2015 9/23

ミネルバトンサーガ

 しんざきさんの素晴らしいエントリに便乗しないと一生書く機会がなくなりそうなので、ミネルバトンサーガに対して一言だけ。

 私がミネルバトンサーガの「世界の見せ方」で一番特徴的と考えているのは「開いた世界観」を持つところだ。

 この「開いた世界観」というのはオレオレ用語である。対義語の「閉じた世界観」の方がわかりやすいのでそちらから説明しよう。

 例をあげると、閉じた世界観のRPGでは、村人が自分の知らない「Aの町」の話をしたら、そのAの町がこれからどこかで出てきて、そこに行くことになるのだと確信できる。

 知らないアイテムの話題を見かけたら、これからどこかでそれを手に入れると確信できる。知らないモンスター、知らない神や魔王の名前を聞いたら、これからどこかでそいつらに会うと確信できる。

 そのようなものが「閉じた世界観」であり、「開いた世界観」はその逆である。知らない物事・場所の話題を見ても、それがゲームのどこかに登場するとは確信できない。

 ついでに言うと、世界の大きさそのものとは関係ない。とても広い世界でも閉じていることはあるし、とても狭い世界でも開いていることは(もちろん困難になるが)ありうる。裏設定の多寡とも直接関係はない。

 多少慣れた人ならすぐにわかるだろうが、閉じた世界観のRPGの方が圧倒的に普通であり、多数派である。

 そもそも全く悪いことではない。すなわち無駄がないということであり、プレイヤーを混乱させないということでもあるからだ。ドラクエなどは全て典型的かつ理想的な閉じた世界である。

 開いた世界観を、無駄な労力を費やして、プレイヤーに混乱や期待外れを強いるだけに終わらせないようにするのはとても困難だ。

 私がぱっと思い出せる範囲では、魅力的な開いた世界観を持つメジャーどころのRPGは、ロマンシング サ・ガ(初代)とオウガバトルシリーズぐらいしか存在しないように思われる。

 ミネルバトンサーガはファミコンRPGでおそらく最初の開いた世界観を持つRPGだと思われる。一番わかりやすい点をひとつだけ挙げると、ワールドマップの名前が「南オフェーリア」となっているが、北・西・東オフェーリアがゲーム内に出てくるわけではない。

 もちろん、やったことがない人には、無駄に1文字付け加えただけにしか思えないだろう。プレイしていると、どこかでそれが魅力的に感じるようになるからすごいのだ。

by 木戸孝紀 tags:

2014 3/28

(本文とは無関係)

 なるものを見つけた。昔考えたWJ株式市場の延長として、こういうなんでもありなのも考えたことはある。

 問題は、実際の株式市場なら企業の業績にあたる客観的基準がない、ということなんだよね。

 それがないと何を予測しようとしているのかわらないので市場にならない。売買に意味がなくて、冗長なネタ掲示板以上のものにはならない。

 WJ株式市場を考えていたのは、本誌の掲載順という安定した客観的基準があり、それを業績として扱えるからで。

 Twitterでもう言ってる人がいるけど、グーグルトレンドと連動してそのヒット数(?)を業績とするとか、もう一工夫すればもっと面白くなるかもしれない。

by 木戸孝紀 tags:

2011 7/16

(本文とは無関係)

 やねうらおさんのところで知ったコネクト6が面白い。

 アプリが現時点で無料だったので、iPad2でしばらくやってみたが、確かに、五目並べの欠点を克服し、かつ醍醐味を保存した、見事な改良だ。

 今度、五目並べをやるような機会があったら代わりにやってみることにしよう。もっとも、もうかれこれ十年以上、五目並べをやった覚えなどないのだが。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2010 11/21

レッド・デッド・リデンプション【CEROレーティング「Z」】

 西部劇版グランド・セフト・オートと聞いて直感的に面白そうだと思ったので、プレイしてみた。

 GTAをちゃんとプレイしたことは一度もないが、動画などでそれなりに知っていて、確かにすごいゲームだと思っている。しかし、GTAには「犯罪」というテーマにつきまとう後ろめたさという重大な欠点がある。

 もっと盗みまくり奪いまくり射殺しまくって、なおかつ後ろめたくなければサイコーなのだが、そんなゲームはできないものだろうか?

 もちろん、これはあからさまに矛盾した要求であり、絶対に不可能に思える。GTAは盗みまくり奪いまくり射殺しまくるから楽しいのであり、盗みまくり奪いまくり射殺しまくるから後ろめたいのだ。この二律背反は宿命のようなものではないか。一体どうしろというのだ? 

 しかし、それは可能だった。舞台を現代の都市から、西部劇にしてしまえばいいのだ。真に優れた解答はしばしば、後知恵で考えると最初からそれしかなかったような当然のものに感じるが、まさにこれはそのような解答だ。

 西部劇だから銃を撃ちまくり悪党どもを射殺しまくって死体から金を分捕っても大丈夫。西部劇だから馬を盗んでかっ飛ばして人をはねてもそんなに気にしなくてよし。西部劇だからキャラに政治的にヤバそうなことを言わせてもやらせても大丈夫。

 時間が無限にあるものならゆっくり実況動画でも作ってみたいと思わせる良作であった。もちろんそんな暇はないのでほぼメインストーリーのみのクリアでやめるが。

 ここからは購入を考える人へのアドバイス。銃・馬・西部劇が好きで、アメリカの広大な景色の中を馬でパカパカ走り回って鹿でも撃ってれば幸せという全米ライフル協会的な人間には神ゲー。私は別にどれも好きではないが、それでも十分良ゲー。

 ローカライズはきちんとされているが、やはり洋ゲーは洋ゲー。ストーリーは和ゲーの基準では、あってないようなもの。クセの強いキャラ達の、ウィットに富んだ映画風の会話を楽しむのがメインと割り切るべし。

 ほんのアクセントとして牛を追ったり、列車に乗ったり、トロッコを押したりするものの、ほとんどは適当な理由で「ヒャッハー!人間狩りだー!」を繰り返すだけで、各種チャレンジ・ミニゲーム・やり込み要素もおまけ程度である。

 またメインストーリーでは主人公が善人固定なので、悪人プレイは「やろうと思えばできる」というおまけ程度のものと思った方が良さそうだ。GTA基準で悪行三昧したい、という人には向かないかもしれない。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2010 9/6

(本文とは無関係)

 突然思い出した。中学の頃考えてよくやっていた、百人一種を使った2人〜4人程度の遊び。基本的なルールはオーソドックスな坊主めくりである。しかし、札が表向きに並べられる

 「それじゃ意味ないだろ」と思うだろうが、もちろんそれだけではない。山札が複数に分けて積まれる。並べ方もいろいろあるが、基本的なのは単に25枚ずつ4つの山にする積み方。

 そして、プレイヤーはどの山から取るか選択できる。これによって運の要素も適度に残るものの、かなりの戦略性が生まれる。

 たとえば、坊主が見えていたら避けることができる。坊主の山からは取られにくくなる。皆が他から取っていくと、やがてその山にも坊主が現れる。いずれ全ての山が坊主で埋まる時が来てしまう……。

 また姫が見えてもいても場に札がなければ温存することができる。しかし、姫が見えている時に、わざわざ坊主を取ってくれるバカがいるわけがない……。

 やってみるとわかるだろうが、残り1,2周の終盤になると、順番の回り・坊主・姫の残り枚数を巡って、詰将棋のような高度な戦略が生まれてくる。勝とうと思ったらカウンティングは必須である。

 私が好きだった並べ方は、10枚ずつの束を10個作り、1段目に4つ・2段目に3つ・3段目に2つ・トップに1つとピラミッド状――上から見たボウリングのピン状と言ってもよい――に並べるやり方。

 この並べ方の利点は、見た目がよいこと。最初の10枚は選択肢がないので肩慣らしに良いこと。脇から半分だけ見えている札が、カウンティングに微妙な影響を与えてくれること。10ずつの山の最後の一枚を取るにつれ、選択肢が広がっていく感じが面白いこと。

おまけ

 これで思い出した。

by 木戸孝紀 tags:

2010 5/27

要するに (河出文庫)

 山形浩生のエッセイ集。話題自体はやや古くなりかけているが、内容は別に古びてはいない。

 今回「おっ?」と思ったのはここ。

 さて、たぶん実際の世の中の制度設計というのも、このゲームの「おもしろさ」を考えるのと同じことだろう。ゲームも、まったくの自由放任では成立しない。なんらかの制度(つまりルール)があって初めて成立する。でもがちがちに規制しまくっては、ゲームが硬直する。(中略)万人による、さまざまなゲームの総和を考えたとき、最大限の「おもしろさ」を保証する制度ってどう考えればいいんだろうか。

(P286-287 制度設計と「おもしろさ」)

 上記エントリで私が、ゲームデザイナーの才能に一番近いのはあえて言えば立法者の才能ではないか? などと言っているのは、これと同じ話だ。

 しばしば訳書を好意的に取り上げてきたが、やはりこの人とは思考回路が近いらしい。他の著書も当たってみよう。

 ちなみに『山形道場』という本の文庫化らしいので、そちらを既読の人はかぶらないように注意。

参考リンク

おまけ

 これが十分コンテンツになるんだから今ゲームって難しいわな。

by 木戸孝紀 tags:

2010 5/24

(本文とは無関係)

 ついさっきこんなアイデアが降ってわいたのだが、実際に遊べるだろうか? twitterやチャット・BBSなどでリンクを投げ合って遊ぶことを想定。

基本ルール

 2人あるいは2チームで遊ぶゲームです。追いかける「鬼」と逃げる「人」に分かれます。

  1. まず人は自分のスタートするページを好きに選びます。
  2. 鬼はそのページから、1つの内部リンクを指定します。
  3. 人は指定されたページに飛んでまた1つの内部リンクを指定します。
  4. 以後繰り返します。

終了条件

 一度指定したことのあるページは、その勝負中二度と指定できません。指定できるリンクがなくなったら追い詰められたと見なされ捕まります。

 鬼はできるだけ早く捕まえられるよう逃げ道がなくなるような選択をし、人は捕まらないようにできるだけ逃げ道が広くなるように選択します。

ルールの補足

  • リダイレクトですでに通ったページに飛ばされた場合は選択し直し。まだ通っていないページに飛ばされた場合はそこを選択したものとして続行。
  • 選んだ項目がまだ存在せず編集となる場合は、その選択は無効となりもう一度選択し直します。*1
  • もちろん勝負中に意図的にページを編集するのは禁止。
  • 内部リンクとは以下のようなものを除く、記事内のリンクをたどって他のwikipediaのページに飛べるリンクを指す。
    • 上または左のメニュー内のリンク
    • 目次
    • 注釈
    • [編集]
    • 要出典
    • ISBN
    • 外部リンク

*1:リンク先のURLをよく見れば飛ぶ前にもわかります。

おまけ

 鬼つながり。ラビさんおもろすぎる。

by 木戸孝紀 tags:

2009 12/23

 という、FF13が一本道だというニュースを見ていて、昔、

 という記事を書いたことを思いだした。

 後でFF13について何か書くときに言及しようと思い、備忘のためにはてブをつけておいたら、Nao_uさんに拾われた影響か、新しく何か書く前に30ブクマついてしまった。こういうことってあるんだな。

 いや、別にだから何だというわけではないのだけど、初めての経験なので記録しておく。ちなみに画像はとある櫻花の画像生成より。

おまけ

 とある筋では有名なタイトル。

by 木戸孝紀 tags: