2017 2/24

『ホワット・イズ・ディス?:むずかしいことをシンプルに言ってみた』★

 ランドール・ マンロー著。非常に簡単な単語だけで難しいことを説明する。この人らしい皮肉も効いてる。あと、とてもでかい(物理的に)。

『ベルサイユのばら』★★★

 池田理代子著。妻経由。実は初めてちゃんと読んだ。歴史に残るだけのことはある。

『分断されるアメリカ』★★★

 サミュエル・ハンチントン著。竹中正治氏のfacebookで見て読んだ。確かに、トランプ後に読むと示唆的に思えてくる。

『米中もし戦わば 戦争の地政学』★★★

 ピーター・ナヴァロ著。原題”CROUCHING TIGER”((飛びかかろうと)かがむ虎)これも竹中正治氏のfacebook見て読んだ。邦題は的外れではないが、やや煽り気味。

『逃げるは恥だが役に立つ』★★★

 海野つなみ著。ドラマ未見。意外に面白い。

『ダンジョン飯 4巻』★★★★

 九井諒子著。やっぱり面白い。

『シュガシュガルーン』★

 安野モヨコ著。妻経由。安野モヨコって大人向け専門かと思ってた。

『天と地の守り人 第1部 ロタ王国編』★★★★

 上橋菜穂子著。最終章第1部? 「帝」がわかりやすい悪役すぎるのがちょっとひっかかるが、変わらぬ面白さ。

by 木戸孝紀 tags:

2017 2/24

 何かと話題の東芝さん。

 前のこれの乾燥機能が完全にぶっ壊れたので交換。色以外の目立った違いは、電源ON/OFF以外のボタンがタッチパネル式になったことぐらい。

 一般家庭平均よりもハードに使ってそうであるとはいえ、前のが5年に満たずで壊れたので、今回は5年延長保証にも入っておいた。

 前回「送料設置台込で105000」だったのに対し、今回は延長保証約8000円を別にしても、約18万円もした。なぜか知らんが、前回は家電が安い時期だったそうな。

 前回・今回ともにカカクコムでちゃんと調べたから嘘ではないのだと思うが、なぜだろう。

by 木戸孝紀 tags:

2017 1/3

 ずいぶん久しぶり。すでに内容忘れてしまったものも。AmazonプライムビデオでBGM的に流し見したのも、ちゃんと映画館に観に行ったものも、全部ごちゃまぜ。

『クヒオ大佐』 2/10

 堺雅人。

『明日の記憶』 8/10

 若年性アルツハイマー。こわい。

『そして父になる』 4/10

 地味。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 5/10

 まるでリメイクのような続編。商業的にはよかったのかもしれんけど、なんだかなあ。

『127時間』 2/10

 ほぼ実話だというのがすごいけど映画としては……。痛い(スラングではなくそのままの意味で)描写あり注意。

『96時間』 4/10

 『24』の二番煎じみたいな感じ? まあそれにしてはマシな方か。

『アンノウン』 4/10

 B級もいいとこだが、意外におもろい。

『デビル』 3/10

 シャマラン作品であえて最初からネタバレしたらこうなりました、みたいな感じ。

『エスター』 6/10

 サスペンスホラー。結構よくできてる。

『ゴーストライター』 3/10

 雰囲気だけなんかで間抜け。惜しい。

『君の名は。』 10/10

 流行り物。個人的な好みからは外れるけど十分面白いやんけ。

『この世界の片隅に』 10/10

 これも個人的な好みからは外れるけど、驚異的な完成度。原作から削られたエピソードも含めた完全版が観たくなるな。

『ラブライブ!The School Idol Movie』 6/10

 アニメの方ちゃんと観てないから完全に評価できないけど、いいんじゃないか。ストーリーはなんか微妙だった気もするが。

by 木戸孝紀 tags:

2017 1/2

『げんしけん』★★★

 木尾士目著。連載当時のアフタヌーンを読んでいたはずだが、あまり興味がなかった。完結を機に改めて全巻読んでみたら、結構おもしろかった。

『白と黒のとびら: オートマトンと形式言語をめぐる冒険』★

 川添愛著。確かに奇書レベルの尖った本。人を選ぶだろうが数学好きなら一見の価値はあるかと。

『赤の女王 性とヒトの進化』★★★★★

 マット・リドレー著。なぜか今まで紹介してなかった。名著と言えよう。

『インフレーション宇宙論―ビッグバンの前に何が起こったのか』★★★

 佐藤勝彦著。『数学的な宇宙』の不完全燃焼感からいくつか見て回ったものの中のひとつ。初心者(?)向けとしておすすめ。

『よくわかる人工知能 最先端の人だけが知っているディープラーニングのひみつ』★★★

 清水亮著。インタビュー集。玉石混交だが結構面白い。

『科学の発見』★

 スティーヴン・ワインバーグ著。内容はshorebird先生にお任せ。

『生命、エネルギー、進化』★★★★★

 ニック・レーン著。前著からのアップデート。超面白い。全体にどの話題も面白いが、特に生命の起源に関しては、もうアルカリ熱水噴出孔で決着と言ってもいいのではないか。

『数学で生命の謎を解く』★

 イアン・スチュアート著。ちょっと幅が広くなりすぎて薄くなってしまった印象だけど悪くはない。

by 木戸孝紀 tags:

2016 12/31

 相変わらずほとんど見れてない。ここに入れていても、見てないものの方が多い。今回で終わりにしようかなこれ。

»続きを読む

by 木戸孝紀

2016 12/16

 おお見事な圧縮・難読化*1……というのは冗談として、社名が変わりました。流行りの機械学習スタートアップも買収したそうです。よろしくお願い致します。

 久しぶりに会社関係のエントリ書いて気がつきましたが、このカテゴリ、社名が変わりましたとかロゴが変わりましたとかばっかりですね。

*1:ちなみに読みは「ジーヴォ」

by 木戸孝紀 tags:

2016 12/1

『やりとげる力』★★★★

 スティーヴン・プレスフィールド著。なんか独特の勢いのある自己啓発書。ちょっとアブない感じすらする。

『よぶこどり』★

 浜田広介著、いもとようこイラスト。『宇宙家族カールビンソン』の元ネタと聞いて。

『進化は万能である: 人類・テクノロジー・宇宙の未来』★★★★

 マット・リドレー著。内容はかなりいいのになんたるクソ邦題。原題”The Evolution of Everything”なんだから『万物の進化』でいいだろ。様々なトピックにおいてトップダウンアプローチとボトムアップアプローチを対比し、後者を称揚する本。人口問題に関する11章は白眉。

『数学的な宇宙 究極の実在の姿を求めて』★★★★

 マックス・テグマーク著。数学的宇宙仮説の人。インフレーション宇宙論の概説や、著者が関わってた宇宙背景放射の研究史はとても良かったけど、そこから先はSF者なら考えたことあるようなことばかり。まあこっちがオリジナルなのかも知れんが。でも総合的には十分おすすめ。

『信長』★

 池上遼一著、工藤かずや著。Kindle Unlimited対象で読み放題だったので。池上遼一で信長って……。なんかシュール。コピー大杉。

『オークション・ハウス』★

 叶精作著、小池一夫著。これもKindle読み放題だったので。強引な美術ネタに意味不明なエロが加わってとんでもねえカオスと化していく。○○○ーが生きてるのはよくあるけど、なおかつ拳法で襲ってくるのは初めてだ。小池一夫氏のTwitter人気が、ちょっと腑に落ちた気がする。

『数学者たちの楽園: 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち』★

 サイモン・シン著。『ザ・シンプソンズ』にそんな要素があるとはちっとも知らなかったぞ。内容は面白い。シンプソンズを観たことないので元ネタがわからず、十分楽しめないのが少し残念。

『この世界の片隅に』★★★★

 こうの史代著。著者の作品自体初めてだが、確かにすごいと思う。映画未見だが、観に行きたい。

by 木戸孝紀 tags:

2016 11/23

 というエントリを以前書いたが、最近もうひとつ別の要素も大きく関わっているのではないかと思うようになった。

 これはニセ科学に騙されているとか不安商法に踊らされているというよりも――その要素は実際あると思うが――ある種の呪術であり、自ら信じたいのではないかと。

 そのベースになる考え方はすでに一度書いている。

 子供の知的発育は非常に重大なことである。にも関わらず、現実的で有効な対処法は存在しない。存在しても、それをそうと確信することはできない。まじないが流行る絶好の問題だ。

 流行するまじないは、実行可能であり、適度なもっともらしさと困難さを備えていなければならない。

 実行は可能だ。大抵の家庭にはテレビがあり、当然ついていることもよくある。実行可能でも負担が大きすぎて生活に支障が出るようではだめだが、そんなことはない。テレビを消しても死なないし、真剣に困ることもまずない。

 逆にあまり簡単すぎるのも、ありがたみが無くなるので駄目だ。これもクリアする。テレビを見たがる子供をなだめたり、自分で相手をしたりするのも、「ちょっと頑張ったな」と思えるほどの負担ではある。

 ……完璧に当てはまっているように思える。

 子供の知能という重大な事柄が、遺伝のようなもう変えられない要因や、まだ誰も解明していない偶然の要因に左右されているというのは不安だ。だからそれを制御しうると、確実にプラスになることをしていると信じて安心したいのだ。たとえ根拠薄弱だと知っていても。

by 木戸孝紀 tags: