2008 12/8

表現の自由を脅すもの (角川選書)

 下に並べたように事あるごとにおすすめしているジョナサン・ローチ(ジョナサン・ラウチとも)著『表現の自由を脅かすもの』原題“Kindly Inquisitors: The New Attacks on Free Thought”(『やさしそうな異端審問官たち――自由思想への新たな攻撃』)。

 人生の中でも他人にお薦めしたい本No.1なのですが、定価1600円にも関わらずamazonで3万円近くというアホみたいな値段まで高騰しています。このままでは流石に買おうとする人はいないと思われます。

 『人間の測りまちがい』の復刊が嬉しかったので、こちらも復刊を願ってとりあえず復刊ドットコムに登録して投票してみました。どのくらい実現可能性があるかわかりませんが、実績はあるサイトのようなので読みたい方、同じくおすすめしたい方は協力していただければ幸いです。

関連エントリ

関連図書

おまけ

 自由だあああああああああああ!!

by 木戸孝紀 tags:


“復刊ドットコムで『表現の自由を脅すもの』をリクエスト”へのコメント 2

  1. 1. 木戸孝紀

    10票到達のお知らせメールが来た。

  2. 2. 木戸孝紀

    いつの間にか25票も行っていた。
    何票ぐらいから意味が出てくるんだろう。

コメントする

この記事へのトラックバック

 http://tkido.com/blog/711.html/trackback