2016 10/28

 これはショック。しかしあまり知られていない珍しい自転車で転んで亡くなるとは、まるでこの人の作品のキャラにありそうな……。知らなかった人も『イハーブの生活』だけでも読んでみてほしいなあ。

by 木戸孝紀 tags:

2015 7/4

うしおととら (1) (小学館文庫)

 アニメうしおととらの第1話を見たら結構出来が良かったので、ちょっと興味が出た。3クールとの噂なので、どうやったら収まるのか考えた。

 きっちり合計36話になるように予想してみた。2話のタイトルが『石喰い』であることまで知った時点での予想。

 ネタバレ考慮せず、読んだことない人のことも考慮せず、通じるか考慮せずネタ満載、注意。

No. タイトル コメント
0 うしおととらであうの縁(1/1) ◎ムシ・サカナ。当然いる。
1 石喰い(1/1) ○石喰い。設定説明回としている。
2 絵に棲む鬼(1/5) ○礼子、鬼。櫛要員確保。
3 とら街へゆく(1/5) ◎餓眠様。とらまゆ回。
4 符咒師ヒョウ(1/5) ◎ヒョウさん。当然いる。
5 あやかしの海(1/6) ○あやかし。伏線多数&貴重な水着回。
6 伝承(1/4) ◎オヤジ回。
7 ヤツは空にいる(1/6) ○衾、勇。櫛要員確保。
8 法力外道(0/4) △凶羅は一般人殴りまくるので抹消。
9 風狂い(1/4) ◎かがり。ボディコン確保。某1話ラレ。
10 童のいる家(1/3) ○小夜、ざしきわらし。櫛要員確保
11 一撃の鏡(0/1) ×鏡のおんじ。カット。
12 遠野妖怪戦道行(2/7) ◎長。重要。
13 おまえは其処で乾いてゆけ(0/5) ×猿。なまはげの風評被害カット。
14 鎮魂海峡(0/1) ×歩。飛行機とかぶりすぎカット。
15 汝 歪んだ夜よりきたる(0/4) △吸血鬼。貴重なヒョウさん回だがカット。
16 湖の護り神(0/5) △サンピタラカムイ。カット。
17 霧がくる(0/6) △シュムナ、893。残念だがカットか。
18 婢妖追跡〜伝承者(2/7) ◎日輪、流、婢妖。当然いる。
19 畜生からくり(0/3) ×カット
20 追撃の交差〜伝承者(2/10) ○純、ミクロの決死圏。櫛係確保。省略はいりそう。
21 変貌(2/12) ◎櫛回。必須。
22 時逆の妖(2/9) ◎時逆、ジェメイ。必須。
23 暁に雪消え果てず(0/6) ×雪女。いらん。
24 獣の槍を手放す潮(0/1) ×上のおまけ話。いらん。
25 時限鉄道(0/10) ×凶羅カット。
26 HIGH SPEED EATER(0/6) ×バイク。いらん。
27 四人目のキリオ(1/6) ◎キリオきゅん、十和子さん。必須。
28 檄召〜獣の槍破壊のこと(2/21) ◎上の続き。いるだろう。
29 麻子の運動会(0/1) ×いらんだろう。
30 愚か者は宴に集う(0/8) 魔法少女たゆら・などか。貴重なとらまゆ回だがカット。
31 ブランコをこいだ日(0/5) ×古明地さとり。カット。
32 うしおととらの一年事始め(0/1) ×埋め草回。カット。
33 外堂の印(0/11) ×お外道もといお外堂さん。カット。
34 西の国・妖大戦(2/16) ◎ベジータ。端折りながらでも必須か。
35 満月(0/1) ×埋め草回。カット。
36 かがりととらおつかいに(0/1) ×カット。
37 TATARI BREAKER(0/11) ×キルリアン。日米協力は政治的にホットだけど思い切って全面カット。
38 あの眸は空を映していた(0/4) △しっぺい太郎。キリオ回。カット。
39 業鬼(0/2) △義母。ヒョウ回。カット?
40 記録者の独白(0/1) △内容はどこかの回に潜り込ませたい。
41 獣群復活(1/7) △紅煉以外の雑魚伏せ字共はオミット。
42 三日月の夜(0/1) △実質上の続き。
43 風が吹く前(1/3) ◎貴重な日常描写。実質ラストバトルスタート。
44 季節石化(2/11) ○麻子回少なくなるからこれはいる。
45 雨に現れ、雨に消え(1/8) ○キルリアン関係を大幅カット。
46 不帰の旅(0/1) △一回丸々は使わなくても描写はほしい。
47 混沌の海へ(1/9) ◎流ニーサン。
48 雷鳴の海(1/10) ◎怪獣大復活。
49 獣の槍破壊(0/1) ◎上の回に合流する感じ。
50 とら(1/6) ◎シャガクシャ。
51 降下停止、浮上(0.5/5) ◎キルリアン組とか凶羅が削れて(続く)
52 鳴動天 開門す(0.5/3) ◎他の応援団も大分少なくなるはずだし(続く)
53 約束の夜へ(1/2) ◎ヒョウさん。
54 太陽に 命 とどくまで(0.5/5) ◎尻尾も何本か端折ってしまえば(続く)
55 うしおととら(0.5/3) ◎このぐらいのペースでいけるのでは。

説明

No.
原作の章番号
タイトル
原作の章タイトル
タイトル後ろの括弧
(【予想アニメ話数】/【原作の話数】)
記号 意味
必須
ほぼある
大幅オミットかカット
× カット

2015/07/10追記

 全36話じゃなくて全39話らしい。2話まで見た時点での修正。3話あったら何救済するかなあ。15:ヒョウさんに1回(吸血鬼)、17:シュムナに1回、30:とらまゆに1回(たゆら・などか)かなあ。

by 木戸孝紀 tags:

2014 7/1

まんがサイエンス まんがサイエンス無料版

 こういう記事を見かけたが、いまAmazonで見たらKindle版は66%オフの状態になっている。

 自分もこの機会に全巻買う。もちろんすでに読んだことはあるはずだが。

by 木戸孝紀 tags:

2014 5/9

Pumpkin Scissors(16) (KCデラックス)

 ちょっと前に「歴史に残るわけでもないだろう」と言ったばかりだが、今回借りた13-17巻あたりから加速度的に面白くなってきた。

 特に16巻。ずっとなんかやらかしてくれそうな雰囲気だけのキャラだったミュゼ・カウプランが、ついにまともに動いたと思ったら、ほとんどまるまる一巻使った独演会。

 単にお色気目的で若い女性にしてみましたとか、単に萌え目的で幼女にしてみました、とかいうのとは一線を画する、女性マッドサイエンティストキャラとして、個人的にはすでに歴史に残った。

 男性*1への憧憬や愛憎を描いていることをもって、女性キャラを高く評価するというのは、政治的にやや剣呑な気がするが、仕方ない。

 そもそもマッドサイエンティストという類型は圧倒的に男性のものだ。それは偶然ではない。ちょっと興味がある人ならだいたい知っていると思うが、マッドサイエンティストの概念はキリスト教と不可分だ。

 初のSFとも言われる『フランケンシュタイン』のヴィクター・フランケンシュタインから、サイエンス自体の成立以前に遡れば『失楽園』のサタンまで。究極の家父長的・男性的権力である神(ヤハウェ)への挑戦という要素と分かちがたく結びついている。

 家父長的権力に挑戦し取って代わろうというのは、当然女性よりも男性にとってずっと価値のある目標になるため、マッドサイエンティストキャラをあえて女性に設定する意味は、普通はない。*2

 あと、前回トライガンの系譜という表現を使ったが、あまり正確ではなかったか。『トライガン』『HELLSING』『エクセル・サーガ』の、かつてのヤングキングアワーズ御三家の雰囲気を何となく感じるのだが。

*1:よほどのミスリードでなければカウプラン教授。
*2:だからあえてしてみてもお色気や萌え目的以上のものには見えない。

by 木戸孝紀 tags:

2014 5/6

シドニアの騎士 一(初回生産限定版)(Blu-ray Disc)

 アニメが想像をはるかに上回る良い出来で、『BLAME!』以来のファンとしてはなかなか嬉しい誤算だ。

 ツッコミ込みで観たくて、一度解約していたニコニコのプレミアムも入りなおしてしまった。

 ついでだが『蟲師 続章』も高いクオリティが維持されている。

 さらについでだが、ネタ枠として有名(?)な『魔法科高校の劣等生』というのをちょっとだけ観てみたのだが、タイトルは『私のお兄様が劣等生なわけがない』の方がよかったのではないか。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2014 1/29

東方儚月抄 ?Silent Sinner in Blue. 上巻 (IDコミックス REXコミックス)

 完全に書く機会を逃した何年も前のネタだが、未だに他で見ることがない話なので、消すのももったいない。要点のみの縮小バージョンで公開。

 本当はこの前に、博麗霊夢・八雲紫・幻想郷についてのそれぞれ単独エントリがある予定だったので、唐突に感じるところがあるかもしれないが御容赦されたし。

要旨

 東方Projectの月――もう少し限定すると『東方儚月抄』の月の都――はアメリカ合衆国の象徴であると考えることで、儚月抄の数多くの疑問点・不満点を説明することができる。*1

儚月抄とアポロ計画

 儚月抄には全面的にアポロ計画のネタが登場する。これは私の世代*2で月を題材とする以上、当然と思われることだが、それだけに、以下に述べるアメリカ要素に対して隠れ蓑の役割を果たしている。

第一次月面戦争=太平洋戦争

 儚月抄の大きな不満点として、思わせぶりな設定であった第一次月面戦争について結局ほとんど何も書かれないままだったということがある。だが、書かなかったのではなく書く必要がないのだ。みんな知っていることだからだ。

 当時強力で調子づいてた妖怪たちが月に攻め込んで、その超科学兵器の前にケチョンケチョンにされた第一次月面戦争とは、当時強力で調子づいてた大日本帝国が米国に攻め込んで、その物量の前にケチョンケチョンにされた太平洋戦争のことに他ならない。

東方儚月抄 中―Silent sinner in blue (IDコミックス REXコミックス)

依姫無双=アメリカと戦って勝てるわけがない

 既存の人気キャラたち*3がぽっと出の新キャラにゴボウ抜きにされてしまった依姫無双事件。名前がついてしまうぐらい不評である。

 人間より絶対的に強いものが存在して当たり前という宗教的感覚を持つ神主と、持っていない現代っ子読者との意識の落差とも取れる。(実際その要素はあるだろうと思う。)

 だが、アメリカと戦って勝てるわけがねーだろという感覚を当たり前に持っていて今更不愉快とは感じない世代と、あまり持っておらず*4素直に幻想郷=日本TUEEEEEを楽しみたかった世代の落差とも取れる。

紫土下座=原爆の前に降伏できなかったのか?

 決して姿を見せない博麗の神に代わって事実上博麗神社の祭神として振舞っている八雲紫が、月のちょうかがくへいき「森を一瞬で素粒子レベルで浄化する風を起こす扇子」を振りかざす綿月豊姫に、あっさり土下座してしまった場面。

 これまた大変不評なシーンであるが、原子爆弾を落とされる前に降伏できなかったのかという願望*5のファンタジー化と見ることができる。

 第二次世界大戦に勝ちたかったという願望をファンタジー化した作品は沢山あるが、もっと早く降伏できなかったかという願望をこうも明確にファンタジー化した創作はあまりないのではないだろうか。少なくとも私は知らない。

東方儚月抄?Silent Sinner in Blue. 底  (IDコミックス REXコミックス)

フェムトファイバー(笑)=アブグレイブ刑務所

 場違いな語感と無駄に長い説明ゼリフで笑い草になっているフェムトファイバー*6だが、月=アメリカの視点で見ると、

紫「不浄なもの、をねぇ………土着の神様もその縄で縛ってきたくせに」
豊「…そうね。察しのとおり、正確に言うと月の民に逆らう者の動きを封じるのに使ってきたのよ」

 のあたりは、連載時期から考えてもイラク戦争批判に見える。

酒オチ=精神勝利法

 伏線不足の上まったく意味不明とこれまた人気のない酒オチであるが、月=米の観点からは、

「圧倒的な軍事力を振り回してイラク戦争とか起こしてるお前ら米国よりも、上手く従属して見せてのんきに楽しく暮らしてる俺達日本の方が精神的に勝利してるんだぜ」

 という、多少なりとも意味のある解釈が可能になる。

 少なからぬ現代日本人が持っている、アメリカに対する屈折した優越感を表現したものと受け取れる。私にとってはとても自然な*7感覚だが、これがやはりもう少し下の年齢層には通じなかったのではないかと思われる。

東方儚月抄 ?Cage in Lunatic Runagate.

その他未整理のネタ

  • 八意永琳の配色は星条旗に一致するように見えるが、偶然か?
  • 東方Projectのシェアを艦これが猛烈に食っている(ように見える)現在の状況は興味深い。ひとつの時代精神の転換の現れでありうるかもしれない。

*1:もちろん儚月抄のクオリティが全体に低いことは否定できない。
*2:私は神主より2歳年下なだけであり、時代精神的には同世代と言ってよいと思われる。
*3:霊夢・咲夜・魔理沙・レミリアの4名。設定上の時系列で未登場となるため出ていない早苗を除けば、当時の人気投票上位5名と完全一致する。参考:第6回東方シリーズ人気投票 キャラ部門集計結果
*4:実際の軍事力のアメリカ一強ぶりは、私が子どもの頃よりむしろ現在の方が際立っていると思われるが、今は現実ではなくイメージの話をしている。
*5:一番最近見たのはこれ。「なぜもっと早く降伏できなかったのか」を議論しよう:日経ビジネスオンライン
*6フェムトファイバーのまとめ – 東方儚月抄スレまとめ Wiki*
*7:屈折していることは承知の上で。

おまけ

 というわけでZUN素で「ガイジン」役が月勢力に割り振られているのも偶然ではない。(超下ネタ注意!)

by 木戸孝紀 tags:

2014 1/22

天体戦士サンレッド(17) (ヤングガンガンコミックス)

 いつかツイッターでもつぶやいた気がするが、書く機会を逃したのでメモレベルのまま公開。

 根底にある願望はささやか。ファンタジー化されたバブル崩壊後の日本である世界で、平穏な小市民としての日常がいつまでも続くこと。

 冷静に考えると、なぜしなければならないのか全く不明なのだが、怪人はヒーローを襲うものでヒーローは怪人を倒すものだから対決はあり、妖怪は人間を襲うもので人間は妖怪を退治するものだから異変は起こる。

 主人公たちより怪人(妖怪)たちの方が「市民」としてはまともだったりする。東方ではストーリーと相まって『星蓮船』で顕著な傾向。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2013 12/22

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]

 『魔法少女まどか☆マギカ』(まどマギと略されることが多いが以下魔まマ)について書き殴り。TV版のネタバレあり。映画版のネタバレはなし。

 魔まマはそもそも全体に「合法鬼畜モノ」的な要素――いかに白昼堂々*1ひどいことを放送してのけるか追及したようなところ――がある。悪いと言っているのではない。私も皮肉屋なので、そこが好きだ。

 たとえば、どこで見たか忘れたが「魔法少女になっちゃいました」とか言ってるあたりのさやかちゃんを「彼氏の借金返すために○○○で働き始めた」と表現した人がいて、うまいこと言うなあと思った覚えがあるが、まあそういうことだ。

 キュゥべえなどはわかりやすいので省略して、一見わかりにくいところ2題が本題。

まどかの両親

 「夫(父)」「妻(母)」の役割を担っている人間の性別が入れ替わっているから一見そう見えないだけで、「夫」「妻」という役割そのものは極めてステロタイプだ。

 バリバリのキャリアでたまに酔っ払って帰ってきたりするけど、子供の決断は理解して背中を押してくる「父」と、ずっと家にいて家庭菜園とかやっててココアとか入れてくれる優しい「母」という具合に。

 だから、この意味では性別逆転して「ない」先生の婚期話だけは、かなり直接的に性差別的に感じられる。(感じられるというか、実際そうだ。)両親の性別が逆転してなかったら、とても見れたもんではなかったはずだ。

暁美ほむら

 ほむほむの行動原理がわからない、とりわけなぜまどかにそこまで執着するかわからない、とかよく言われるが、わからない方が自然だ。あのキャラは都合で少女になっているだけで、行動原理は完全に男のそれだからだ。性別を元に戻して、

 メガネで体が弱く、かと言って勉強ができるわけでもないミリオタ少年が、生まれて初めて女の子に優しくされて「君は僕が守るんだ!」と勘違いして舞い上がっちゃう。

 と置き換えると極めてリアルである。そしてそれ故に見れたもんではない。「本当は」男なのだが男子のままだと見れたもんではない、という都合で女子になってるだけ、というのは『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』にも共通するところだ。

*1:放送時間は深夜だったが、そういう意味ではなく。

by 木戸孝紀 tags: