2017 5/3

 歴史上「わいせつ」の要件を具体的に示しえたためしがない、というのはよく言われることで、それはそれで正しいと思われる。

 だが進化心理学的視点に立てば「わいせつ」を過不足なく単純に定義することは容易だ。

  • 性が社会≒権力≒年配の男性(の同盟)にとって適切に管理されていない状態

 だ。どんな行為や表現であるかは問題ではないのだ。たとえば、

  • 一夫一婦制は社会的にひとつの安定解だから、夫婦間の性は基本的にわいせつではない。
  • 男性の性は、おおっぴらにアピールされて比較されると、年配の男性が若い男に負けてしまうので、露骨な場合のみわいせつである。
  • 男女の利害は一致しづらいので、女性の主体的な性アピールは基本的に――自分ひとりに向けられる場合を除き――全てわいせつである

 もし、ホモ・サピエンスの祖先が、強い一夫一婦傾向(わずかに一夫多妻)で、メスが群れを出てオス同盟(≒男系)で権力が受け継がれるタイプの類人猿でなかったら「わいせつ」の定義はどんなものになっていただろう?

 これをまともに想像するのは難しい。なぜならすでに現在の「男性」「女性」の心理は、人類の祖先がそのような類人猿だったことと不可分だからだ。

 しかし、進化的に形成された心理が変わらないまま、現在の社会環境が変わったらどうなるかは、考える意味がある。それが実際に起きたことだからだ。

 ここ100年やそこらで、これまでと比べて、社会が家父長制権力的でなくなってきて、同時に女性の政治力が上がってきた。

 男性が実際にやってきたように、女性が自分たちに都合よく「わいせつ」を定義するとしたら、一体どのようなものになるだろう。

 よく知られているように、進化視点で男性の利益を突き詰めると皇帝のハーレムになる。この世で性行為できる男性は自分ひとりでいい。

 男性の皇帝のハーレムにあたる、女性の進化的利益の究極形は、乙女ゲーによくあるように、金と権力のあるイケメンがみんな自分に求婚してくる状態だが、男性との重要な違いは、基本的・相対的に「量より質」になることだ。

 皇帝のハーレムは、どんな美女でもひとりではだめであり、多少それより劣った女性・並程度の女性であっても、追加されるのは普通歓迎である。

 しかし、女性にとっては、究極に金と権力のあるイケメンがひとりいるだけでも、別に構わない。それより劣った男性・並程度の男性が追加されるのは、あまり嬉しくないどころか、むしろ邪魔でさえある。

 女性の進化的利益を最大化するように進化によって形成された心理傾向を正当化するような道徳を、進化心理学を知らない状態で、女性が作るとしたら、どのようなものになるのか。

 自分が求婚を受け入れるような最高の男以外からの性的アプローチはすべて「わいせつ」であると定義することになるはずだ。

 ……はずだというか、それはもう実際に起きたことで、こうした女性主体で定義された「わいせつ」は特に「セクハラ」と呼ばれている。*1進化心理学による、いわゆる後ろ向きの予言だ。

 だから「ただしイケメンに限る」的な皮肉は、確かに一面の真理をついていると思われる。

 「セクハラ」の具体的要件、いつどこで誰がやっても変わらないというような意味でのそれは、「わいせつ」の具体的要件と同様に、誰にも示しえないと思われる。特に誰がやるかが決定的に重要なのだ。

 ただしそれは、歴史的に年配の男性が自分たちの都合のいいように「わいせつ」を定義してきたのと、何も変わらない。

 「セクハラ」の定義の方が恣意的に見えるのは、男性の性は基本的・相対的に「質より量」で、相手の質が重要でない、ということの反映に過ぎない。

*1:もちろん現在の「セクハラ」は対女性限定の用語ではないが。

by 木戸孝紀 tags:

2017 4/30

『カオスとアクシデントを操る数学』★★

 エドワード・B・バーガー著、マイケル・スターバード著。数学啓蒙書。まあまあいい。

『マシュマロテスト』★★★★★

 ウォルター・ミシェル著。なんかもうよく知っているような気になっているマシュマロ・テストだが、改めてオリジナルに触れてみるととても面白い。

『へんな星たち 天体物理学が挑んだ10の恒星』★

 鳴沢真也著。ちょっと面白い。

『天と地の守り人 第2部 カンバル王国編』★★★★

 上橋菜穂子著。最終章中編? やはり面白い。

『量子コンピュータが人工知能を加速する』★

 西森秀稔著、大関真之著。内容は興味深いのだが、本としてはいまひとつ。

『ダメな統計学: 悲惨なほど完全なる手引書』★★

 アレックス・ラインハート著。元から興味がある人でないと読みにくいだろうけど。

『将軍と側用人の政治』★★★

 大石慎三郎著。意外なほど面白かった。

『となりの車線はなぜスイスイ進むのか?――交通の科学』★★★★★

 トム・ヴァンダービルト著。これはすごい。単独で全く見たことも聞いたこともないという話は少ないけど。

『未来からのホットライン』★★★★

  J・P・ホーガン著。初めて読んだのは大昔。今ではシュタインズゲートの直接の元ネタとして有名か? 古いけど今でも十分面白い。未読だが星野之宣バージョンあるのか。

by 木戸孝紀 tags:

2017 2/24

『ホワット・イズ・ディス?:むずかしいことをシンプルに言ってみた』★

 ランドール・ マンロー著。非常に簡単な単語だけで難しいことを説明する。この人らしい皮肉も効いてる。あと、とてもでかい(物理的に)。

『ベルサイユのばら』★★★

 池田理代子著。妻経由。実は初めてちゃんと読んだ。歴史に残るだけのことはある。

『分断されるアメリカ』★★★

 サミュエル・ハンチントン著。竹中正治氏のfacebookで見て読んだ。確かに、トランプ後に読むと示唆的に思えてくる。

『米中もし戦わば 戦争の地政学』★★★

 ピーター・ナヴァロ著。原題”CROUCHING TIGER”((飛びかかろうと)かがむ虎)これも竹中正治氏のfacebook見て読んだ。邦題は的外れではないが、やや煽り気味。

『逃げるは恥だが役に立つ』★★★

 海野つなみ著。ドラマ未見。意外に面白い。

『ダンジョン飯 4巻』★★★★

 九井諒子著。やっぱり面白い。

『シュガシュガルーン』★

 安野モヨコ著。妻経由。安野モヨコって大人向け専門かと思ってた。

『天と地の守り人 第1部 ロタ王国編』★★★★

 上橋菜穂子著。最終章第1部? 「帝」がわかりやすい悪役すぎるのがちょっとひっかかるが、変わらぬ面白さ。

by 木戸孝紀 tags:

2017 2/24

 何かと話題の東芝さん。

 前のこれの乾燥機能が完全にぶっ壊れたので交換。色以外の目立った違いは、電源ON/OFF以外のボタンがタッチパネル式になったことぐらい。

 一般家庭平均よりもハードに使ってそうであるとはいえ、前のが5年に満たずで壊れたので、今回は5年延長保証にも入っておいた。

 前回「送料設置台込で105000」だったのに対し、今回は延長保証約8000円を別にしても、約18万円もした。なぜか知らんが、前回は家電が安い時期だったそうな。

 前回・今回ともにカカクコムでちゃんと調べたから嘘ではないのだと思うが、なぜだろう。

by 木戸孝紀 tags:

2017 1/3

 ずいぶん久しぶり。すでに内容忘れてしまったものも。AmazonプライムビデオでBGM的に流し見したのも、ちゃんと映画館に観に行ったものも、全部ごちゃまぜ。

『クヒオ大佐』 2/10

 堺雅人。

『明日の記憶』 8/10

 若年性アルツハイマー。こわい。

『そして父になる』 4/10

 地味。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 5/10

 まるでリメイクのような続編。商業的にはよかったのかもしれんけど、なんだかなあ。

『127時間』 2/10

 ほぼ実話だというのがすごいけど映画としては……。痛い(スラングではなくそのままの意味で)描写あり注意。

『96時間』 4/10

 『24』の二番煎じみたいな感じ? まあそれにしてはマシな方か。

『アンノウン』 4/10

 B級もいいとこだが、意外におもろい。

『デビル』 3/10

 シャマラン作品であえて最初からネタバレしたらこうなりました、みたいな感じ。

『エスター』 6/10

 サスペンスホラー。結構よくできてる。

『ゴーストライター』 3/10

 雰囲気だけなんかで間抜け。惜しい。

『君の名は。』 10/10

 流行り物。個人的な好みからは外れるけど十分面白いやんけ。

『この世界の片隅に』 10/10

 これも個人的な好みからは外れるけど、驚異的な完成度。原作から削られたエピソードも含めた完全版が観たくなるな。

『ラブライブ!The School Idol Movie』 6/10

 アニメの方ちゃんと観てないから完全に評価できないけど、いいんじゃないか。ストーリーはなんか微妙だった気もするが。

by 木戸孝紀 tags:

2017 1/2

『げんしけん』★★★

 木尾士目著。連載当時のアフタヌーンを読んでいたはずだが、あまり興味がなかった。完結を機に改めて全巻読んでみたら、結構おもしろかった。

『白と黒のとびら: オートマトンと形式言語をめぐる冒険』★

 川添愛著。確かに奇書レベルの尖った本。人を選ぶだろうが数学好きなら一見の価値はあるかと。

『赤の女王 性とヒトの進化』★★★★★

 マット・リドレー著。なぜか今まで紹介してなかった。名著と言えよう。

『インフレーション宇宙論―ビッグバンの前に何が起こったのか』★★★

 佐藤勝彦著。『数学的な宇宙』の不完全燃焼感からいくつか見て回ったものの中のひとつ。初心者(?)向けとしておすすめ。

『よくわかる人工知能 最先端の人だけが知っているディープラーニングのひみつ』★★★

 清水亮著。インタビュー集。玉石混交だが結構面白い。

『科学の発見』★

 スティーヴン・ワインバーグ著。内容はshorebird先生にお任せ。

『生命、エネルギー、進化』★★★★★

 ニック・レーン著。前著からのアップデート。超面白い。全体にどの話題も面白いが、特に生命の起源に関しては、もうアルカリ熱水噴出孔で決着と言ってもいいのではないか。

『数学で生命の謎を解く』★

 イアン・スチュアート著。ちょっと幅が広くなりすぎて薄くなってしまった印象だけど悪くはない。

by 木戸孝紀 tags:

2016 12/31

 相変わらずほとんど見れてない。ここに入れていても、見てないものの方が多い。今回で終わりにしようかなこれ。

»続きを読む

by 木戸孝紀

2016 12/16

 おお見事な圧縮・難読化*1……というのは冗談として、社名が変わりました。流行りの機械学習スタートアップも買収したそうです。よろしくお願い致します。

 久しぶりに会社関係のエントリ書いて気がつきましたが、このカテゴリ、社名が変わりましたとかロゴが変わりましたとかばっかりですね。

*1:ちなみに読みは「ジーヴォ」

by 木戸孝紀 tags: