2015 7/26

 「テレビは幼児の発育に悪影響がある」という主張に対する反論をしたいのだが、真面目にやるとすごい長さになってしまうので、ポイントを絞って3点だけ。

そもそも検討に値する主張ではない

  • 発育が良いとは何であるか?
  • 子供がどう育つのが望ましいのか?

 ということがまったく曖昧なため、そもそもこの主張は反証不能である。「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」としか言いようがないのである。

 しかし、すでに影響を受けてしまっている人はそれでは納得しないだろうし、今回は一般家庭での実践の問題であって、厳密な話ではないので「発育が良い」とはどういうことかは、常識の範囲でどう捉えても問題ないとしておこう。

良い刺激はビタミンと同じ

 悪影響がありうるとすれば、その原因はテレビ視聴の【存在】ではなく、人――あるいは一般に視聴覚以外の刺激をもたらしたり相互作用ができるもの――との接触の【欠如】である。

 テレビの【存在】が積極的な害をもたらすと本当に信じるならば、大人もテレビを見るべきではないことになるが、そのような主張はあまりないようだ。

 人との接触がすでにある程度確保されているなら、従来テレビを見ていた時間にテレビを消したからといって、より退屈になるだけである。知能に悪影響はあっても良い影響があるとは考えられない。

 テレビを消した分の時間が全て(他人との遊びのような)より情報密度の高い活動にあてられるなら、もしかするともしかするだろうが、少なくとも一般家庭では、そんな条件はありえないだろう。

バイアスは大きく「悪い」側にかかっている

 もうひとつ重大な要素がある。

 テレビの世帯普及率を調べてみよう。1955年以前はほぼゼロだ。

 そして、現在偉い学者というのは大抵50代〜60代の老人である。主に働いているのがもう少し下の世代であったとしても、彼らの仕事を評価するのは結局その上の世代だ。

 つまり現在の偉い学者は幼児の時テレビを見ていない。

 偉い学者にとって、テレビが幼児教育に悪いということは自分は後の世代より賢いということに等しく、テレビが幼児教育に良いと認めることは、自分は後の世代よりバカだと認めることに等しい。

 そして「自分が育ってきた環境が知的教育に悪いと認める教育学者」など、「自分の属する人種は知能が劣っていると主張する人種差別主義者」と同じぐらい稀だと考えられる。

 たとえ本当の正解がどうだったとしても、今現在の偉い学者からのテレビの評価には、悪い方に極限までバイアスがかかっている*1ことを割り引かなければならない。

*1:ただし今後このバイアスは急速に消えていくことが予想される。

by 木戸孝紀 tags:

2013 12/14

SlingBox 350 スリングボックス350 SMSBX1H111【日本語サポート対応正規品】【2年保証付き】

 海外に住むことになる親類のために設定したのだが、なかなか便利だ。当面ないと思うが、もし自分が海外に住むことになったら買おう。

 簡単に使えるように頑張っていると思うが、やはり設定にはそれなりのIT勘が必要。現時点で年配以上の人が自分だけで設定・運用するのは少し厳しいかもしれない。

参考リンク

by 木戸孝紀 tags:

2013 8/26

『エクスペンダブルズ』 3/10

 スーパーハリウッドアクション役者大戦。

『プラダを着た悪魔』 9/10

 テレビ視聴。面白い。

『バスケットボール・ダイアリーズ』 6/10

 レオナルド・ディカプリオのヤク中演技がなかなか。

『Mr.&Mrs.スミス』 5/10

 テレビ視聴。ありがちだが無難。

『ミッション:8ミニッツ』 6/10

 そこまで素晴らしいとは言えないが、予算比ではなかなかの名作だと思う。『月に囚われた男』と同監督と聞いてさもありなん。

『自虐の詩』 4/10

 テレビ視聴。頑張ってるけどこれは原作漫画を読んだ方がいいと思う。

『ルーパー』 6/10

 いろいろ惜しい佳作。予算比ではかなり頑張ってる方だと思う。

『パシフィック・リム』 7/10

 誰かの言ってた「200億円かけたロケットパンチが見られただけで満足」という台詞がすべてを物語っている感じ。

by 木戸孝紀 tags:

2013 5/19

 行ってきた。結構並んだが、展示には大満足。

 死ぬほど既出だろうけど、どうしてもアンサイクロペディアの例の項目を連想してしまった。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2012 8/8

TOSHIBA 3D対応LED REGZA 42V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 42ZG1

 これまでテレビはPCのモニタに繋いだチューナで済ませていたが、そうも行かなくなったのでテレビを買った。

 ちなみに91,000円也。録画用のHDDを含めても10万ちょっと超える程度。これだけのものを作って売上10万では、電機メーカーが大赤字になるわけだ。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2011 2/15

TOSHIBA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー ワンセグ録画・外付けUSBハードディスク録画対応 D-TR1

 ひかりTVのモニターに加入していた一時期を除き、ずっとテレビのない生活を送ってきて、特に何の問題もなかった。

 しかし、引っ越しの際に調べ直したら、マンションの共同アンテナで、特に追加料金なしに地上波デジタルだけは受信できるようだ。

 なら、NHKスペシャルでいいのがあったときとか、英会話関係の教育番組とか、録画して見てみようかと思う。PCのモニタに表示させようとチューナーだけ購入した。初めてなので、カカクコムでトップになっていたのを特に考えなしに買ったが、いい感じ。
玄人志向 3.5型HDDケース SATA接続 電源連動 USB2.0対応 マットブラック GW3.5AA-SUP/MB

 録画には、前のPCから引っこ抜いた1TBのHDDを外付け化して、それを使用。長期保存する気はないので、十分すぎるほど録画可能。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2007 9/1

(本文とは無関係)

 というニュースタイトルを見かけて思わずギョッとしてしまった。レイザーラモンHGがトラックを全力疾走している画が脳裏に浮かぶのは私だけではない……と思う。

 いつだったかNHK衛星第一をなんともなしにつけていたらいきなり「エタ*1撲滅のための市民集会が開かれました」というアナウンスが耳に飛び込んできて、思わず自分の正気を疑ったことがあるが、それに次ぐぐらいの衝撃度だった。

 これだけだと単なるネタみたいだが、私は、こういう音韻上の誰にも予測できない偶然の一致あるいは不一致がどういう影響をもたらしうるかということには結構真面目に興味がある。機会があれば何か書いてみたい。

*1:スペインのETA = Euskadi Ta Askatasuna = バスク祖国と自由。

おまけ

 これは本当にMAD。朝青龍ネタは今聞くとシャレになってないなあ……。

by 木戸孝紀 tags:

2006 10/2

Teletubbies - Here Come the Teletubbies / TV Show

 たまに自分でもなんでもないと思っているはずのものに衝撃を受けることがある。

 何かの拍子に思い出した話だが、何年か前にテレビをつけっぱなしにしていたらたまたまテレタビーズをやっていた。見るともなしに見ていたら、あるシーンで突然頭をガーンとぶっ叩かれるようなショックを受けた。

 それはどんな場面かというと、赤ん坊の顔がはめ込まれた太陽が赤ん坊の声でキャッキャッっと笑っているだけの場面である。リンク先の画像拡大版(それでも小さいが)を見ていただければだいたいイメージは掴めると思う。

 で、だから何かと言うと、本当にそれだけである。

 なんでそんなに衝撃を受けなければならないのかは自分でも説明できないのだが、おそらくカルチャーギャップというものだろう。日本では絶対ない発想だと思う。

 振り返ってみると、日本では太陽のイメージは「お天道様」であって、擬人化されるときはほぼ確実に成人男性だった。女性の例は天照大神がすぐ上げられるだろうが、少なくとも子供や赤ちゃんというのは見たことがない。

 とはいえ、すぐに参照できそうな実例はDr.スランプアラレちゃんぐらいしかない。というわけで興味があるのはこの辺。

  • テレタビーズのような“赤ちゃん太陽”は欧米でも例外的な存在なのかそうではないのか?
  • 日本で“女性太陽”“子供太陽”“赤ちゃん太陽”はあるか? あるとしたら比率はどのくらいなのか?

by 木戸孝紀 tags: