2018 10/7

『知ってるつもり――無知の科学』★★★

 スティーブン・スローマン著、フィリップ・ファーンバック著。いまではそんなに珍しくない話題ではあるが、意外によかった。

『知の果てへの旅』★

 マーカス・デュ・ソートイ著。個々の話題はちょっと薄い気もするけど、よい。

『進歩: 人類の未来が明るい10の理由』★★★

 ヨハン・ノルベリ著。まあこれもいまではそんなに珍しくなくなってきた話題ではあるが、よい。

『広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由』★

 スティーヴン・ウェッブ著。50の理由のアップデート版。正直そこまで変わってない。前のを読んでればパスでもいいかも。

『遺品整理屋は見た!』★

 吉田太一著。孤独死関係のエッセイ集というか。ちょっと興味深い。

『馬・車輪・言語』★

 デイヴィッド・W. アンソニー著。かなり専門的。思いっきり『銃・病原菌・鉄』の装丁をなぞってる気がするけど、同じ調子で読もうとするときついかも。

『人が人を殺すとき―進化でその謎をとく』★★★★★

 マーティン・デイリー著、マーゴ・ウィルソン著。殺人に関する進化心理学の古典。古典らしくいま読むと流石に古い話題とも感じるが、古いからといって間違っているわけではない。あまり馴染みがなければ今からでもおすすめ。

『amazon 世界最先端の戦略がわかる』★★★★

 成毛眞著。IT業界人なら知っていることも多いだろうが、とても面白い。

by 木戸孝紀 tags:

2018 1/14

 発表後即申し込んで、しばらく待たされたが、やっと招待が来て購入。

 音楽・ニュース・天気予報はほぼ毎日使っている。一番すごいのは家族も初日からいきなりちゃんと使えているということ。未来感ある。

by 木戸孝紀 tags:

2015 11/23

 プライムビデオに続いて、またとんでもないのが始まったな。ますますアマゾンにロックインされてしまいそう。

 自分で上げたmp3はGoogle Play Musicを使い、こちらと住み分けることにしようか。

by 木戸孝紀 tags:

2015 11/8

 Fire TV関連を調べていて、これに初めて気がついた。前から自分はプライム会員だったのに利用していなかった。家族アカウントでの注文の際に多少早く届くかも、程度の利点しかなさそうだが、せっかくだから利用しよう。

by 木戸孝紀 tags:

2015 11/2

Amazon Fire TV

 Amazonプライム会員なので、発表時に迷わず予約した。

 プライム会員用の無料コンテンツだけでも結構楽しめそう。設定も簡単、音声認識も優秀。

 ハード面であえてひとつだけ言うと、ACアダプタの根っこがでかいので、延長ケーブルがほしくなる。

by 木戸孝紀 tags:

2014 3/22

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

 ジェフ・ベゾスおよびAmazon.comの伝記。すごく面白い。

 内容そのものは本を読んでもらうとして、ひとつ本の内容とは直接関係のない大予言ごっこをしたいと思う。話半分に聞いてほしい。

 ベゾスは近いうちに不老不死の研究を始める。関連技術の支援に資金援助(資本参加?)するのはもちろん、一番のネックは技術ではないということにも気づいて、思想的キャンペーンも同時に行うだろう。

 その際に組む対象はブライト運動、いわゆる新無神論しかない。おそらく初めて本気で新無神論を支援する超大金持ちとなるはず。

 ジョン・テンプルトンが伝統宗教を支援してテンプルトン賞を作ったように、新無神論を支援する、ベゾス賞あるいはドーキンス賞といったものを設立するかもしれない。

by 木戸孝紀 tags:

2013 11/3

クラウド大全 第2版 サービス詳細から基盤技術まで

 数年前から、大きなデータはRaid1の外付けHDDに保存するようにしているが、過去の本や雑誌のスキャンのような、失くすと二度と取り戻せないデータは、これでもまだ不安だ。

 予備のHDDを他の場所に保管するということも考えられるが、どうも面倒くさいしスマートではない。クラウドとか言われて久しいのだから、もっといい技術ができているはずだ。

 結局AWS(Amazon Web Services/アマゾンウェブサービス)を使って解決することにした。

参考リンク

おまけ

 ジェーン・マゴニガル 「ゲームで10年長生きしましょう」

by 木戸孝紀 tags:

2013 4/30

KOWA 興和 【LUPINUS】 「多重影ができにくい」 大型面発光LEDアームライト 「日本製」 ホワイト EK261-WH2

 小学校入学の時に買ってもらった学習デスクがあまりにも立派で使い勝手がいいので、いまだに現役なのだが、今回ついに付属のデスクスタンドがヘタってしまった。

 蛍光灯とグローランプを両方交換してもチカチカが収まらなくなってしまったのだ。このままでは眼に悪いので仕方がない。根本のところにコンセントが付属しているのが便利で惜しかったのだが、ついにお役御免となった。

 代わりに買ったのがこれ。条件は、LEDであることと、デスクに取り付けられるクランプ式であること。少々高い気はするが、デザイン・機能ともに申し分ない。コンセントについては、よく考えたら本来ついているべきではないと思われるので、あきらめて別に用意した。

 ちなみに、出先でたまたま寄ったビックロで実物を見ていいと思ったのだが、その場で値段を調べたらAmazonの方が安かった上、持って帰るのが難しい状況だったので、結局帰ってからAmazonでポチってしまった。17998円也。

 典型的なショールーミングというやつで、心理的には何かが間違っているような気もするのだが、安くて便利である以上、消費者としてはどうしようもないかなあ。

参考リンク

by 木戸孝紀 tags: