2017 8/4

 2千数百円のサーキュレーターで十分だろうと思っていたが「子供が指を突っ込むと危ないから」という理由で、10倍もするこちらを買うことに……。

 こんな奇抜なデザインだけで馬鹿高い扇風機なんか誰が買うんじゃと思っていたが、なるほどそういう方面からの需要もあるのか、勉強になったわ。

by 木戸孝紀 tags:

2017 7/27

 しかも、単に壊れたのみならず、漏水して他にまで被害が及ぶという悲劇。給湯器が動かないとお風呂も食洗機も使えないのでこれはまずい。

 2,3日で交換工事してもらって復帰したし、損害も保険でまかなえそうなので不幸中の幸いと言えそうな程度の被害で済んだが。

by 木戸孝紀 tags:

2017 7/1

 会社で使っているのだが、妙にしっくり来るので、家にも買ってしまった。

 真っ二つに割れた座面と背面を持つのが特徴。非常に癖が強いので、実物を試してからでなければ購入はおすすめしない。

 やや後傾姿勢でPC作業するにはおそらく向いているが、学習机での勉強など、前傾姿勢を取るにはおそらく不向き。(背面に意味がなくなる。)

 ちなみに肘置きの部品は、邪魔なら取り外せる。今回はやってないが、以前会社で実行済み。

 その他、これまで家で使っていたアーロンチェア(ランバーサポートタイプ)と比較したメリット・デメリットは、重要度順に以下の通り。

メリット

  • お尻と背中(背骨?)が楽。アーロンチェアのメッシュでも、普通のイスに比べれば十分ソフトで楽なのだが「存在しない」以上のソフトさはあるまい。
  • ヘッドレストがあり、後ろに倒れた状態でそのまま仮眠できる。
  • 比較的安い。新品でもAmazonで31800円。カカクコムで調べてもそのぐらいが最安値。アーロンチェアは中古でもそれ以上した。
  • 冬は暖かい。(というかアーロンチェアのメッシュが寒い。)

デメリット

  • 特殊な構造などから将来的な耐久性には問題がある可能性。
  • サポートは良くなさそうな評判。
  • 夏は暑い。常時エアコンを入れられる環境であれば問題ないであろうが。
  • 名前がイマイチ。(どうでもいいか。)

by 木戸孝紀 tags:

2017 6/26

 2009年10月あたりから、2000冊以上電子化してきたが、そろそろ止めようかと思っている。色々自動化しているとはいうものの、自分の作業の手間が見合わなくなってきた。

 当時から比べると、最初からKindle等の電子書籍の用意されている比率が高まってきているし、過去の雑誌など電子化される可能性がなさそうなものは、すでに電子化し終わった。

 100円/冊程度で代行してくれる業者も沢山あるようだ。まずは電子書籍かレンタルなど、物理的に持たずに済む手段を探し、それでもない場合のみ、まとめて業者に頼む、という流れにしてみようと思う。

by 木戸孝紀 tags:

2017 2/24

 何かと話題の東芝さん。

 前のこれの乾燥機能が完全にぶっ壊れたので交換。色以外の目立った違いは、電源ON/OFF以外のボタンがタッチパネル式になったことぐらい。

 一般家庭平均よりもハードに使ってそうであるとはいえ、前のが5年に満たずで壊れたので、今回は5年延長保証にも入っておいた。

 前回「送料設置台込で105000」だったのに対し、今回は延長保証約8000円を別にしても、約18万円もした。なぜか知らんが、前回は家電が安い時期だったそうな。

 前回・今回ともにカカクコムでちゃんと調べたから嘘ではないのだと思うが、なぜだろう。

by 木戸孝紀 tags:

2016 9/24

キーコーヒー 香味まろやか水出し珈琲 (35g×4袋)×6個

 株主優待で一個もらったのだが、結果的にうちのコーヒー事情を一変させることになった。

 水出しでもちゃんとそれなりにうまい。単なる朝のカフェイン源としては十分。冷蔵庫に入れとけば2,3日は持つ。

 毎日のことだから、お湯すら沸かさなくていいというのはでかい。

by 木戸孝紀 tags:

2016 9/7

P_20160907_211040

 37歳になりました。このぐらいの歳になると、一年ぐらいではそれほど変化がないですな。去年もエントリ上げてないし。

by 木戸孝紀 tags:

2016 5/15

コンビ Combi ベビーカー F2 AF フレイムレッド(RD) 【対象月齢:7カ月~36カ月頃】

 最近ベビーカーに乗っているとき、姿勢が倒れ気味で不愉快そうだったのでどうにかならないかと思っていたら、セカンドベビーカーなるものがあるそうだ。

 前の比べると、対面(A型)への切り替え機能はなくなったが、代わりにコンパクトで軽いし、前面のバーが外せるので乗り降りもさせやすくなった。

by 木戸孝紀 tags: