2013 12/12

(本文とは無関係)

2013年、今年の漢字は「輪」清水寺で発表 /京都

 日本漢字能力検定協会(京都市下京区烏丸通松原下ル)による「今年の漢字」が12月12日、清水寺本堂で発表された。同寺の森清範貫主が揮毫(きごう)した。(烏丸経済新聞)

 今年で19回目となる同イベント。全国に設置した応募箱やはがき、インターネットを通じて、11月1日から12月5日まで「今年の世相を表す漢字」を募集した。今年は初めて、中国、台湾、ベトナムなどの海外からの応募も受け付けた。

 2013年の「今年の漢字」には「輪」が選ばれた。2020年の東京五輪招致などが理由に挙げられた。2位以下は「楽」「倍」などの漢字が続いた。

 揮毫された漢字は今年1年の出来事を清め、来年の幸せを願う目的で清水寺「奥の院」に奉納される。12月13日から同31日正午まで清水寺本堂で一般公開する予定。

(2013年、今年の漢字は「輪」清水寺で発表 /京都 (みんなの経済新聞ネットワーク) – Yahoo!ニュース)

 くそう。前回に続き、またオリンピック関連にしてやられるとは。

 参加者減ってるし、改まって告知はしないけど、2014年分の予想をされる方はコメント欄でどうぞ。期限は今年中です。自分は悔しいので意地でも当たるまで続けます。

by 木戸孝紀 tags:

2013 4/9

(本文とは無関係)

 キプロスの預金封鎖のニュースを説明するための思考実験。独自通貨を持つある国の政府が、いま世界に存在するのと同額のお金を発行するとしよう。

 物理的存在としての紙幣に価値はないから、輪転機が回り終わった時点で、2倍の量が存在するようになったこのお金の価値は半分になっていなければならない(100%のインフレ)。

 そして今や全紙幣の半分が政府の手元にあるので、これは事実上、世界中のあらゆるお金の半分を政府が税金として強制徴収したのと同じことである。

 銀行や家庭に兵隊を派遣して、物理的にこれをやろうとすると、とてつもないコストと社会不安を巻き起こすことは必至であり、そうしてもなお、大変不完全かつ非効率にしか目的を達成できないことが確実である。キプロスで起きたことはこちらに近い。

 対して、インフレ税では、偏屈な資産家が山に埋めたまま死んでしまい、いまや人類の誰も知らないお金にまでも、魔法の手を伸ばしてきっちり課税したのと、結果的に同じ効果をもたらす。日本で起きたことはこちらに近い。

 金融緩和というのは大雑把に言えば「お金を大量に刷ります」ということ*1であり、これによって円は安くなり、インフレを通じて国の債務は相対的に軽くなる。

 2012年末からの20%程度の円安は、世界規模で見れば、日本円の預金者がみんな預金封鎖されて20%程度が税金として徴収されたのとそう変わらないはずだ。しかし社会的混乱は、少なくともキプロスのようなそれは、起きていない。

 キプロスも独自通貨でさえあれば、同じことができたはずなのだ。この差がクルーグマンとかがよく言っているユーロ(≒独自通貨を持たないこと)の問題点だ。理論としては前から知っていたはずなのだが、こうして実例で考えるとよくわかる気がする。

*1:ひどく単純化していることは承知の上で言っている。リフレ政策自体には賛成だ。

by 木戸孝紀 tags:

2013 3/23

減らす技術 The Power of LESS

 私はTwitterのフォロー数を108に制限している。一時的に下回ることはあっても良いが、上回ることは禁止している。

 108という数に意味はない。煩悩の数と引っ掛けて記憶しやすいというだけである。100でも150でも大した違いはなくて、常に減らし続けることが大事なのだ。

 RSSリーダーの登録数も同様。こちらは厳密に最大数を決めているわけではないが、更新がないなどの基準で、定期的に刈り込むようにしている。

 ……とか言っていたらGoogle Readerが7月に廃止されるとかいうニュースが。今の人ってRSS使わんのか?

by 木戸孝紀 tags:

2012 12/12

(本文とは無関係)

今年の漢字は「金」 京都・清水寺で発表

 2012年の世相を表す漢字は「金」――。日本漢字能力検定協会は12日、全国から公募した「今年の漢字」を発表した。世界遺産の清水寺(京都市東山区)で森清範(せいはん)貫主(かんす)が縦1.5メートル、横1.3メートルの和紙に墨で書き上げた。

 25万8912通の応募があり、「金」は9156通を獲得。金環日食のほか、ロンドン五輪での日本人選手の活躍や、東京スカイツリーの開業、山中伸弥教授のノーベル賞受賞などで、「多くの金字塔が打ち立てられた」ことが理由に挙げられた。

 「今年の漢字」は阪神大震災が起きた1995年に始まり、過去5年は「絆」「暑」「新」「変」「偽」だった。「金」はシドニー五輪があった2000年にも選ばれていた。

(朝日新聞デジタル:今年の漢字は「金」 京都・清水寺で発表 – 社会)

HN 予想
じゃっきー 『破』
ブリキの 『電』
細草 『合』
木戸孝紀 『核』
KG 『復』

 またしても全員玉砕。かすりもせずか。これは読めなかったなあ。しかも2度目か。オリンピックイヤーはとにかく何も考えずに「金」にしとくのが長期的に無難な選択になってしまいそうだ……。

 それはそれとしてこのまま引き下がるのは悔しいので懲りずにやろう。

 ルールは簡単。2013年12月に発表される今年の漢字を予想して下さい。

  • ここのコメント欄に書いて下さい。
  • 応募有効期間は今から2012年12月31日までです。
  • 同じ字を選んだ場合は早いもん勝ち。先の人だけ有効です。別の字を選んで応募し直すのはありです。
  • 見事的中した人には……何も出ませんが神扱いします。
  • よってたかって予想して全員外れたら……鬼の勝ちです。笑われましょう。

2013/01/01追記

HN 予想
細草 『来』
KG 『交』
木戸孝紀 『上』

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2011 12/12

(本文とは無関係)

 2011年を表す漢字は「絆」。日本漢字能力検定協会(京都市下京区)が12日、全国から公募した「今年の漢字」を発表した。世界遺産・清水寺(同市東山区)で、森清範(せいはん)貫主(かんす)が巨大な和紙に墨で書き上げた。

 東日本大震災や台風被害に揺れた今年1年を反映し、2位は「災」、3位は「震」と続いた。「今年の漢字」は阪神大震災が起きた1995年の「震」に始まり、今年で17回目。(岡田匠)

(asahi.com(朝日新聞社):今年の漢字は「絆」 – 社会)

 こんなん予想できるか! 出来レース許せんやり直しを要求するー!

HN 予想
細草 『反』
ブリキの 『嵐』
木戸孝紀 『信』
oryza 『地』

 というわけで当然のように全員玉砕。しかし、前回のコメント欄まで考え合わせるとけっこう惜しいとも言えるかな。

 oryzaさんの『地』はもちろん震災、ブリキのさんの『嵐』も台風10号で本当にあったし。「なんとなくプラスにもマイナスにも関連付けが容易そう」ということで選んだ私の『信』は「絆」と基本的に同じ方向性だし、コメント欄で触れた大停電も実現。

 予想と予想の当たらなさを楽しむという趣旨は十分に満足されているような。というわけで来年度もやろう。

 ルールは簡単。2012年12月に発表される今年の漢字を予想して下さい。

  • ここのコメント欄に書いて下さい。
  • 応募有効期間は今から2011年12月31日までです。
  • 同じ字を選んだ場合は早いもん勝ち。先の人だけ有効です。別の字を選んで応募し直すのはありです。
  • 見事的中した人には……何も出ませんが神扱いします。
  • よってたかって予想して全員外れたら……鬼の勝ちです。笑われましょう。

2012/01/01追記

 2012版の予想は以下のようになりました。

HN 予想
じゃっきー 『破』
ブリキの 『電』
細草 『合』
木戸孝紀 『核』
KG 『復』

おまけ

 ポポポポーンに始まりPONPONPONに終わるのか。

by 木戸孝紀 tags:

2011 12/10

表現の自由を脅すもの (角川選書)

 なんだかそれっぽい話題が聞こえてきたので、久々にジョナサン・ローチ『表現の自由を脅すもの』から2ヶ所引用。

我々は、批判や吟味、正しい憎悪や脅しを押し止めようと欲するものではない。」ところで何時も困ることといえば、ある人の憎悪に満ちた発言は、別の人の真摯な批判であるということである(「ホロコーストはイスラエルの捏造である」)。そうなると、誰が線を引くべきか。

人を傷つける邪悪な意見が駆逐されれば、社会はもっとよくなるだろう。」多くの人たちは言う。「悪いことを言いかつ信じる人たちを罰し、そして追い払う必要があるということは、恥ずべきことだが、しかしそれは、文明化された人々を文明化されていない人々から、圧迫されている人々を圧迫者気取りの人たちから守るために、我々が支払わなければならない対価である。」別の言葉で言えば、オムレツを作るためには、幾つか卵を割らなければならないというのである。ジョージ・オーウェルが言ったように、答えはイエスであるが、しかし、オムレツは何処にあるのか。
 宗教裁判といえども、コペルニクスの考えを押さえることはできなかった。せいぜいそれがやったことといえば、知識の進歩を遅れさせ、人々を殺したことであった。新たな異端審問も、同じ事しかできない。信念を抑圧しようという試みは、かえってそれらの信念に注意を向けさせ、有名な裁判事件に仕立て上げてしまう。人種差別的、ホモ恐怖的、あるいはその他諸々の意見は許されるべきではないと強調すると、如何なる大学二年生でも、あからさまな人種差別主義者やホモ恐怖論者であるというだけで、確実に新聞のトップ見出しを飾ることになり、それは、多くの二年生にとってはこらえられない誘惑になるであろう。不快な言論は、人々が怒って喧嘩を売ろうとすれば、もっと不快なものになる。憤慨は四方八方でエスカレートする。しかし誰の考えも変わりはしない。

 また引用だけで終わるのもアレなので、自分の昔のツイートをちょっと引き伸ばして追記。

  • はじめから表現の自由を規制より好む人

 はいない。それは

  • 生まれながらに自由貿易を重商主義より正しいと感じる人

 とか、

  • 生まれながらに賢人独裁より普通選挙を正しいと感じる人

 とか、

  • 生まれながらに進化論を信じて創造論を理解できない人

 などと同様に、全くありえない存在だ。これらの制度・理論は、あまりにも本能・直感に反するもので、特殊な教育によらなければ信じさせることはできない。

 これらのうち普通選挙は一番救いがある。たとえ仕組みそのものが正しいとは信じられなくても、集団の中で自分が平等に扱われることを求める人間の本能には、完璧に訴えることができるからだ。

 自由貿易や進化論にもまだ救いがある。本能には逆らっても、実利や証拠の助けが得られるからだ。たとえ大衆の理解や支持が得られなくても――実際に今日でもしばしば得られない――関わる人は真剣に支持するインセンティブを持てる。

 表現の自由は本能の助けも実利の助けも証拠の助けもまったく得ることができない。

 社会的に受け入れられていく過程が、おおむねこの順序になっているのは、たぶん偶然ではないのだろう。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2011 9/23

(本文とは無関係)

 台風15号では、自分自身はタイミングが良くて、一滴の雨にすら降られずに済んだ。

 しかし、家に帰ってみたら今年買ったばかりのすだれがものの見事にへし折れて真っ二つになっていた。

 すだれにしてはそこそこ太い竹でできていたものなのに、台風の威力恐るべし。

 こんなこともあろうかとちゃんと紐で縛りつけておかなかったら、ベランダからどこかへ飛んでいって困ったことになっていたかもしれない。

おまけ

 そろそろ秋ですなあ。

by 木戸孝紀 tags:

2011 6/17

(本文とは無関係)

 中川翔子のふしぎなおどりのパワーで思わず『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』をポチッてしまった。

 まあもちろん、全然稼動していない3DSの救済策を前から探していたという事情もあるが。

 Wii Uもいかにもイケてない感じで最近冴えない任天堂だが、この辺からソフトパワーで持ち直したりするのだろうかね?

 さて、Minecraftも思うようにプレイ出来ていないのに、やる暇あるかなあ……。

おまけ

 3Dつながり。

by 木戸孝紀 tags: