2011 1/30

(本文とは無関係)

 という某氏のつぶやきから思い出した話。

 むかし星新一で、一行で要約するなら、

  • 悲しい歌を作らせて鑑賞するためだけに虐げられている星

 というショートショート*1があって、ずいぶん長い間悩んだ記憶がある。

 悲惨とか不正からしか生まれ得ない芸術というものはあるのか? あるとしたらそれを求めるべきなのか? あるいはそれを求めることは許容されるのか?

 現時点での私の答えは

  • 「あるかもしれないが、その不幸は仮想で足る」

 というものだ。

 芸術は基本的に無駄・余裕*2・多様さの誇示であり*3不幸や悲惨は常に、相対的には不足で単純なものだから*4「現実の」悲惨や不正のみからしか生まれえない芸術というものは、おそらく、ない。

 誰かが指摘していたことだが*5アンクル・トムの小屋』を書いたのは小柄な白人女性なのだ。虐げられている黒人奴隷ではなく。

*1:タイトルと収録されている本が思い出せないので、情報希望。
*2:物質的なものとは限らない。
*3:この辺り興味のある人はジェフリー・ミラーの『恋人選びの心』『Spent』を参照。
*4:参考:「市民、あなたは幸福ですか?」
*5:この話とは全く関係ない文脈だったはずだが、これも出典忘れた。知っている人がいたら情報希望。

おまけ

 TASさんて絵もうまいんですね(棒読み)。

by 木戸孝紀 tags:


コメントする

この記事へのトラックバック

 http://tkido.com/blog/3816.html/trackback