2018 4/22

『Goならわかるシステムプログラミング』★

 渋川よしき著。最初の一冊には向かないけど、いい。

『消費資本主義!: 見せびらかしの進化心理学』★★★★★

 ジェフリー・ミラー著。素晴らしい。shorebird先生のところで大まかな内容を知っていたにも関わらず詳細も大変面白かった。

『気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法』★

 百武正嗣著。『キレる私をやめたい』で知った。若干スピリチュアルというかオカルティックな領域に踏み込んでるような気もして100%首肯はできないが、面白い。

 私にはこれも自己欺瞞の話に見えてくる。自己欺瞞という概念が確立していない時代から経験的に積み重ねられた、自己欺瞞を脱するためのテクニック集、というか。

『夫に死んでほしい妻たち』★

 小林美希著。夫婦で読んだ。

『かさぶたくん』★★★★★

 やぎゅう げんいちろう著。子供がなぜか無茶苦茶ハマって一ヶ月近く毎晩読んでた。

『おへそのひみつ』★★★

 やぎゅう げんいちろう著。こっちもかなり。

『文明の接近』★★★

 エマニュエル・トッド著。識字率やその他のデータから判断すれば、イスラム特殊論には根拠がないという話。なかなか面白い。ビント・アンム婚という概念を初めて知った。

『帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕』★

 エマニュエル・トッド著。こちらもそれなりに。アメリカに悲観的すぎ中国やロシアに甘すぎるように思えるが、フランスの左派としては普通なのか。

by 木戸孝紀 tags:

2016 12/1

『やりとげる力』★★★★

 スティーヴン・プレスフィールド著。なんか独特の勢いのある自己啓発書。ちょっとアブない感じすらする。

『よぶこどり』★

 浜田広介著、いもとようこイラスト。『宇宙家族カールビンソン』の元ネタと聞いて。

『進化は万能である: 人類・テクノロジー・宇宙の未来』★★★★

 マット・リドレー著。内容はかなりいいのになんたるクソ邦題。原題”The Evolution of Everything”なんだから『万物の進化』でいいだろ。様々なトピックにおいてトップダウンアプローチとボトムアップアプローチを対比し、後者を称揚する本。人口問題に関する11章は白眉。

『数学的な宇宙 究極の実在の姿を求めて』★★★★

 マックス・テグマーク著。数学的宇宙仮説の人。インフレーション宇宙論の概説や、著者が関わってた宇宙背景放射の研究史はとても良かったけど、そこから先はSF者なら考えたことあるようなことばかり。まあこっちがオリジナルなのかも知れんが。でも総合的には十分おすすめ。

『信長』★

 池上遼一著、工藤かずや著。Kindle Unlimited対象で読み放題だったので。池上遼一で信長って……。なんかシュール。コピー大杉。

『オークション・ハウス』★

 叶精作著、小池一夫著。これもKindle読み放題だったので。強引な美術ネタに意味不明なエロが加わってとんでもねえカオスと化していく。○○○ーが生きてるのはよくあるけど、なおかつ拳法で襲ってくるのは初めてだ。小池一夫氏のTwitter人気が、ちょっと腑に落ちた気がする。

『数学者たちの楽園: 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち』★

 サイモン・シン著。『ザ・シンプソンズ』にそんな要素があるとはちっとも知らなかったぞ。内容は面白い。シンプソンズを観たことないので元ネタがわからず、十分楽しめないのが少し残念。

『この世界の片隅に』★★★★

 こうの史代著。著者の作品自体初めてだが、確かにすごいと思う。映画未見だが、観に行きたい。

by 木戸孝紀 tags:

2015 5/1

『アイリウム』★

 小出もと貴著。飲んでから一定時間後に、飲んでからその時までの記憶を失う(主観的には未来にワープする)薬をテーマとしたショートショート集。ちょっと面白い。

『系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史』★

 長谷川政美著。『祖先の物語』に似てる。

『知のトップランナー149人の美しいセオリー』★★★★

 企画の性質上、当然玉石混淆ではあるけど、かなり面白い。Edge.orgにも興味が出てきた。

『セックスと恋愛の経済学: 超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気授業』★

 マリナ・アドシェイド著。すごく目新しい知見はないし、いくつか明らかにおかしいところもあるけど、面白い。

『2次元より平らな世界―ヴィッキー・ライン嬢の幾何学世界遍歴』★

 イアン・スチュアート著。フラットランドファンなので外せなかった。目論見は成功しているとは言いがたいけど。

『天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々』★

 メイソン・カリー著。当たり前だけど「銀の弾丸はない」ってことが教訓かな。

『人類が知っていることすべての短い歴史』★

 ビル・ブライソン著。普通にいい啓蒙書。個々には浅いので中高生向け?

『暴力の人類史』★★★★★

 スティーブン・ピンカー著。shorebird先生の読書ノートで内容は知っていたが、やはりすごい。記念碑的大著。

『りんごかもしれない』★

 ヨシタケシンスケ著。本屋で立ち読みした絵本。なんかおもろい。

by 木戸孝紀 tags:

2013 12/16

『あんぱんまん』★

 やなせたかし著。もちろん訃報から。

『動物の言い分 人間の言い分』★★★★★

 日高敏隆著。この手の本は結構読み慣れているはずだが、それでも相当面白かった。この方『ソロモンの指環』や『利己的な遺伝子』の訳者だったのか。今まで意識してなかった。不覚。

『ピーター・リンチの株の教科書―儲けるために学ぶべきこと』★★★

 ピーター・リンチ著、ジョン・ロスチャイルド著。原題”LEARN to EARN: A Beginner’s Guide to the Basics of Investing and Business”(稼ぐために学ぶ:投資とビジネスの基礎の初心者用手引き)。

 邦題はややミスリーディング。直訳では硬すぎるとしても『ピーター・リンチの資本主義の教科書』の方が適切だと思う。中高生に読ませたいが、それ以上の人にもおすすめ。

『新版・図説種の起源』★

 チャールズ・ダーウィン著、リャード・リーキー編集。以前おすすめした気になっていたがしてなかったので。種の起源そのものを今読むのは色々な理由でおすすめできないのでこっちで。

『大いなる探求 経済学を創造した天才たち』★

 シルヴィア・ナサー著。ケインズのあたりだけちょっと面白かった。

『自然を名づける―なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか』★

 キャロル・キサク・ヨーン著。面白いが、信じてしまうと問題のある間違いが複数あるのでshorebird先生の書評を先に読んでおくことをおすすめ。私が気になったところは全て指摘されている。

『翻訳がつくる日本語―ヒロインは「女ことば」を話し続ける』★

 中村桃子著。面白い。

『超ひも理論を疑う―「見えない次元」はどこまで物理学か?』★

 ローレンス M.クラウス著。内容は普通にいいが、邦題がトンチンカンすぎる。原題を直訳すると『鏡の中に隠れたもの―代替現実の探求、プラトンから弦理論へ、不思議の国のアリス・アインシュタイン・トワイライトゾーンを通して―』。内容もその通り。どうしてこうなった!?

『戦争に強くなる本 入門・太平洋戦争―どの本を読み、どんな知識を身につけるべきか』★

 林信吾著。これも題がミスリーディング。内容を表すのは「入門」以降だけでよい。

『ブッダ入門』★★★★★

 中村元著。読みやすいのにすごく面白い。さすがとしか言いようがない。

by 木戸孝紀 tags:

2013 11/11

『すすんでダマされる人たち ネットに潜むカウンターナレッジの危険な罠』★

 ダミアン・トンプソン著。欧米の事例ばかりだが悪くない。『1421』というトンデモ本については存在自体を初めて知った。日本ではそんなに知られていないのかね?

『世紀の相場師ジェシー・リバモア』★★★★

 リチャード・スミッテン著。まず単純に伝記としても面白い。投資の参考になる話もあるし、贅沢ぶりとか家族のスポイルぶりとか破滅ぶりの反面教師としても最高。一粒で三度美味しい感じ。

『相場師一代』★★★★

 是川銀蔵著。東証Project経由。もちろんある程度は盛っているのかも知れないが、思わず笑っちゃうぐらい波瀾万丈の人生。私とリバモアとかこの人では、絶対に脳の遺伝子に違いがあると思う。たとえ長者番付に載れるとしても絶対真似できん、というかしたくない。

『ミンスクのにわとり―やわらかな発想を養う100問』★

 ユーリ・B・チェルニャーク著、ロバート・M・ローズ著。よくある数学クイズ本ともいえるが、物理が混じってるのとロシアジョークと結びついているのが特徴的。

『「銅メダル英語」をめざせ!~発想を変えれば今すぐ話せる~』★★

 林則行著。投資の本が良かったので著者つながりで。読む書く話す聞くのうち、話すが一番簡単など、既成観念を崩される部分多し。

『「超」勉強法』★★★★

 野口悠紀雄著。三語にまとめると「面白いことが大事」「全体から部分へ」「8割主義」。言い換えれば「モチベーション」「インターレース」「パレートの法則」。概ね同意だが、子供の頃に読みたかった。並べた2冊は補足程度に。

『株でゼロから30億円稼いだ私の投資法―大株主への道こそ株式投資の本道』★

 遠藤四郎著。やや古い本であり、今日の状況に適用することはできないが、時代が違っても変わらない心構え等の部分だけ有益。

『テンバガーを探せ! 10倍儲かる低位株投資術』★

 鮎川健著。上の本の現代版がこれになる……のかな?

『ファンドマネジメント―マーケットの本質と運用の実際』★

 山崎元著。個人向けの良い本をよく出している方。プロはこういうことまで考えないといかんのね、という参考程度に。

『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』★

 山口揚平著。『なぜか日本人が知らなかった新しい株の本』が良かったので著者つながりで。タイトルにもなっているピカソのエピソードは非常に面白かったが、それ以外はややありがちな感じ。

『みけねこキャラコ』★★

 どいかや著。絵本。なんか好き。

『無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい』★★★

 松井忠三著。カンブリア宮殿経由。マニュアルというものへの認識がちょっと変わったかも。

『オニールの成長株発掘法【第4版】』★

 ウィリアム・J・オニール著。これをうんと圧縮して日本に適応させれば『伝説のファンドマネージャーが教える株の公式』に近くなるかも。こちらは大部なので、読むならまずそちらからおすすめ。

『ラ・ロシュフコー箴言集』★★

 ラ・ロシュフコー著。何で知ったか忘れたが、なかなか濃い。

by 木戸孝紀 tags:

2011 6/16

しんはつめいじどうぽちぽちき

 で探していた本だが、たまたまAmazonの中古で売っているのを見かけたので思わず買ってしまった。

 絵はまったく忘れてしまっていたが、ストーリーは記憶にあったものと寸分違わず同じだった。

 わずかに違ったのは、新聞広告は『一番多かった予想をした人の中から抽選で賞金を出す』というものだったこと。『一番多かった予想の通りに作ったのだ』というのは、発売後に主人公の父親が言ったことだった。ちなみに、装置を売り出す会社は「銀河科学産業株式会社」だった。

 しかし、絵を完全に忘れてもここまで細かくストーリーを覚えていたということは、よほど印象が強かったのだろう。今読んでも面白いと思う。

おまけ

 関係ないけど主人公すごいリーゼント。

by 木戸孝紀 tags: