2019 9/21

『逆転の大戦争史』★★★★

 オーナ・ハサウェイ著、スコット・シャピーロ著。非常に興味深いが邦題だけはミスリーディング。内容はshorebird先生にお任せ。

『人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-』★★★

 小池一夫著。著者の死去をきっかけに。流石というか面白い。

『リベラル再生宣言』★★

 マーク・リラ著。アイデンティティ・リベラリズム、要するに裕福なインテリ同士のマウント取り合いのために、リベラル全体ないしは人類全体をないがしろにすることの問題点の指摘。

『進化する形 進化発生学入門』★★★

 倉谷滋著。内容はやはりshorebird先生におまかせ。アルシャラクシス理論という単語自体は初めて聞いたが、昔グールドの本で漠然と考えられていたようなことが、今ではいろいろ具体的に進展しているのが面白かった。

『分節幻想 ――動物のボディプランの起源をめぐる科学思想史』★★

 倉谷滋著。上のより専門的。分厚い。

『シルバー民主主義 – 高齢者優遇をどう克服するか』★

 八代尚宏著。大事な話題だけど、どうにもならなさそう感が怖い。

『ブラックアース ―― ホロコーストの歴史と警告』★★

 ティモシー・スナイダー 著。前著の『ブラッドランド』ほどではないが面白い。

『鉄条網の歴史』★★★

 石弘之著、石紀美子著。後半はありきたりな政治主張が混じって微妙だが、鉄条網の由来と歴史の部分は非常に面白い。文庫版はなぜか微妙にタイトルが違うが、目次を見る限り同じ内容。

『果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?』★★★★

 ロバート・H・ラスティグ著。啓蒙としてもダイエットの実践としても重要では。「甘い飲みものは親の仇でござる!」というのはやはり正しかった。

by 木戸孝紀 tags:

2019 9/14

 ここ数年使っている日傘。高いけど頑丈。数年使った前のをなくしてしまったので現在2代目。男日傘普及キャンペーンを兼ねて3代目購入時のためにメモ。

by 木戸孝紀 tags:

2019 7/28

 で書いた『カワモト鼻腔拡張テープ』に代わる、毎日使い捨てでないものを定期的に探していたのだが、ついに安定して使えそうなものに行き当たった。

 シリコン製なので半永久的に使えるわけではなく、ある程度の期間でへたってきてしまうけど、それでもテープよりは大分まし。

by 木戸孝紀 tags:

2019 7/15

『ウイルスの意味論――生命の定義を超えた存在』★

 山内一也著。面白い。

『ファンタジーランド: 狂気と幻想のアメリカ500年史』★

 カート・アンダーセン著。ちょっと散漫な気もするけど。なぜか『宗教から読むアメリカ』を思い出した。

『おもしろレオロジー ―どろどろ、ぐにゃぐにゃ物質の科学』★

 増渕雄一著。何で知ったか忘れたが、意外に面白かった。

『西洋の自死: 移民・アイデンティティ・イスラム』★★★

 ダグラス・マレー著。私には近過去から現在までのトレンドをそのまま未来に外挿しすぎた極論に思え、賛成するわけではないが、反対の視点からでも参考にすべき意見を含んでいると思う。

『ビット・プレイヤー』★

 グレッグ・イーガン著。いつもの(?)イーガン。特別印象に残ったわけではないがコンスタントに面白い。

『ゲノムが語る23の物語』★★★★

 マット・リドレー著。2000年の本なので年代的には古いが面白い。ヒトゲノム計画がまだ目新しいものだった頃の感覚も面白い。

『医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者』★★

 大竹文雄著、平井啓著。単なる興味としても、実用的にも役に立ちそう。医者の立場でも患者の立場でも。

『神々の山嶺』★★★★★

 夢枕獏原作、谷口ジロー著。名前も評判もなんとなく知っていたのに、なぜかちゃんと読んだことがなかった。引き込まれる。大元は25年前の小説なので時代は感じるけど、特に気になるほどではない。

by 木戸孝紀 tags:

2019 4/28

『妻のトリセツ』★★★

 黒川伊保子著。妻と読んだ。ぶっちゃけ科学面では極めていい加減。トンデモと言っても過言ではない。でも個人的には役に立った気がする。

『気になる仏教語辞典: 仏教にまつわる用語を古今東西、イラストとわかりやすい言葉でなむなむと読み解く』★★★★

 麻田弘潤著。絵も内容も良い。

『ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック』★★★

 阿久津美栄子著。図書館で借りて良かったので一冊持っておくことにした。

『脳が教える! 1つの習慣』★

 ロバート・マウラー著。変化は怖い。だから必ず失敗しようがないほど小さいことから始めて徐々に大きくせよ。……という内容。これで言い尽くしてしまっている気がするが。

『難破する精神:世界はなぜ反動化するのか』★

 マーク・リラ著。全体としてはありがちな現状嘆き本と言えなくもない。が、いわゆる極左の理想主義が「未来へのノスタルジア」であり、極右の過去へのノスタルジアとある意味そっくりだという視点は示唆に富むと思う。

『魂に息づく科学:ドーキンスの反ポピュリズム宣言』★

 リチャード・ドーキンス著。より抜き集。長年のファンからするとまあ予想通りの内容で、そこまでインパクトはなかったが。

『脚・ひれ・翼はなぜ進化したのか: 生き物の「動き」と「形」の40億年』★★★★★

 マット・ウィルキンソン著。移動能力で一本筋を通した進化・生物本。これ系では久しぶりの超おすすめ。

『暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン』★

 ティモシー・スナイダー著。まあ流行り物? 『ブラッドランド』の人だけあって言ってることはまとも。

by 木戸孝紀 tags:

2019 3/17

『エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか』★★★★

 ジェイソン・カラカニス著。知らなかったがUberへの投資で有名になった人とのこと。とても面白かった。

『ブラッドランド: ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実』★★★★

 ティモシー・スナイダー著。そこそこ知っているつもりだったが、視点を改めさせられる感があった。一言でまとめるのは難しいので是非読んでほしい。それにしても本当にヒトラーとスターリンは酷い。

『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』★★★★★

 ハンス・ロスリング著、オーラ・ロスリング著、アンナ・ロスリング・ロンランド著。評判通り素晴らしい。TEDで何度か見た憶えある人だったがこれが遺作なのか。

『戦前日本のポピュリズム – 日米戦争への道』★

 筒井清忠著。わりと前から言われてるような気もするけど。いいと思う。

『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』★

 佐光紀子著。ほぼタイトル通り。うちも「しなさすぎ」よりは「しすぎ」のような気がするので。

『将棋の子』★

 大崎善生著。厳しい世界。

『ワニと龍―恐竜になれなかった動物の話』★★

 青木良輔著。内容についてはshorebird先生にお任せ。

『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』★

 堀正岳著。特別これがすごいというほどではないけど、これまであまり知らなかった人のガイドとしてはいいのでは。

by 木戸孝紀 tags:

2019 2/24

 定番のケーブルボックス。前から1個使っていたが、年末・正月にかけて追加で3個を家中に導入。色違い、サイズ違いなどもある。

by 木戸孝紀 tags:

2019 2/17

 年末の大掃除の時、

 このダイソンの扇風機を掃除しようとして、なんと中を開けてホコリを掃除することができないことが判明。

 高いとかデザインだけとかは議論の余地があっても、それは流石に犯罪的だと思うんですけど……。もう許せん。これまでもそうだったがアンチダイソンが決定的になった。

 子供も指を突っ込む年齢は過ぎたと思うので普通のサーキュレーターを買い直した。

by 木戸孝紀 tags: