2017 2/24

『ホワット・イズ・ディス?:むずかしいことをシンプルに言ってみた』★

 ランドール・ マンロー著。非常に簡単な単語だけで難しいことを説明する。この人らしい皮肉も効いてる。あと、とてもでかい(物理的に)。

『ベルサイユのばら』★★★

 池田理代子著。妻経由。実は初めてちゃんと読んだ。歴史に残るだけのことはある。

『分断されるアメリカ』★★★

 サミュエル・ハンチントン著。竹中正治氏のfacebookで見て読んだ。確かに、トランプ後に読むと示唆的に思えてくる。

『米中もし戦わば 戦争の地政学』★★★

 ピーター・ナヴァロ著。原題”CROUCHING TIGER”((飛びかかろうと)かがむ虎)これも竹中正治氏のfacebook見て読んだ。邦題は的外れではないが、やや煽り気味。

『逃げるは恥だが役に立つ』★★★

 海野つなみ著。ドラマ未見。意外に面白い。

『ダンジョン飯 4巻』★★★★

 九井諒子著。やっぱり面白い。

『シュガシュガルーン』★

 安野モヨコ著。妻経由。安野モヨコって大人向け専門かと思ってた。

『天と地の守り人 第1部 ロタ王国編』★★★★

 上橋菜穂子著。最終章第1部? 「帝」がわかりやすい悪役すぎるのがちょっとひっかかるが、変わらぬ面白さ。

by 木戸孝紀 tags:

2016 11/1

『母がしんどい』★★

 田房永子著。『キレる私をやめたい』がよかったので。そりゃこんな母だったらしんどいやろな。

『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方』★

 五百田達成著。ありがちだけどわかりやすくていいのでは。内容には関係ないが五百田(いおた)という名字初めて聞いた。

『SOFT SKILLS』★★★★★

 個別には特別すごいと思った話はないが、全体として過去に類例のない感じの本でとても面白かった。プログラマには是非おすすめ。

『習慣の力』★★★★

 チャールズ・デュヒッグ著。『SOFT SKILLS』で紹介されていたので読んだ。終盤ちょっと話が広がりすぎる感あるけど、啓蒙書としても実用(自己啓発?)書としても、かなりいいと思う。

『ネオ寄生獣』★

 萩尾望都『由良の門を』以外はそこまでは印象に残らず。しかしそれだけでも価値あり。

『人はなぜ格闘に魅せられるのか――大学教師がリングに上がって考える』★★

 ジョナサン・ゴットシャル著。良い。内容は例によってshorebird先生にお任せ。

『物理学者はマルがお好き』★★★

 ローレンス・クラウス著。『宇宙が始まる前には何があったのか?』から著者つながりで。いい啓蒙書。

『行動経済学の逆襲』★★★

 リチャード・セイラー著。ナッジの人。行動経済学そのものの部分は既知だが、それ以外の自伝的部分が面白かった。

『蒼路の旅人』★★★★

 上橋菜穂子著。最終シリーズ開幕? って感じ。かなり面白い。

by 木戸孝紀 tags:

2016 10/1

『ダンジョン飯』★★★

 九井諒子著。3巻。まだまだ面白い。

『ナナのリテラシー』★

 鈴木みそ著。Kindle Unlimitedで鈴木みそのがいっぱいあったのでいくつか読んだが、薦められるのはこれだけかな。時事的なのですでにちょっと話題は古いが。ガチャ関係でたまに見る「脳内麻薬で留めることが大事だ」のページの元ネタってこれだったのね。

『カルチャロミクス;文化をビッグデータで計測する 』★★★

 エレツ・エイデン著、ジャン=バティースト・ミシェル著。こりゃおもろい。もっと早く読めば良かった。内容は例によってshorebird先生にお任せ。

『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』★★

 ランドール・ マンロー著。これも存在は知ってたが、今まで読んでなかった。こういう真面目に馬鹿をやる感じ好き。

『アメリカの真の支配者 コーク一族』★

 ダニエル・シュルマン著。面白かった。原題”Sons of Wichita: How the Koch Brothers Became America’s Most Powerful and Private Dynasty”(ウィチタの息子たち:コーク兄弟はどのようにしてアメリカで最も強大でプライベートな王朝となったか)。邦題はいまいち。

『永遠の終り』★★★

 アイザック・アシモフ著。何かで思い出した。初めて読んだのは大昔。今読むと古さは否めないけど結構好き。

『宇宙が始まる前には何があったのか?』★★★

 ローレンス・クラウス著。宇宙論系。単独でこれという新しい知見はなかったが、いい。

『多世界宇宙の探検』★★★

 アレックス・ビレンケン著。上ので思い出した。初めて読んだのはだいぶ昔。

by 木戸孝紀 tags:

2016 9/1

『東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 弐』★

 ZUN他著。東方雑誌2番目。まだ「お布施と思って」レベルか。

『ストーナー』★★★★★

 ジョン・ウィリアムズ著。確かに地味な小説のはずなのに、なんとも面白い。自分も所帯持ちとなったからか、うまくいってない家庭の描写とか、なんか鬼気迫る感じ。

『濃縮メロンコリニスタ』★

 ニャロメロン著。独特のギャグセンス。Kindle Unlimitedでも読める。

『星界の紋章』★★★

 森岡浩之著。名前だけ知ってた古典。1-3巻まで読む。別タイトルで続きがあるようだが、とりあえずここまでで一区切りらしい。いろいろ尖ってて古典になるだけのことはあると感じる。

『女帝』★★★★★

 倉科遼著、和気一作画。名前だけ聞いたことあったので、Kindleの90%OFFセールで期待せずに買った。一言で表せば「R-18の朝ドラ」。中だるみするところもないではないが、非常に面白かった。

『キレる私をやめたい~夫をグーで殴る妻をやめるまで~』★★★

 田房永子著。『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』からの連想。結構面白い。他のも読んでみようか。

『幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII』★★

 岸見一郎著、古賀史健著。前著が面白かったので。やはり自分には「自己欺瞞という非常に重要なテーマに関する、一昔前の惜しい解釈」と映る。自己啓発として有効かどうかは別問題として。

『国民クイズ』★★★★

 杉元伶一著、加藤伸吉著。大学生の頃読んだ覚えがある。Kindle Unlimitedで読み直した。もう時代も違うし難点は多いけど、一度は読んで損なしと思う。

by 木戸孝紀 tags:

2016 7/1

『研究不正 – 科学者の捏造、改竄、盗用』★

 黒木登志夫著。流行り(?)もの。いいんじゃない?

『ザ・セカンド・マシン・エイジ』★

 エリック・ブリニョルフソン著、アンドリュー・マカフィー著。ありがちな話題と内容だけど。これも流行りもの。

『記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック』★

 ドミニク・オブライエン著。興味深くはあるけど「曲芸」でしかないかもねえ。

『坂の途中の家』★

 角田光代著。妻経由。これも小説として面白いというより女性(母親)心理としてなんか参考になる。

『スターティングGo言語』★★★★

 松尾愛賀著。Go言語けっこう好きになれそう。プログラミング経験者のGo言語最初の一冊としておすすめ。

『競争優位で勝つ統計学 —わずかな差を大きな勝利に変える方法』★

 ジェフリー・マー著。面白そうな話題なのに、やや散漫。

『こじらせない離婚』★★★★

 原口未緒著。女性視点。どこかで著者の記事を見て。離婚する気なくても非常にいいこと書いてる。

『プログラミング言語Go』★★★

 Alan A.A. Donovan著、Brian W. Kernighan著、柴田芳樹訳。訳者のブログ経由。同著者の有名なC本同様、内容はいいけど取っつきにくい雰囲気。『スターティングGo言語』の方を先にどうぞ。

by 木戸孝紀 tags:

2016 4/18

『たんぽぽ娘』★★

 ロバート・F・ヤング著。表題作がやはり一番いい。魔夜峰央の短編でこれが元ネタになってるのがあったような。

『人体六〇〇万年史 上──科学が明かす進化・健康・疾病』★★

 ダニエル・E・リーバーマン著。個別にはすでに知ってる話ばかりのようだが、面白い。

『アメリカの世紀は終わらない』★

 ジョセフ・S・ナイ著。タイトルだけから大体再現できそうな順当な内容だけど。

『話しづらいけれど、話しておかないと後悔する相続と節税のこと』★★★

 川合宏一著、武石竜著、関岡俊介著。

『神の守り人』★★★★

 上橋菜穂子著。ここまでのシリーズ中では今ひとつながら、それでも十分面白い。

『量子力学で生命の謎を解く 量子生物学への招待』★★★★★

 ジム・アル-カリーリ著、ジョンジョー・マクファデン著。いや素晴らしい。個別には他で知ってる話もあったけど、この分野、短い期間にも大幅にアップデートされているんだねえ。

『ダーウィンの覗き穴――性的器官はいかに進化したか』★★★★

 メノ・スヒルトハウゼン著。面白い。内容はshorebird先生にお任せ。

『ブラックホール・膨張宇宙・重力波』★★★★

 真貝寿明著。重力波観測のニュースで何か一冊読んでみたいというニーズにちょうどいいかと。

by 木戸孝紀 tags:

2016 2/19

『反対進化』★★★★

 エドモンド・ハミルトン著。おもろい。古さは否めないけど、粒ぞろい。

『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する』★★

 橘玲著。タイトルが悪い。副題の方が内容を表すには正しい。進化心理学や行動経済学が好きな人にはもう当たり前の内容だけど、簡単なまとめとしてはいいのでは。

『だれもが偽善者になる本当の理由』★★★★★

 ロバート・クルツバン著。読んだの結構前だが、なぜか紹介を忘れてた。自己欺瞞と心のモジュール性に関する非常に重要な本だと思う。内容はshorebird先生にお任せ。

『イーロン・マスク 未来を創る男』★★★★★

 アシュリー・バンス著。会長のメルマガで話題が出てきたので読んだが、むちゃくちゃ過ぎて面白い。多少は話を盛ってるのかもしれんにしても。

『家庭モラル・ハラスメント』★★★★

 熊谷早智子著。うひいいいい怖い! 心当たりある人は勿論、ない人にもおすすめ。

『虚空の旅人』★★★★

 上橋菜穂子著。シリーズ4冊目。主人公が変わってるが安定したクオリティ。

『コンピュータは数学者になれるのか? -数学基礎論から証明とプログラムの理論へ-』 ★★★

 照井一成著。これもタイトルがやや誤解を招くもので、副題だけ見るのが正しい。内容は大変良い。このテーマで過去最高級だと思う。

『暴力の解剖学: 神経犯罪学への招待』★★★★★

 エイドリアン・レイン著。これはむちゃくちゃいい。必読。医学・犯罪学の啓蒙書としても、単に面白い読み物としても、生活や子育ての参考書としても、政策の提言としても、SFとしても(?)いずれも一級。

by 木戸孝紀 tags:

2016 1/25

『大脱出――健康、お金、格差の起原』★

 アンガス・ディートン著。ノーベル賞経由。とりわけ新しい知見はなかったが、いい。

『数学の大統一に挑む』★

 エドワード・フレンケル著。NHK経由。ちょっとクセがあるが面白い。

『惡の華』★★

 押見修造著。レンタルで全巻一気読み。アニメ未見。前半の変態大戦争は結構面白かったが、後半は狙いすぎて逆にありきたりみたいな。

『彼岸島』★★★★

 松本光司著。みんなお馴染み吸血鬼ギャグ漫画。自分は昔から立ち読みしてたが、今回なぜか妻に刺さって、改めてレンタルで全巻一気読み。

『0ベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる』★★

 スティーヴン・レヴィット著、スティーヴン・ダブナー著。『ヤバい経済学』コンビ。それにしては普通か。

『暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス』★★

 結城浩著。みんなお馴染み結城先生。

『仮想通貨』★★

 岡田仁志著、高橋郁夫著、山崎重一郎著。ようやくビットコインとかIT・ギーク界隈以外でも聞くようになってきたような。ビットコインの仕組みを少し詳しく知りたい人におすすめ。

『夢の守り人』★★★★★

 上橋菜穂子著。シリーズ3冊目。前2冊には微妙に劣る気がするが、それでも一級。

『紙の月』★★★★

 角田光代著。妻経由。小説としてすごく面白いかというと迷うが、なんか女性心理というか買い物依存症というか、色々理解の助けになった気がする。

by 木戸孝紀 tags: