2017 9/17

『シブサワ・コウ 0から1を創造する力』★★

 シブサワ・コウ著。電ファミの記事がムチャクチャ面白かったので。やっぱり一代で大企業を築くような人は普通ではないな。

『すごい進化 – 「一見すると不合理」の謎を解く』★★

 鈴木紀之著。内容はshorebird先生にお任せ。

『ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた』★

 パット・シップマン著。イヌの家畜化の影響が大きかったのではないかという仮説。

『きずなと思いやりが日本をダメにする 最新進化学が解き明かす「心と社会」』★★★★

 長谷川眞理子著、山岸俊男著。対談形式。進化心理学とか慣れてる身には初歩的だが、賛成できる内容。詳しくはやはりshorebird先生にお任せ。

『錯覚の科学』★★★★

 原題”The Invisible Gorrilla and other ways intuitions deceive us”(『見えざるゴリラ――その他直感が我々を欺く方法』)有名なゴリラバスケ動画の実験他「不注意による見落とし」の本。内容はいいのに地味すぎる邦題がもったいなすぎる。自分が見落とされるブラックジョークか?

『天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編』★★★★★

 上橋菜穂子著。ついにラスト。若干駆け足気味ではあったが、最後まで面白かった。唯一気にくわなかった「帝」関連も一応無理のない(?)結末ついたし。著者の他シリーズも読んでみよう。

『この世界の片隅に公式ガイドブック』★

 「この世界の片隅に」製作委員会著。長尺版作成決定とか聞いた。

『哲学入門』★★★

 戸田山和久著。タイトルの印象から普通に連想される内容ではない。ダニエル・デネットとか、いわゆる伝統的な「哲学」ではない哲学の入門。入門の新書としては最適かと。

『菜根譚』★

 洪自誠著、中村璋八翻訳、石川力山翻訳。いろんな意味で古典らしい内容。やや単調で退屈にも感じるが。

by 木戸孝紀 tags:

2017 8/4

 2千数百円のサーキュレーターで十分だろうと思っていたが「子供が指を突っ込むと危ないから」という理由で、10倍もするこちらを買うことに……。

 こんな奇抜なデザインだけで馬鹿高い扇風機なんか誰が買うんじゃと思っていたが、なるほどそういう方面からの需要もあるのか、勉強になったわ。

by 木戸孝紀 tags:

2017 7/29

『ヒルビリーエレジー』★★★★★

 J・D・ヴァンス著。トランプ現象がらみで読んでおくか、程度のつもりで借りたが、単純にめちゃくちゃ面白かった。もちろん現代アメリカ理解のためにも役立つ。

『大いなる天上の河』★★★

 グレゴリイ・ベンフォード著。『BLAME!』映画化の影響で再読。初めて読んだのは大分前。直接の元ネタのひとつとして知られる。

『ゲーム・プレイヤー』★

 イアン・M. バンクス著。何かで思い出した。もちろん古く感じるところもあるけど、時代の割には新しげな設定。

『ベストセラーコード』★

 ジョディ・アーチャー著、マシュー・ジョッカーズ著。まだまだこれからの分野の気はするけど、面白い。

『あなたのセキュリティ対応間違っています』★

 辻伸弘著。セキュリティは専門じゃない自分にはちょうどいいレベルな感じ。

『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』★

 川上和人著。内容も味付けも嫌いじゃないんだけど、いくら何でもちょっとギャグ過剰。

『成功する人は偶然を味方にする–運と成功の経済学』★★★★

 ロバート・H・フランク著。成功には運の要素が大きいので、累進消費税によって一人勝ち経済の勝者から取って、不運な人に補助するようにしようという主張。内容はほぼ既知だが、適度にわかりやすくていい。

『ナニワ金融道』★★★★★

 青木雄二著。何度か言及したけど、そのもの自体をおすすめしたことはなかったな、と思って。

by 木戸孝紀 tags:

2017 7/27

 しかも、単に壊れたのみならず、漏水して他にまで被害が及ぶという悲劇。給湯器が動かないとお風呂も食洗機も使えないのでこれはまずい。

 2,3日で交換工事してもらって復帰したし、損害も保険でまかなえそうなので不幸中の幸いと言えそうな程度の被害で済んだが。

by 木戸孝紀 tags:

2017 7/26

 ドワンゴに拾われて一度は延命したライブドアリーダーだが、今度こそ終わりっぽい。代わりを探さねば。

 Tiny Tiny RSSというのが良さそうだが、自分でサーバー管理するものはなるべく増やしたくないのでこれは最終手段。将来また引っ越ししなければならない事態も避けたいとはいえ、ギリギリまでサービス型で済ませたい。

 前回Feedlyへ乗り換えようか試してダメだった記憶があるので、今度はInoreaderというのを試してみた。今のところこれで行けそう。不満はあるが、慣れれば解消できそうな程度。

by 木戸孝紀 tags:

2017 7/1

 会社で使っているのだが、妙にしっくり来るので、家にも買ってしまった。

 真っ二つに割れた座面と背面を持つのが特徴。非常に癖が強いので、実物を試してからでなければ購入はおすすめしない。

 やや後傾姿勢でPC作業するにはおそらく向いているが、学習机での勉強など、前傾姿勢を取るにはおそらく不向き。(背面に意味がなくなる。)

 ちなみに肘置きの部品は、邪魔なら取り外せる。今回はやってないが、以前会社で実行済み。

 その他、これまで家で使っていたアーロンチェア(ランバーサポートタイプ)と比較したメリット・デメリットは、重要度順に以下の通り。

メリット

  • お尻と背中(背骨?)が楽。アーロンチェアのメッシュでも、普通のイスに比べれば十分ソフトで楽なのだが「存在しない」以上のソフトさはあるまい。
  • ヘッドレストがあり、後ろに倒れた状態でそのまま仮眠できる。
  • 比較的安い。新品でもAmazonで31800円。カカクコムで調べてもそのぐらいが最安値。アーロンチェアは中古でもそれ以上した。
  • 冬は暖かい。(というかアーロンチェアのメッシュが寒い。)

デメリット

  • 特殊な構造などから将来的な耐久性には問題がある可能性。
  • サポートは良くなさそうな評判。
  • 夏は暑い。常時エアコンを入れられる環境であれば問題ないであろうが。
  • 名前がイマイチ。(どうでもいいか。)

by 木戸孝紀 tags:

2017 6/26

 2009年10月あたりから、2000冊以上電子化してきたが、そろそろ止めようかと思っている。色々自動化しているとはいうものの、自分の作業の手間が見合わなくなってきた。

 当時から比べると、最初からKindle等の電子書籍の用意されている比率が高まってきているし、過去の雑誌など電子化される可能性がなさそうなものは、すでに電子化し終わった。

 100円/冊程度で代行してくれる業者も沢山あるようだ。まずは電子書籍かレンタルなど、物理的に持たずに済む手段を探し、それでもない場合のみ、まとめて業者に頼む、という流れにしてみようと思う。

by 木戸孝紀 tags:

2017 6/25

『Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語』★★★

 石川洋資著、西山勇世著。自分で使うあては当面ないが。Scalaで見覚えある機能が多く、普通にアプリ作るのにこれ使えるなら、いいなあ、という印象。

『自己変革するDNA』★★★

 太田邦史著。ビジネス系自己啓発本と間違われそうなタイトルだが、これは文字通りに生物のDNAの本。結構面白い。

『イノベーションはなぜ途絶えたか ──科学立国日本の危機』★

 山口栄一著。

『失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織』★★★★

 マシュー・サイド著。今や見慣れた内容な気もするが、啓蒙書としてまとまり良い。

『ソシオパスの告白』★★★

 M・E・トーマス著。自らソシオパス(サイコパス)を名乗る人の本。この本自体に演技が入っていることは確実であろうことから、引いて読む必要はあるかも知れないが、面白かった。

『戦争にチャンスを与えよ』★★

 エドワード・ルトワック著。放言オヤジの無茶苦茶と言えばそれまでなのだが、ただの無茶苦茶ではなく、真理の一面に考えを向けさせる、価値ある無茶苦茶ではあると思う。

『六三四の剣』★★★★★

 村上もとか著。古いのはどうしようもないけど、これはおもろいわ。

『脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術』★★★★★

 樺沢紫苑著。個別には知ってることばかりなのだが、著者のYoutube見て「こんな胡散臭いおっさんにできてることが私にできないなんて許せん!」と一念発起して、ついに朝型化に成功したので、悔しいけど星5つ。いわゆるゲーム脳の人に好意的な記述があるのは残念。

by 木戸孝紀 tags: