2014 10/25

『脳科学は人格を変えられるか?』★★★★

 エレーヌ・フォックス著。タイトルが内容と一致してない。いわゆるポジティブ脳とネガティブ脳の話。なかなか興味深いしライフハックとしても役に立ちそう。

『人類5万年 文明の興亡: なせ西洋が世界を支配しているのか』★

 イアン・モリス著。それほどすごいと思わなかったが、定量志向が珍しかったので。「西洋オワコンって結論にしとくから、途中で多少偏見みたいなこと言っても許せよな」みたいなサブテクストがあるような気がするのは意地悪過ぎかね?

『ヤモリの指から不思議なテープ』★★★★

 松田素子著、江口絵理著、石田秀輝監修、他。内容的には『ヤモリの指』に近いが、イラストたくさんでかなりいい。子供に読ませたい。

『パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門: 怒り、イライラのコントロールで、職場は変わる! 成果が上がる!』★

 小林浩志著。このテーマでまとまったものは読んだことなかったので。

『テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?』★★

 ケヴィン・ケリー著。うーん、全体として悪くはないけど、この人やっぱり自然信仰から文明信仰に転向しただけで本質はヒッピーっぽいんだよねえ。

『スタイルズ荘の怪事件』★

 アガサ・クリスティー著。なんかテレビでポワロやってたので。

『インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針』★

 Susan Weinschenk著。なんとなく『Mind Hacks』を彷彿とさせた。『Mind Hacks』の完成度には遠く及ばないが。

『振り込め犯罪結社 200億円詐欺市場に生きる人々』★★★★★

 鈴木大介著。やばいなんかめちゃめちゃ面白い。近いうちに『闇金ウシジマくん』で振り込め詐欺君編でも始まりそうな気がする。

by 木戸孝紀 tags:

2014 3/5

『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?―― ヒトの進化からみた経済学』★★

 ポール・シーブライト著。原題”The Company of Strangers”(見知らぬ人々の協力)。邦題は煽り気味ではあるが、主張・内容から見てトンチンカンではない。

『生命起源論の科学哲学―― 創発か、還元的説明か』★

 クリストフ・マラテール著。山形浩生経由。

『ロボット』★★

 カレル・チャペック著。どこかで見て思い出した。お世辞にも今読んで面白いとは言いがたいが、外せもしない古典。

『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』★★★

 川上和人著。語り口と絵がよい。もちろん内容的にもよい。

『ジーザス』★★★★

 何かで思い出した。なんか好き。昔の少年漫画っぽい荒唐無稽さとテンポの速さ。当時ですらすでに時代錯誤っぽかった劇画調の絵とか。今の少年サンデーでこの内容って可能なんだろうか。

『会社の値段』★★★★★

 森生明著、現時点の私から見て新しい情報はないが、非常な良書。投資初心者に推奨すべき新書としてはトップクラスに入る。ぜひおすすめ。

『エディアカラ紀・カンブリア紀の生物』★★★

 土屋健著、群馬県立自然史博物館監修。いい。比較的最近の情報がアップデートされている。

『東方鈴奈庵 〜 Forbidden Scrollery.』★★★★

 2巻が発売。やはり東方商業コミックで一頭地を抜く出来という評価は揺るがない。

by 木戸孝紀 tags:

2014 1/28

(本文とは無関係)

 『火の賜物』であった、料理(された食物)の必要性が男女の分業を促進したのではないかという説。

 最初はそんなことあるかなあと思ったが、よく考えるとそんなことがないわけがない。

 最近自分は一日2食分の弁当を作ってもらって会社に持って行っているが、仮に2食とも外食に行かなければならない場合と比べて、仕事に使える時間がおそらく1時間ぐらいは違う。

 コンビニがいたるところに存在する現代日本でさえそうなのだから、石器時代の人間にとって、料理をしてもらえる立場かどうかが死活的に重要だったのは間違いない。

by 木戸孝紀 tags:

2013 3/10

昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来

 イベントも見に行ったほど好きなジャレド・ダイアモンドの新刊。いわゆる国家以前の「伝統社会」から現代人が参考にできることがあるのではないかというテーマ。

 例によってshorebird先生が読書ノートを連載中であるので詳しい内容はお任せ。

 自分は特に気になったところと個人的に参考にしようと思ったところだけピックアップする。

第1部 空間を分割し、舞台を設定する

 唯一意外だったのは、山の民が、

 ここにくるちょっと手前、尾根の北側のところで、小さな廃屋と荒れた畑をみたのを覚えているか。あの小屋と畑をつくったのは河の民だ。悪い人間である河の民は、ああいった方法で、尾根の南側ばかりか北側の土地にも自分たちに領有権があると主張しているのだ。

 と語る場面。私は、こういった最近よく聞く領有権争いのやり方というのは、もっと後の時代に、つまり国家による国内支配や国家間外交が進んでこそ生まれたものだと無意識に考えていた。

 現状維持(≒物理力行使が行われないこと)を何よりも尊重するような国際機関、あるいは国際規範といったものがないのなら、ちゃちな構築物など作ってもすぐ奪われるか壊されてただの作り損ではないか。

 マスコミで見聞きする15秒のニュースで領有権争いに関する意見を形成する、多数の無関心な国民、地球の裏側の外国人を意識する必要がまったくないとしたら、こんな形で先取権を主張したところで、まったく無駄ではないか。当の相手は経緯を全部知っているのだから。

 なんとなくそのように思っていたのだ。このような考えが間違いだとすると、所有や領有といった概念は、もっと古い進化心理学的起源を持ち、それに即した戦術だということか? 言われてみれば当然な気もするが、興味深い。

第3部 子どもと高齢者

 老人が大切にされる条件のところで思ったこと。

 自分の職業コンピュータプログラマは、明らかに老人の智恵が重要でない方の業界だ。大抵の場合、最初からより新しい知識を学んだ後進の若い人間の方が有用である。

 年齢を重ねても自分の価値を維持するためには、単純にプログラミングだけ勉強していても駄目かもしれない。

 もちろんしなければ駄目なのだが、それだけでなく年齢を重ねるごとにどんどん有利さが蓄積されるような得意分野を何か持たないといけないような気がする。

第4部 危険とそれに対する反応

 「建設的なパラノイア」一度ではほぼ起きないような確率の小さな事象も何度も繰り返せばいつかは発生してしまう。骨折などの大怪我をすると、死ぬか完治不能の障害を負うしかない環境に住む人は、危険に関してとても慎重であり、変に強がって見せたりはしないという。

 渋谷駅と会社の間で朝晩一回ずつ信号のないところを渡っていたが、それをやめて遠回りすることにした。

第5部 宗教、言語、健康

 宗教の様々な機能の中には、小規模部族の時から重要だったもの――物事に説明を与えたり苦悩や恐怖を和らげる等――と、中央集権が進んできてから重要になったもの――戦争や権力の正当化や内部抗争の抑止――がある、という説明は、おそらくこれまでなかったというわけではあるまいが、納得がいくものだ。

 バイリンガルはやはりいろいろな点で有利らしい。英語の勉強にもっと身を入れるべきか。

 食に関することは大体知っていた。が、カップラーメンを食べるときスープまで飲み干したりするのをやめることにしよう。

by 木戸孝紀 tags:

2013 2/11

昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来

 shorebird先生のリツイートで知って見てきた。これまでの本をすでに読んでいることもあって、話の内容がすごく面白かったとは言いがたいが、『昨日までの世界』は出たら読みたい。

by 木戸孝紀 tags:

2012 12/24

ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観

 以前読んで、間違ってもおすすめとは思えなかったのでそのままスルーしてたが、最近テレビでもやってたりしたのを見たので、一言だけ。

 私は、これは良くてせいぜい単なる勇み足――チョムスキーやピンカーの言うとおり――である方にかなりの自信を持って賭ける。

 その判断の根拠は言語学的なものではなく、端々から漏れでてくる著者の「高貴な野蛮人」的思想にある。21世紀にもなって「サモアの青春」かよと突っ込みたくなる場面が多い。

 何百何千とある人類言語の世界で唯一の例外が今頃になって発見されたと考えるのと、何百何千と繰り返されてきたありがちな過ちが世界にもうひとつ追加されただけと考えるのと、どちらが思考節約的か。

 もちろん検証はすればいいと思うが、したらあっさり否定されて、否定のニュースは面白くないのであまり広がらず、一部の人はそのまま信じ続ける、というこれも至極ありがちな経過をたどると予想する。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2012 7/14

『飢える大陸アフリカ―先進国の余剰がうみだす飢餓という名の人災』★★★

 ロジャー・サロー著、スコット・キルマン著。現代の飢餓は物理化学生物的な限界の問題ではなく政治の問題。最悪なのは先進国の農業補助金。まあわかっていたと言えばわかっていたことではあるが、とてもいい。おすすめ。

『この人と結婚していいの?』★★★

 石井希尚著。結婚しようと思っていたときに見つけて買った。男はウルトラマンで女はシンデレラとかなんとか。結構いい。

『徳の起源―他人をおもいやる遺伝子』★★★★★

 マット・リドレー著。前から貼ったりはしてたと思うけど、そのもの自体はまだ紹介してなかったか。このテーマでは一番まとまってるかも。

『魚は痛みを感じるか?』★

 ヴィクトリア・ブレイスウェイト著。読み物としての面白さはいまひとつだが、テーマは面白い。下の雨崎さんのまとめと考察が秀逸。

『図説 金枝篇』★★★

 サー・ジェームズ・ジョージ・フレーザー著。ちょっと古いけどやはり抑えておくべき定番。

『アーミッシュの赦し―なぜ彼らはすぐに犯人とその家族を赦したのか』★★★

 ドナルド・B・クレイビル著、デヴィッド・L・ウィーバー・ザーカー著、スティーブン・M・ノルト著。いつかRSSでニュースを目にして気になっていた話。かなり面白い。

『伽藍とバザール―オープンソース・ソフトLinuxマニフェスト』★

 エリック・スティーブン レイモンド著。今となってはちょっと昔だが重要。IT・プログラミングに予備知識のない人には向かない。

『生命と非生命のあいだ』★

 アイザック・アシモフ著。書かれたのが1960年代後半なので約半世紀前とのギャップを楽しむ意味で読むべき。ちょうど今頃の世界を予想しているところがあった。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:

2012 7/3

恋人選びの心―性淘汰と人間性の進化 (1)

 以前詳細に紹介すると言った*1ものの、どれだけ先になるかわからないし、重要な部分が多すぎてほとんどそのまんまにならざるを得ないので、考えを変えて先におすすめだけしておくことにした。

 要点は、人間特有の高度な知性・言語・芸術・道徳などは、クジャクにとっての尾羽のように、性淘汰における適応指標形質として進化したということだ。私は、この見方は基本的に正しいと考える。

 20世紀第4四半期で最も重要な進化論の啓蒙書はおそらく『利己的な遺伝子』であろうが、この本は最終的にそれに匹敵するほどのインパクトを持って、21世紀第1四半期で最も重要な進化論啓蒙書になるのではないかと思う。

 『利己的な遺伝子』は、20世紀を通じた進化論の発展を「遺伝子視点での進化理解」という観点からまとめたものだ。それは生命・死・生殖・子殺し・兄弟殺し・自己犠牲・共同体といった多くの重要概念に対する認識を、大きく・不可逆的に変えてしまった。

 この本は性淘汰と信号理論の進歩、およびその人類進化の理解に対する適用をまとめたものだ。それは、我々の、人間・人間性・道徳・男と女・恋愛・言語・音楽・芸術といった多くの重要概念とその認識を、大きく・不可逆的に変えてしまうことになる。

 もうひとつ重要なことは、「地球に、ひとたび生命が誕生すれば、やがて人間的*2な高度な知性が進化してくることは必然だったのだ」とする人間中心的な進化の見方を、さらに徹底的に否定することになるだろうということだ。*3

*1:参考:書評在庫一掃セール2009年5月版
*2:それがどういう意味なのかという疑問はひとまず置いて。
*3:これは『進化の運命』のエントリにも関連する話題。

参考リンク

参考図書

おまけ

by 木戸孝紀 tags: