2007 6/30

 私の書いたものとして現在残っているものの中で一番古いノートには、どうもスーパーマリオブラザーズ*1のオリジナル面をデザインしようとしているとおぼしき落書きが残されている。

 年代から考えて幼稚園から小学一年生ぐらいの頃か。当時はただの妄想に過ぎなかったが、現在ではPCとエミュレーターの存在によって比較的容易に実現することが可能になっている。

 以前ニュースサイトで見ただけだが、マリオワールドについては専用のROM改造ソフトも出回っているそうだ。

 そんなわけでYOUTUBEやニコニコ動画にはマリオワールドだけでも数え切れないほどの改造ROMプレイ動画が出回っている。

 改造の方向性として、主にネタ系(お笑い)とガチ系(高難度)があるが、最近ガチ系でお気に入りなのがこのシリーズ。

 画像やBGMの変更に頼らない作者の構想力と、超難度エリアをクイックセーブなしで必死に突破していく友人のテクニックのぶつかり合いが下手なネタ系よりもよほど笑える。

*1:もちろんFC版。

by 木戸孝紀 tags:


“自作の改造マリオ(スーパーマリオワールド)を友人にプレイさせる”へのコメント 3

  1. 1. 木戸孝紀

    今11段来てた。

  2. 2. 木戸孝紀

    今最終回見てきた。面白いシリーズだった。

  3. 3. フェア

    私も最終回見てこよう……
    おまけを除く最期の2ステージは鬼でしたね。どんな環境でも慣れる友人に拍手

コメントする

この記事へのトラックバック

 http://tkido.com/blog/453.html/trackback