2007 8/9

(ファミ通より)

 あわわ、久しぶりに出来や評判に関わらず買ってしまいそうなソフトが。『熱血高校ドッジボール部』はくにおくんシリーズの方向性を決定付けた超傑作で、ある程度の年齢の人には対戦経験者が多いはずだ。

 ただリメイクは残念ながらあまり面白くはならなさそうだという予想をせざるをえない。もちろん外れてくれることを願うが。

 あのゲームの爽快感はシュートもキャッチも、全てがタイミングを当てればぶっ飛び外せばスカというシンプルな目押しゲームで構成されている単純明快さにあり、誰がどう頑張ってもリメイクで面白く(かつ複雑に)作り直せるものではないと思うのだ。

おまけ

 ファミコン版プレイ動画。知らない人にも面白さの一端は伝わると思う。

by 木戸孝紀 tags:


コメントする

この記事へのトラックバック

 http://tkido.com/blog/466.html/trackback