気がするが。

『難破する精神:世界はなぜ反動化するのか』★

 マーク・リラ著。全体としてはありがちな現状嘆き本と言えなくもない。が、いわゆる極左の理想主義が「未来へのノスタルジア」であり、極右の過去へのノスタルジアとある意味そっくりだという視点は示唆に富むと思う。

『魂に息づく科学:ドーキンスの反ポピュリズム宣言』★

 リチャード・ドーキンス著。より抜き集。長年のファンからするとまあ予想通りの内容で、そこまでインパクトはなかったが。

『脚・ひれ・翼はなぜ進化したのか: 生き物の「動き」と「形」の40億年』★★★★★

 マット・ウィルキンソン著。移動能力で一本筋を通した進化・生物本。これ系では久しぶりの超おすすめ。

『暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン』★

 ティモシー・スナイダー著。まあ流行り物? 『ブラッドランド』の人だけあって言ってることはまとも。

by 木戸孝紀 tags:

2013 1/22

人生後半戦のポートフォリオ「時間貧乏」からの脱出 (文春新書)

 キーワードは「金は時なり」。平日の時間全てを自分の時給ベースで考えるという本。時給は年収を2000で割れば大雑把には出る。

 いわゆる定年離婚というのは、夫婦間の時間不平等とその落差の大きさが遠因であるとか。データに基づくものではなさそうだが、理屈は正しそうだ。夫婦共働きで家事も分担すればその不平等は減らせる。

  • 時間戦略A モノはできるだけ持たない
  • 時間戦略B 「ながら」の勧め
  • 時間戦略C 自分時間のコストを減らす
  • 時間戦略D 他人時間を減らす
  • 時間戦略E 他人時間の中に自分時間を作る

Aモノはできるだけ持たない

 これはできていると思う。無駄な物はなるべく買わないようにし、早めに売るなり人にあげるなりして処分するように意識している。

B「ながら」の勧め

 通勤時に読書や勉強をするなどを心がけてはいる。

C自分時間のコストを減らす・D他人時間を減らす

 一番改善の余地があるのはここかも。ワーク・ライフ・バランスでも書いたけど、まだまだ独身の時のような時間集約的な働き方から抜け出てはいないと思う。これは長期的に考えなければならないだろう。

E他人時間の中に自分時間を作る

 大学・大学院でやったことを全部捨ててでも、好きなコンピュータやプログラミングを仕事にすると決断した時点で、かなりできている気がする。

 もちろん仕事は仕事なので、今の仕事だって楽しい事ばかりと言えば嘘になるが、そのまま他の仕事を選んでいた場合と比較すれば随分「時間を売っている感」は少ないだろう。

by 木戸孝紀 tags:

2012 3/31

(本文とは無関係)

 妻は仕事の関係上かなり早起きである。

 対して、私はフレックスタイムで出社時間をあまり厳しく言われない職場のせいで、今は大変朝が遅い。

 このまま引越して同居を始めれば、最初から家庭内別居的な状態になって、のっけから家庭崩壊必至である。

 なので、引越し前の今から、6:00起床8:00出社を目指して早起き化することにした。

 朝型化だけは、今まで何回かやってできなかったが、それはおそらく需要が切実ではなかったからだ。今度は絶対できる。

おまけ

by 木戸孝紀 tags: