2009 12/3

(本文とは無関係)

 とか言ってたが、本当になった。

 私のATOKはお金と期間をかけてガチガチにカスタマイズされているので、すぐに乗り換える気にはならない*1が、将来的にはATOKもほぼ確実に駆逐されてしまいそうな予感がする。

 とりあえず現在の素の状態でも、MS-IMEよりは万倍いい。MS-IMEを使っていて、ATOKを買うのを渋っている人はぜひとも導入すべき。

 web上の情報から候補を作っているためか「ただしい」と入力したところで「ただしイケメンに限る」が第1候補としてサジェストされるとか、かなりカオスなことも起きる。一般の人までこれを使うようになると、言語環境的にも面白いことになりそうだ。

*1:辞書と統合されていたり、独自入力方式のためにローマ字→かなの変換をカスタマイズしていたりするところが代替できていないから。

おまけ

by 木戸孝紀 tags:


“Google日本語変換”へのコメント 3

  1. 1.

    職場の人が魔貫光殺砲が候補に出てくると言って大はしゃぎしてた。

  2. 2. 木戸孝紀

    >鯛
    だよねえ。これ長期的にはかなり面白いことになりそうな気がするよ。

  3. 3. 木戸孝紀

     開発版でローマ字マッピングのカスタマイズができるようになった。これで俺入力方式が再現できるようになった。

     もうATOKの優位性は、広辞苑や英和辞典との統合ができていることぐらいしかなくなってしまった。

コメントする

この記事へのトラックバック

 http://tkido.com/blog/2803.html/trackback