時事

科学技術哲学

フリーマン・ダイソン『宇宙をかき乱すべきか〈下〉』

 上巻に続いて下巻から、クリーンエネルギー関連の話題。  短絡的な善悪二分法は害悪であり、短いスパンの現実と長いスパンの理想は両立しうるし、させねばならない。  今日の状況の参考にすべき部分は多いと思われる。 21 銀河系の緑化  なぜわれわれは、グレーは悪でグリーンは善だと単純に言うべきではないのか? グリーンな技術を奉じグレーなあらゆるものを...
科学技術哲学

フリーマン・ダイソン『宇宙をかき乱すべきか〈上〉』

 星新一とフリーマン・ダイソンは、いつ読み返しても何かしら新しい発見がある。  停電ネタで星新一を続けてやったので、今度はダイソンの自伝『宇宙をかき乱すべきか』の上下巻からそれぞれ一箇所ずつ抜粋する。まず上巻から原発についての話題を。  要約すると、巨大さそのものがひとつの失敗だという意見だ。『多様化世界』の中の「迅速を尊ぶ」の章にも近い意見がある。 ...
政治経済社会

エイプリルフールだけは大いに自粛すべし

 自粛自粛と過剰に騒ぐのは、経済的にも精神衛生上もよくないので禁物だが、エイプリルフールだけは自粛してもいいのではないかと思っている。  ただでさえデマが溢れかえっていて、嘘ネタに由来するトラブルも頻発している今、これ以上デマやウソを増やしてどうするんだ。  自分は今までもエイプリルフールネタなど特にやってはいなかったが、この機会に大いに自粛しよう。できればこの...
星新一の夢世界

星新一『冬の蝶』

 停電と星新一でまず思い出したのは『感謝の日々』なのだが、他にもう2編だけ思い出せるものがある。  一つはこれ、  便利な文明生活を営んでいる夫婦が、謎の原因で停電した途端、何もできずにあっさり凍死してしまう。ペットの猿だけが平気で生き延びている。  というだけで、特に名作とは思わないのだが「電気が絶たれた時の文明生活の脆弱性」というテーマは、...
星新一の夢世界

星新一『感謝の日々』

 完全自動操縦の自動車、壁一面のテレビ電話、脳波を読み取って勝手に食べたい料理を作ってくれる自動調理器、なんでも揃っている便利な世界。  三ヶ月に一度の「休電日」には全ての電気が止まり、皆電気のありがたさに感謝する。半年に一度の「無保険の日」にはあらゆる保険が効かなくなり、皆保険制度のありがたさに感謝する。  そして、年に一度の「法律感謝の日」には刑法も停止...
日常の一コマ

東北関東大震災

 まったくえらいことになってもうた。Twitterのブログパーツ貼ってあるから大丈夫だと思うが、死亡説囁かれないようにひとつは更新しよう。  生まれて初めて身の危険を感じるほどの揺れを体験したものの、個人的には直接的被害は特に受けずに済んだ。  会社にはサーバがたくさんあったがひとつも壊れなかったし、家でも本が散らばったりモニタ倒れたりしたが、食器の一つも割れた...
政治経済社会

カダフィ人生オワタw 公安相も反体制デモ支持

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラは22日、リビアのオベイディ公安書記(公安相)が反体制デモへの支持を理由に辞意を表明し、軍にデモ参加を呼び掛けたと報じた。41年以上にわたる最高指導者カダフィ大佐(68)の独裁体制の亀裂が一層深刻化した。  追い詰められたカダフィ大佐は22日夕、テレビ演説で「私はリビアを去らない。殉教者としてこの地で死ぬ」と述べた上で、23日に行う体...
告知募集報告

来年のことを言うと鬼が笑うコンテスト略して鬼コン2010結果発表! ついでに2011版募集!

今年の漢字は「暑」 京都・清水寺で発表  平成22年の世相を表す漢字一字は「暑」?。日本漢字能力検定協会(京都市下京区)が公募で選ぶ「今年の漢字」が決まり、同市東山区の清水寺で10日、同寺の森清範(せいはん)貫主が特大の和紙に文字を揮毫(きごう)した。  今回で16回目。過去の漢字は、21年「新」▽20年「変」▽19年「偽」▽18年「命」▽17年「愛」▽16年...
タイトルとURLをコピーしました