2014 6/17

Xbox 360 250GB バリューパック【CEROレーティング「Z」】【メーカー生産終了】

 すでに一年以上使用していませんでしたが、子供が生まれたことでさらに当分使用しないことが決定的になったので、読者プレゼントにかけることにしました。

 購入は2012年12月。カオスヘッドノアぐらいしかやったおぼえがないので、ほとんど使用していません。ハードディスクの内容を消すために起動したので、動作は確認済みです。

 セット内容はAmazonで見られるもので間違いありません。Forza Motorsport 4 Essential Editionも入っています。ついてないのはコントローラの単三電池2本だけだと思います。

 Hulu 1ヶ月無料トライアルコード、SkyrimのDLコードも未使用です。ただし今でも有効かどうかは知りません。

 ハードディスクの内容はもちろん全部消しています。マイクロソフトアカウントへのデバイス登録は最初からしていないので、シリアル番号関連の面倒はないと思います。

 上の記事を読んでご応募ください。締め切りは6/25(水)までです。

by 木戸孝紀 tags:

2013 3/23

CHAOS;HEAD NOAH(カオスヘッドノア) Xbox360 プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】

 一周目終了までの感想。色んな意味で『STEINS;GATE』の前作だなあという気がする。

 ここからどう『STEINS;GATE』に繋がったか気になる人はプレイしてみるべきだと思うが、誰にでもおすすめできる感じではないかな。

by 木戸孝紀 tags:

2011 5/11

オレンジボックス【CEROレーティング「Z」】

 以前3D酔いで断念した『Portal』。

 その後もたまに聞く評判が非常に良いので、動画で見た。ゲームとしてのアイデアもSFとしての世界観も素晴らしかった。自分で初見プレイしたかった。

 それにしても、目から入る画像としてはなにも変わらないはずなのに、自分でプレイしてなければまったく酔わない。理屈では説明はつくが、不思議なものだ。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2011 1/18

Xbox 360 4GB + Kinect

 キネクトキター。方々で異常に評判がいいのでやってみたかったのだが、今の狭い部屋ではスペースの取りようもないので、諦めかけていた。

 しかし、CESの体験コーナーで新しいXbox360本体とKinect実物を見て、さらにちょっとやってみて、やはり無視できないと思った。

 「ユーザーインターフェースがウリの会社なのに、話題の新型UIデバイスに触っとかないのはまずいでしょう」と力説して会社で購入してもらった。まだ同梱サンプルのアドベンチャーをいくつかやっただけたが、やはり新鮮だなあ。

 手の動きだけで画面を操作するところは、まさにちょっと昔の映画『マイノリティ・リポート』みたいだ。いや、むしろ手袋が要らない分だけ若干上回っているかもしれない。こんなデバイスが普及して部屋のあちこちに埋め込まれだしたらリモコンなんてそのうち必要なくなるかもね。

おまけ

 なんとなく動きの模倣つながり。

by 木戸孝紀 tags:

2010 11/21

レッド・デッド・リデンプション【CEROレーティング「Z」】

 西部劇版グランド・セフト・オートと聞いて直感的に面白そうだと思ったので、プレイしてみた。

 GTAをちゃんとプレイしたことは一度もないが、動画などでそれなりに知っていて、確かにすごいゲームだと思っている。しかし、GTAには「犯罪」というテーマにつきまとう後ろめたさという重大な欠点がある。

 もっと盗みまくり奪いまくり射殺しまくって、なおかつ後ろめたくなければサイコーなのだが、そんなゲームはできないものだろうか?

 もちろん、これはあからさまに矛盾した要求であり、絶対に不可能に思える。GTAは盗みまくり奪いまくり射殺しまくるから楽しいのであり、盗みまくり奪いまくり射殺しまくるから後ろめたいのだ。この二律背反は宿命のようなものではないか。一体どうしろというのだ? 

 しかし、それは可能だった。舞台を現代の都市から、西部劇にしてしまえばいいのだ。真に優れた解答はしばしば、後知恵で考えると最初からそれしかなかったような当然のものに感じるが、まさにこれはそのような解答だ。

 西部劇だから銃を撃ちまくり悪党どもを射殺しまくって死体から金を分捕っても大丈夫。西部劇だから馬を盗んでかっ飛ばして人をはねてもそんなに気にしなくてよし。西部劇だからキャラに政治的にヤバそうなことを言わせてもやらせても大丈夫。

 時間が無限にあるものならゆっくり実況動画でも作ってみたいと思わせる良作であった。もちろんそんな暇はないのでほぼメインストーリーのみのクリアでやめるが。

 ここからは購入を考える人へのアドバイス。銃・馬・西部劇が好きで、アメリカの広大な景色の中を馬でパカパカ走り回って鹿でも撃ってれば幸せという全米ライフル協会的な人間には神ゲー。私は別にどれも好きではないが、それでも十分良ゲー。

 ローカライズはきちんとされているが、やはり洋ゲーは洋ゲー。ストーリーは和ゲーの基準では、あってないようなもの。クセの強いキャラ達の、ウィットに富んだ映画風の会話を楽しむのがメインと割り切るべし。

 ほんのアクセントとして牛を追ったり、列車に乗ったり、トロッコを押したりするものの、ほとんどは適当な理由で「ヒャッハー!人間狩りだー!」を繰り返すだけで、各種チャレンジ・ミニゲーム・やり込み要素もおまけ程度である。

 またメインストーリーでは主人公が善人固定なので、悪人プレイは「やろうと思えばできる」というおまけ程度のものと思った方が良さそうだ。GTA基準で悪行三昧したい、という人には向かないかもしれない。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2009 12/5

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(通常版)

 「ラ・ヨダソウ・スティアーナ」って何のことか説明できる人はXbox360ごと買ってでもやろう。できない人は無理かも。

 既存作品で一番近いのはやはり『Ever17』。あれが面白いと思った人はいける。逆にギャルゲフォーマットがどうしても駄目、という人は無理かも。

 「主人公が厨二病」というのが目立つ点なのでよく言われる。しかし、それは照れ隠しの演技にすぎず内面は普通の主人公属性だということがわりと早いうちにわかってくるので、あまり過剰に警戒する必要はないと思われる。

 眼の描き方が独特な絵だなあ、と思っていたら、ブラック★ロックシューターhukeさんだったようだ。一枚絵でたまにキャラがゆっくり化してるように見えたりするけど、「いわゆるアニメ絵」ではない画風は、独特の雰囲気作りに多大な貢献をしていると思う。

 こういう全員声ありのサウンドノベルは、どうしても誰か一人ぐらいは「こいつが下手なせいで……」と思うキャラがいて、結果的に声を切ってしまったりするものだが、今回は全くそういうことがなかった。全員とても上手い。

 特に主人公の演技は素晴らしい。調べたらデスノートの夜神月役の人らしい。アニメ見てないからバカヤロイドとしての活躍しか知らないが。

 とにかく全体的に非常に完成度が高かった。すぐに「ああ、ここはあの映画から、あれはこのゲームから持ってきたな」とか、どうしても考えてしまう私のような年寄りではなく、リアル中二にこそプレイしてもらいたい。

関連商品

おまけ

 OPムービー。未プレイの人は絶対にコメント非表示。

by 木戸孝紀 tags:

2009 11/14

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(通常版)

 『Ever17』並の完成度とか、やたら評判がいいので、事実上『デッドライジング』しか稼働したことのないうちのXbox360救済のためにもやってみることにした。

 最初twitterでやろうかと思ったけど、不特定多数にネタバレ全開していいのかという懸念があるのでここでやる。

 自分で後から見直す、もしくはすでにクリアした人が別人の感想を見るためのもので、プレイしていない人のことは全く想定していない。

(以後ネタバレ注意!)

»続きを読む

by 木戸孝紀 tags:

2009 10/5

オレンジボックス【CEROレーティング「Z」】

 自慢じゃないが、私は船酔い等の乗り物酔いには滅法強い。にも関わらず、3D酔いはする。

 上の紹介を見て面白そうだと思い買った『Portal』は、パズルゲームとしては非常に面白いと思ったが、3D酔いによる激しい頭痛に耐えられなくて断念した。残念無念。

 視覚と三半規管からの情報がずれることによって3D酔いが発生するのなら、船酔いなどには強い人の方が、かえって3D酔いしやすいという傾向があるのではないか……という仮説が浮かんだのだが、正しいのだろうか?

 ついでだが、Xbox360のワイヤレスコントローラは背中の電池ボックスのせいで握り心地が大きく犠牲になっているので、特にワイヤレスである必要がない人には有線の方をおすすめする。ちなみにUSB接続なのでPCでも普通にゲームパッドとして使える。

おまけ

 頭痛→頭がパーン

by 木戸孝紀 tags: