2018 2/1

『ビジュアル 数学全史――人類誕生前から多次元宇宙まで』★

 クリフォード・ピックオーバー著。「ビジュアル」に関してはもちろんおまけ程度だけど、数学ネタ集としては十分いい。

『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』★★

 エリック・バーカー著。原題”BARKING UP THE WRONG TREE The Surprising Science Behind Why Everything You Know About Success Is (Mostly) Wrong”。邦題は変。エビデンス重視を標榜するものの、単なる自己啓発書まとめにしか見えない。内容がおかしいとは思わないが。

『脳の意識機械の意識』★

 渡辺正峰著。学説史や実験の詳細は面白かったけど。「意識を生みうる最小限の神経系」を特定しようというアプローチは、無意味とは言わないが、なんか違う気がする。そんなの瞬間ごとに違うに決まってるじゃん、と思ってしまうのだが。

『セレンゲティ・ルール――生命はいかに調節されるか』★★

 ショーン・B. キャロル著。まあまあ面白い。内容はshorebird先生にお任せ。

『人類はなぜ肉食をやめられないのか: 250万年の愛と妄想のはてに』★★

 マルタ・ザラスカ著。タイトル通り、菜食主義が正しいという確固たる立場だが、面白いことに最低限の理性はちゃんと保っているように見える。自分は、もはや極限のバイアスをかけても「環境にいいですよ」(せやな)ぐらいしか言えることはないのか、と逆説的に読んだ。

『ZERO BUGS シリコンバレープログラマの教え』★

 ケイト・トンプソン著。プログラマとしてはちゃんと役に立つ話もあるが、ちょっと凝り過ぎというか衒学的というか、肌に合わない感覚も。また、内容以外の部分、装丁・デザイン・翻訳もろもろがいまいち。

『モンテ・クリスト伯爵』★★★

 森山絵凪著。アレクサンドル・デュマ原作。は? いわゆる『巌窟王』のこと? マンガで全一巻? なんかのギャグ? ……いや待て普通にちゃんと全部入ってる(少なくともそう思わせる)しちゃんと面白いじゃねえか! なんだこれ!?

『米中戦争前夜――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ』★

 グレアム・アリソン著。とても重要な話題ではあるけど、過去についてはアネクドータルだし、未来については中学生でも言えそうなことしか言ってないし、微妙。自分には(米国視点で)やや悲観的すぎるように思える。

『娘が可愛すぎるんじゃ〜!』★★

 きくまき著。本当に同じぐらいの子供がいて、リアルタイムで苦労している人が読むより、イヤイヤ期ぐらいは終わったぐらいの人が振り返って読むといいかも。

by 木戸孝紀 tags:

2016 12/1

『やりとげる力』★★★★

 スティーヴン・プレスフィールド著。なんか独特の勢いのある自己啓発書。ちょっとアブない感じすらする。

『よぶこどり』★

 浜田広介著、いもとようこイラスト。『宇宙家族カールビンソン』の元ネタと聞いて。

『進化は万能である: 人類・テクノロジー・宇宙の未来』★★★★

 マット・リドレー著。内容はかなりいいのになんたるクソ邦題。原題”The Evolution of Everything”なんだから『万物の進化』でいいだろ。様々なトピックにおいてトップダウンアプローチとボトムアップアプローチを対比し、後者を称揚する本。人口問題に関する11章は白眉。

『数学的な宇宙 究極の実在の姿を求めて』★★★★

 マックス・テグマーク著。数学的宇宙仮説の人。インフレーション宇宙論の概説や、著者が関わってた宇宙背景放射の研究史はとても良かったけど、そこから先はSF者なら考えたことあるようなことばかり。まあこっちがオリジナルなのかも知れんが。でも総合的には十分おすすめ。

『信長』★

 池上遼一著、工藤かずや著。Kindle Unlimited対象で読み放題だったので。池上遼一で信長って……。なんかシュール。コピー大杉。

『オークション・ハウス』★

 叶精作著、小池一夫著。これもKindle読み放題だったので。強引な美術ネタに意味不明なエロが加わってとんでもねえカオスと化していく。○○○ーが生きてるのはよくあるけど、なおかつ拳法で襲ってくるのは初めてだ。小池一夫氏のTwitter人気が、ちょっと腑に落ちた気がする。

『数学者たちの楽園: 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち』★

 サイモン・シン著。『ザ・シンプソンズ』にそんな要素があるとはちっとも知らなかったぞ。内容は面白い。シンプソンズを観たことないので元ネタがわからず、十分楽しめないのが少し残念。

『この世界の片隅に』★★★★

 こうの史代著。著者の作品自体初めてだが、確かにすごいと思う。映画未見だが、観に行きたい。

by 木戸孝紀 tags:

2016 9/1

『東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 弐』★

 ZUN他著。東方雑誌2番目。まだ「お布施と思って」レベルか。

『ストーナー』★★★★★

 ジョン・ウィリアムズ著。確かに地味な小説のはずなのに、なんとも面白い。自分も所帯持ちとなったからか、うまくいってない家庭の描写とか、なんか鬼気迫る感じ。

『濃縮メロンコリニスタ』★

 ニャロメロン著。独特のギャグセンス。Kindle Unlimitedでも読める。

『星界の紋章』★★★

 森岡浩之著。名前だけ知ってた古典。1-3巻まで読む。別タイトルで続きがあるようだが、とりあえずここまでで一区切りらしい。いろいろ尖ってて古典になるだけのことはあると感じる。

『女帝』★★★★★

 倉科遼著、和気一作画。名前だけ聞いたことあったので、Kindleの90%OFFセールで期待せずに買った。一言で表せば「R-18の朝ドラ」。中だるみするところもないではないが、非常に面白かった。

『キレる私をやめたい~夫をグーで殴る妻をやめるまで~』★★★

 田房永子著。『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』からの連想。結構面白い。他のも読んでみようか。

『幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII』★★

 岸見一郎著、古賀史健著。前著が面白かったので。やはり自分には「自己欺瞞という非常に重要なテーマに関する、一昔前の惜しい解釈」と映る。自己啓発として有効かどうかは別問題として。

『国民クイズ』★★★★

 杉元伶一著、加藤伸吉著。大学生の頃読んだ覚えがある。Kindle Unlimitedで読み直した。もう時代も違うし難点は多いけど、一度は読んで損なしと思う。

by 木戸孝紀 tags:

2015 2/13

『リスクを取らないリスク』★★★

 堀古英司著。ありがちな自己啓発本のような、いまいちそそらないタイトルだが、まともな経済・金融本。おすすめ。

『カエルを食べてしまえ!』★

 ブライアン・トレーシー著。こちらこそありがちな自己啓発本だけど、的を絞っていてよい。

『ねずみに支配された島』★

 ウィリアム・ソウルゼンバーグ著。『捕食者なき世界』と同著者。やはり思想的にはいけ好かないが、興味深いのは否定できない。

『女子中学生の小さな大発見』★

 清邦彦著。子供の発想をひたすら並べた感じ。なんか頭の体操になっていい。

『百足の足をかぞえてみました―女子中学生の小さな大発見2』★

 清邦彦著。同上。

『ボーパール午前零時五分』★

 ドミニク・ラピエール著、ハビエル・モロ著。失敗学で聞いたことのあるボパール化学工場事故の話。改めてすさまじさにびっくり。

『ミクロ経済学の力』★★★

 神取道宏著。Twitterで話題になっていたので。いいと思う。

by 木戸孝紀 tags:

2008 1/6

頭のいい段取りの技術

 弾さんがえらくお薦めしてたように見えたので買ったけど……アレ? よく見たらちゃんと

今年最も速く読了した本。何と一分を切っていた。

 って書いてあるじゃん! ちゃんとエントリ読まない自分が悪いんだけどさ。この本自体も内容的には悪い本じゃないんだがamazonプライムで買いやすいからって安易にポチってしまう傾向は直さねば。

おまけ

 “段”しか共通点がないゾ。

by 木戸孝紀 tags:

2007 1/26

自分の小さな「箱」から脱出する方法

 知りもしないのにいつの間にかアマゾンアソシエイトの売り上げの中に入っていたこの本。この手の自己啓発本はまったく読まないのだが買ってみた。

 ちょっとは期待したのだがやっぱりあまり面白くなかった。「悪いことは自分のせい、良いことは人のおかげ」という要点をいろんなたとえ話で繰り返しているだけ。

 元はアメリカで売れた本らしいが、まあ欧米では斬新に感じるのはわからなくはない。しかし日本ではそんなの啓発されるようなテクニックではなくて、単なる心がけとして小さいときから誰からともなく教えられてるものだろう。

 やはり西洋と東洋(という区分が正しいかどうかはさておき)の文化的バックグラウンドの違いというものは圧倒的でこっちではなんでもないものが向こうではものすごく見えたり、こっちではものすごいものがあっちでは何でもなかったりということがあるものらしい。

 前に類似の経験をしたのは『かもめのジョナサン』を読んだとき。なんだかものすごいことを書いてある感想を沢山見たのでどんなすごい本なんだと思って読んだら、なんだ『かもめ仙人』の一言で済む話じゃねーかという感想しか持つことが出来なかった。

 ともあれ、今回はどうせ同じような内容なら、しっかりした仏教の思想に基づく下の「非まじめ」のすすめシリーズをおすすめするね。

おまけ

 箱と言えばこの男。

by 木戸孝紀 tags: