2014 10/25

『脳科学は人格を変えられるか?』★★★★

 エレーヌ・フォックス著。タイトルが内容と一致してない。いわゆるポジティブ脳とネガティブ脳の話。なかなか興味深いしライフハックとしても役に立ちそう。

『人類5万年 文明の興亡: なせ西洋が世界を支配しているのか』★

 イアン・モリス著。それほどすごいと思わなかったが、定量志向が珍しかったので。「西洋オワコンって結論にしとくから、途中で多少偏見みたいなこと言っても許せよな」みたいなサブテクストがあるような気がするのは意地悪過ぎかね?

『ヤモリの指から不思議なテープ』★★★★

 松田素子著、江口絵理著、石田秀輝監修、他。内容的には『ヤモリの指』に近いが、イラストたくさんでかなりいい。子供に読ませたい。

『パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門: 怒り、イライラのコントロールで、職場は変わる! 成果が上がる!』★

 小林浩志著。このテーマでまとまったものは読んだことなかったので。

『テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?』★★

 ケヴィン・ケリー著。うーん、全体として悪くはないけど、この人やっぱり自然信仰から文明信仰に転向しただけで本質はヒッピーっぽいんだよねえ。

『スタイルズ荘の怪事件』★

 アガサ・クリスティー著。なんかテレビでポワロやってたので。

『インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針』★

 Susan Weinschenk著。なんとなく『Mind Hacks』を彷彿とさせた。『Mind Hacks』の完成度には遠く及ばないが。

『振り込め犯罪結社 200億円詐欺市場に生きる人々』★★★★★

 鈴木大介著。やばいなんかめちゃめちゃ面白い。近いうちに『闇金ウシジマくん』で振り込め詐欺君編でも始まりそうな気がする。

by 木戸孝紀 tags:

2006 12/19

詐欺とペテンの大百科

 「ネズミ講」の意味がわからない大学生がいるという話を聞いて是非オススメしておかなければと思ったのはこの本です。

 滅多にない耐え難いほど面白い本でもう何回読んだかわかりません。まずどんな本であるかがうまくまとまっている訳者あとがきから引用します。

 近年の急速な社会のハイテク化に、情報化に伴い、次々と新手の詐欺や商法が登場しており、それらを紹介した「騙されないための」ハウツー本も出回っているようだ。しかし、本書の著者によれば、一見新しそうなそれらの手口の大半は、昔からある古典的なものの焼き直しに過ぎないという。つまり、騙されたくなかったら、「人はなぜ騙されるのか?」という原点に立ち返って、考えてみるべきなのだ。

 一口に騙すといっても、見栄やいたずら心でつくちょっとした嘘から、一般人には想像もつかないほどの大金が絡む詐欺まで、その動機も内容も千差万別である。だが多くの場合、騙される側が自分にとって都合のいい話を信じたがるということがその根底にある。何も金銭欲や名誉欲に駆られたものだけが騙されるのではない。人は誰しも、愛されたいとか、美しくなりたい、健康でいたい、おいしいものが食べたい、珍しいものを見たいなどというごくまっとうな願望を持っているものだが、そんなささやかな気持ちにつけ込まれることもあるのだという例が、本書の中にもいくつもあげられている。

 著者は、本書の項目をジャンル別に分けることをあえてせず、悪ふざけ、ホラ、作り話、でっち上げ、かたり、贋作、偽造品、などなどなんでもござれのペテンの玉手箱を作り上げた。訳しながら驚いたり、呆れたり、憤慨したり、時にはちょっぴり羨ましいと思ったり、そして時には思わず声を上げて笑ってしまったこともあった。読者にも同じように楽しんでいただけたらと思う。

 具体例としていくつか面白いエピソードを紹介しましょう。

編み機商法
会社から与えられる仕事ですぐに取り返せるといって法外な値段で編み機を売る。最初は割のいい仕事が与えられるがその金は自分の払ったローンから出ている。ローンが終わる頃には仕事はさっぱり紹介されなくなる。今もパソコンなどで行われる在宅労働詐欺の古典。
大未知の世界
興業師P・T・バーナムは『大未知の世界』と称して「この素晴らしい秘密をあとから来る客にばらさないでください」とお願いだけであとはからっぽの貨車を展示した。客は担がれる側から担ぐ側に回ったことに概ね満足した。たまに正直に答える人がいても誰も信じなかった。
ゴキブリ駆除器
『100%確実に効果のあるゴキブリ駆除器』を通販で申し込むと木片Aと木片Bが送られてくる。説明書には「木片Aの上にゴキブリを置き木片Bを手に持ってAの上に打ち下ろします」
目玉の賭
自分の目玉を噛んでみせるという賭を提案する老人。義眼を出して噛んで戻す。客は負ける。もう一方も噛んでみせるという。もう一方も義眼だと全盲ということになるからそれはありえないので客が受けると入れ歯を外してもう一方の眼にあてる。客はまた負ける。

 最後に五十音のそれぞれから項目名を1つずつ適当に拾ってみます。好奇心のあまり涎が出そうになるんじゃないでしょうか?

 下のどれ1つとっても人間の希望と欲望、喜劇と悲劇がいっぱいに詰まっているわけですよ。これでもまだまだ全体のほんの一部に過ぎないのですよ。

 高価なのが唯一の欠点ですが、図書館に行くという手もありますし、将来詐欺に引っかかる可能性を減らせる効果を考えれば安いものでしょう。是非一家に一冊備えておいて欲しい本です。

  • アタフアルパの像
  • 言いなりになる間欠泉
  • ヴォルテールの有名な引用句
  • エックス線防御下着のインチキ
  • 大急ぎの盗品売り
  • カーディフの巨人
  • 金の延べ棒詐欺
  • クイズショーのインチキ
  • 血統書つき犬詐欺
  • コンスタンティヌス大帝の寄進状
  • 最後のキリン
  • 自動チェスゲーム人形
  • スリーカードモンテ
  • 赤軍将校部隊に対する謀略
  • 相続人探し詐欺
  • 卵の性別判別器
  • チャリティー詐欺
  • 美人局
  • 堤防の孔を指で塞いだ少年
  • ドイツ統一詐欺
  • 鉛の頭の鳥
  • 偽札の通信販売
  • 沼地詐欺師
  • 猫とネズミの牧場
  • 農民銃殺者
  • ハエ取り紙報告書
  • ヒットラーの馬鹿踊り
  • 風船割り屋
  • ベリンガーの石
  • 箒立て
  • マンハッタン島切断計画
  • ミラー、ウィリアム・F・「五百二十パーセント」
  • 鞭打ち症
  • メネレクII世の電気椅子に対する免疫
  • 盲人の晩餐
  • 山羊の生殖腺による回春
  • 郵送による臨床検査
  • ヨナとクジラの作り話
  • ラウダンの尼僧
  • 李鴻章回想録
  • ルジタニア号のメダル
  • 錬金術詐欺
  • ロザリオゲーム
  • ワシントンとサクラの木

参考リンク

by 木戸孝紀 tags: