2017 6/25

『Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語』★★★

 石川洋資著、西山勇世著。自分で使うあては当面ないが。Scalaで見覚えある機能が多く、普通にアプリ作るのにこれ使えるなら、いいなあ、という印象。

『自己変革するDNA』★★★

 太田邦史著。ビジネス系自己啓発本と間違われそうなタイトルだが、これは文字通りに生物のDNAの本。結構面白い。

『イノベーションはなぜ途絶えたか ──科学立国日本の危機』★

 山口栄一著。

『失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織』★★★★

 マシュー・サイド著。今や見慣れた内容な気もするが、啓蒙書としてまとまり良い。

『ソシオパスの告白』★★★

 M・E・トーマス著。自らソシオパス(サイコパス)を名乗る人の本。この本自体に演技が入っていることは確実であろうことから、引いて読む必要はあるかも知れないが、面白かった。

『戦争にチャンスを与えよ』★★

 エドワード・ルトワック著。放言オヤジの無茶苦茶と言えばそれまでなのだが、ただの無茶苦茶ではなく、真理の一面に考えを向けさせる、価値ある無茶苦茶ではあると思う。

『六三四の剣』★★★★★

 村上もとか著。古いのはどうしようもないけど、これはおもろいわ。

『脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術』★★★★★

 樺沢紫苑著。個別には知ってることばかりなのだが、著者のYoutube見て「こんな胡散臭いおっさんにできてることが私にできないなんて許せん!」と一念発起して、ついに朝型化に成功したので、悔しいけど星5つ。いわゆるゲーム脳の人に好意的な記述があるのは残念。

by 木戸孝紀 tags:

2013 12/16

『あんぱんまん』★

 やなせたかし著。もちろん訃報から。

『動物の言い分 人間の言い分』★★★★★

 日高敏隆著。この手の本は結構読み慣れているはずだが、それでも相当面白かった。この方『ソロモンの指環』や『利己的な遺伝子』の訳者だったのか。今まで意識してなかった。不覚。

『ピーター・リンチの株の教科書―儲けるために学ぶべきこと』★★★

 ピーター・リンチ著、ジョン・ロスチャイルド著。原題”LEARN to EARN: A Beginner’s Guide to the Basics of Investing and Business”(稼ぐために学ぶ:投資とビジネスの基礎の初心者用手引き)。

 邦題はややミスリーディング。直訳では硬すぎるとしても『ピーター・リンチの資本主義の教科書』の方が適切だと思う。中高生に読ませたいが、それ以上の人にもおすすめ。

『新版・図説種の起源』★

 チャールズ・ダーウィン著、リャード・リーキー編集。以前おすすめした気になっていたがしてなかったので。種の起源そのものを今読むのは色々な理由でおすすめできないのでこっちで。

『大いなる探求 経済学を創造した天才たち』★

 シルヴィア・ナサー著。ケインズのあたりだけちょっと面白かった。

『自然を名づける―なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか』★

 キャロル・キサク・ヨーン著。面白いが、信じてしまうと問題のある間違いが複数あるのでshorebird先生の書評を先に読んでおくことをおすすめ。私が気になったところは全て指摘されている。

『翻訳がつくる日本語―ヒロインは「女ことば」を話し続ける』★

 中村桃子著。面白い。

『超ひも理論を疑う―「見えない次元」はどこまで物理学か?』★

 ローレンス M.クラウス著。内容は普通にいいが、邦題がトンチンカンすぎる。原題を直訳すると『鏡の中に隠れたもの―代替現実の探求、プラトンから弦理論へ、不思議の国のアリス・アインシュタイン・トワイライトゾーンを通して―』。内容もその通り。どうしてこうなった!?

『戦争に強くなる本 入門・太平洋戦争―どの本を読み、どんな知識を身につけるべきか』★

 林信吾著。これも題がミスリーディング。内容を表すのは「入門」以降だけでよい。

『ブッダ入門』★★★★★

 中村元著。読みやすいのにすごく面白い。さすがとしか言いようがない。

by 木戸孝紀 tags:

2013 3/27

原子爆弾―その理論と歴史 (ブルーバックス)

 あまり時間的に余裕がないので、また没ネタ掘り起こし。

 を読んでいてタイトルのような表現が頭に浮かんできた。

 まあ戦争が外交の延長であるということを認める人には、ほとんどトートロジーであろうが、一言で要点を記憶するにはいいのではないか。

by 木戸孝紀 tags:

2011 3/5

ロボット兵士の戦争

 『戦争請負会社』『子ども兵の戦争』の著者P・W・シンガーの本。面白い。これはかなり面白いぞ。

 米軍無人機の活躍を見ることはもはや珍しくもなくなっているが、誰の想像も及ばぬほどのスピードで変化していく戦争の現在と未来。

  • 第一部:私たちが生み出している変化
  • 第二部:変化がもたらすもの

 と分けられているが、第一部の方が面白いかも。

 現実の面白さもさることながら、著者のSF知識も相当のもので、ちょっとした小ネタも面白い。軍事やSFに関心のある人は是非。

おまけ

 DARPAの話多し。

by 木戸孝紀 tags:

2010 12/26

パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]

 町山智浩のポッドキャストで知って観たいと思っていたもの。結論から言うとすごく良かった。

 蛙のあたりまでは正直なんだこれと思ってたが、どんどん良くなっていく。ダーク・ファンタジーという呼び方がこれほど相応しい映画もない。

 ファンタジーパートでは、どう見てもあの日本妖怪(?)なクリーチャーが、浮いてるけど異彩を放ってていい感じ。現実パートでは大尉の危険さの描写がたまらん、イングロリアス・バスターズのランダ大佐に近い感覚。

 広くおすすめするけど、ひとつだけ注意すべき点としては、完全に大人向け。PG-12だそうだが、そんなレーティングで大丈夫か? と心配したくなるグロさ、というか痛さ。

おまけ

 ダーク……はやめとくか。ラビリンス違い。(似てはいる。)

by 木戸孝紀 tags:

2010 11/24

子ども兵の戦争

  『ブラッド・ダイヤモンド』から連想して借りてきた少年兵問題の本。

 少年十字軍みたいな集団狂気や末期のヒトラーユーゲントみたいなヤケクソはあれど、あくまで例外であり、有史以来古今東西を問わず子どもが軍事に関わるのは常にタブーとみなされていた。

 しかし、今子供兵はかつてなく増えている。現代の紛争地域では、正規軍の装備や練度も大したことないし、狙いがソフトターゲットであることも多く、軽くて取り扱いの容易なAK-47一挺持った子どもで十分役に立ってしまうのだ。

 それどころか、誘拐・洗脳で簡単に徴集できるし、死の概念が未発達なので死を恐れず、自爆も辞さないし、報酬も欲しがらない。敵も見落としたり躊躇したりするし、むしろ大人より都合が良かったりする。

 どう見ても最悪の人権侵害だし、地域の復興にも大変な障害となるが、公式にはいないことになっているので皆存在を否定するし、すぐに死ぬか成長していなくなってしまうので、なかなか目に入りにくくなってしまっている。

 うーむ、大体知っているつもりだったが、改めてひどい話だ。非常におすすめ。私が一点強調するとしたら、人間は「合理的」でインセンティブ次第で何でもやるのだ、ということかな。

参考リンク

おまけ

 小さな大量破壊兵器つながり。

by 木戸孝紀 tags:

2010 3/7

本当の戦争―すべての人が戦争について知っておくべき437の事柄

 こういう「冷静な頭と温かい心」的な感じは好き。そでより。

戦場特派員として、15年にわたり、中南米、アフリカ、中東、バルカン半島など、世界中の紛争地をかけめぐって報道してきた前線記者が、豊かな経験を活かし、戦争とはなにかをQ&A方式で事細かに示したのが本書である。

現代の強力な武器や爆発物が、命を奪うだけでなく、人間にどんな傷を残すのか。現役の兵士や退役軍人、さらには医師、心理学者などに取材を重ねて、できるかぎり現実の戦争の状況をダイレクトに伝える内容になっている。戦争終了後も、戦闘員や民間人たちは、肉体的・精神的に深い傷を負って一生苦しむ、それらは目に見えない傷である場合も多い。

戦争を知ることは、われわれの暴力性・残虐性と向き合うことである。私たちは戦争にまつわるロマンティックなイメージを信じ込むのではなく、そこで起きていることの真実を知る必要がある。それは自分たちが戦場に送り込む者たちに強いている犠牲を、はっきりと意識することでもある。民主主義の世界では、有権者は戦争の正確な代価を把握していなければならない。

映画やマスコミによって流されるイメージとはまったくちがう、本当の戦争とはどんなものなのか。戦争は恐ろしい。そして常に悲惨だ。何世代もが大きな傷を負う。私たちは戦争がもたらすものを知らなければならない。それを怖れなければならない。

参考リンク

関連エントリ

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2009 12/6

『イングロリアス・バスターズ』映画大作戦! (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

 正直クエンティン・タランティーノはそんなに好きではなかった。嫌いだったと言っても過言ではない。それでもこれはやられた。ハマりすぎ。

 ちょうど山口貴由の『シグルイ』を初めて読んだときとか、岩明均の『ヒストリエ』を初めて読んだときのような、後から考えると最初からこれしかなかったように思えてしまうハマりぐあい。

 タランティーノと言えば何だ? マンガチックな演出だ。そして、ナチというのは、そもそもとてもマンガチックな存在だ。*1

 タランティーノと言えば何だ? 暴力と残酷シーンだ。そして、そもそも戦争ほど暴力的で残酷なものがあるか。

 タランティーノと言えば何だ? 緊張感のあるセリフのやりとりだ。そして、そもそも人間狩りやスパイの尋問よりも緊張感のあるセリフのやりとりなんてありうるか。

 個人的にたった1つの問題はブラピ。ブラピの演技は悪くなく、むしろ最高だったので彼の責任とは言えないのだが、彼が画面に出るたびにどうしても「ああ、ブラピだなあ。これはハリウッド映画なんだ。」と一瞬現実に引き戻されてしまうのだ。

 ついでにもう一つ個人的な感想を言わせてもらえれば、悪役スキーとしてランダ大佐がたまらない。近年希に見るインパクトのある映画の悪役キャラではあるまいか。

 R15+指定で、それ総統相当のグロシーンは確かにあるが、そこがクリアできるすべての人に絶対おすすめ。

*1:もちろん、ナチズムや優生学というのは当時の科学水準からするとそれなりの論理的整合性があったのであり、見くびりすぎるのは危険だという話はできるのだが、それはそれで別の話として。

おまけ

by 木戸孝紀 tags: