2017 9/17

『シブサワ・コウ 0から1を創造する力』★★

 シブサワ・コウ著。電ファミの記事がムチャクチャ面白かったので。やっぱり一代で大企業を築くような人は普通ではないな。

『すごい進化 – 「一見すると不合理」の謎を解く』★★

 鈴木紀之著。内容はshorebird先生にお任せ。

『ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた』★

 パット・シップマン著。イヌの家畜化の影響が大きかったのではないかという仮説。

『きずなと思いやりが日本をダメにする 最新進化学が解き明かす「心と社会」』★★★★

 長谷川眞理子著、山岸俊男著。対談形式。進化心理学とか慣れてる身には初歩的だが、賛成できる内容。詳しくはやはりshorebird先生にお任せ。

『錯覚の科学』★★★★

 原題”The Invisible Gorrilla and other ways intuitions deceive us”(『見えざるゴリラ――その他直感が我々を欺く方法』)有名なゴリラバスケ動画の実験他「不注意による見落とし」の本。内容はいいのに地味すぎる邦題がもったいなすぎる。自分が見落とされるブラックジョークか?

『天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編』★★★★★

 上橋菜穂子著。ついにラスト。若干駆け足気味ではあったが、最後まで面白かった。唯一気にくわなかった「帝」関連も一応無理のない(?)結末ついたし。著者の他シリーズも読んでみよう。

『この世界の片隅に公式ガイドブック』★

 「この世界の片隅に」製作委員会著。長尺版作成決定とか聞いた。

『哲学入門』★★★

 戸田山和久著。タイトルの印象から普通に連想される内容ではない。ダニエル・デネットとか、いわゆる伝統的な「哲学」ではない哲学の入門。入門の新書としては最適かと。

『菜根譚』★

 洪自誠著、中村璋八翻訳、石川力山翻訳。いろんな意味で古典らしい内容。やや単調で退屈にも感じるが。

by 木戸孝紀 tags:

2016 6/3

『東方鈴奈庵 〜 Forbidden Scrollery.(5)』★★★

 春河もえ著。ZUN原作。ぬえ・文・聖etc. まだまだ面白い。

『おひさま もっちゃん! 漫画家パパの育児日記』★★

 丸本チンタ著。なかなかおもろい。

『親バカと言われますが、自覚はありません。 イクメンパパの奮闘日記』★

 丸本チンタ著。上の実質前編?

『生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学』★★★★★

 ピーター・ウォード著、ジョゼフ・カーシュヴィンク著。邦題だけは良くない。原題”A NEW HISTORY OF LIFE”(新しい生命の歴史)に相応しい内容。大幅な地質学・生物学的アップデート。強くおすすめ。

『週刊少年ジャンプ秘録! ! ファミコン神拳! ! !』★★★

 「ファミコン神拳」伝承委員会著。うわー懐かしい。下の記事も合わせてどうぞ。

『カッコウの托卵: 進化論的だましのテクニック』★★★

 ニック・デイヴィス著。面白い。内容は例によってshorebird先生にお任せ。

『市場の倫理 統治の倫理』★

 ジェイン・ジェイコブズ著。対話形式がちょっと読みにくい。ここでいう「市場の倫理」と「統治の倫理」は、「リベラル」と「保守」に近い(同じではないが)。もっと言えば『社会はなぜ左と右にわかれるのか』の後半3軸を軽視する立場と重視する立場。

『モラルの起源―道徳、良心、利他行動はどのように進化したのか』★

 クリストファー・ボーム著。興味深い点はあれど要注意点もあり。先にshorebird先生の書評を読むことをおすすめ。

『巨大生物解剖図鑑 Inside Nature’s Giants』★

 デイヴィッド・デュガン著。大迫力。

by 木戸孝紀 tags:

2016 3/11

新テーマパーク PlayStation the Best

 AlphaGo人類最強級の棋士に2連勝して、もはやオセロ同様、人間がどうやっても勝てなくなるのが確実になった。

 これ自体すごく面白いニュースだが、これをきっかけに調べていたら、DeepMindのCEOであるDemis Hassabisという人が、テーマパークの作者だったということに気がついた。

 初代のテーマパークが、私の初めてか2番目のパソコンにバンドルされていたおぼえがある。オリジナリティはあっても、正直微妙な出来であり、クソゲーとは言わずともバカゲーだったと記憶しているのだが。

 まさかその作者がこんな人物になっているなんて……。わからんものだ。

by 木戸孝紀 tags:

2015 9/23

ミネルバトンサーガ

 しんざきさんの素晴らしいエントリに便乗しないと一生書く機会がなくなりそうなので、ミネルバトンサーガに対して一言だけ。

 私がミネルバトンサーガの「世界の見せ方」で一番特徴的と考えているのは「開いた世界観」を持つところだ。

 この「開いた世界観」というのはオレオレ用語である。対義語の「閉じた世界観」の方がわかりやすいのでそちらから説明しよう。

 例をあげると、閉じた世界観のRPGでは、村人が自分の知らない「Aの町」の話をしたら、そのAの町がこれからどこかで出てきて、そこに行くことになるのだと確信できる。

 知らないアイテムの話題を見かけたら、これからどこかでそれを手に入れると確信できる。知らないモンスター、知らない神や魔王の名前を聞いたら、これからどこかでそいつらに会うと確信できる。

 そのようなものが「閉じた世界観」であり、「開いた世界観」はその逆である。知らない物事・場所の話題を見ても、それがゲームのどこかに登場するとは確信できない。

 ついでに言うと、世界の大きさそのものとは関係ない。とても広い世界でも閉じていることはあるし、とても狭い世界でも開いていることは(もちろん困難になるが)ありうる。裏設定の多寡とも直接関係はない。

 多少慣れた人ならすぐにわかるだろうが、閉じた世界観のRPGの方が圧倒的に普通であり、多数派である。

 そもそも全く悪いことではない。すなわち無駄がないということであり、プレイヤーを混乱させないということでもあるからだ。ドラクエなどは全て典型的かつ理想的な閉じた世界である。

 開いた世界観を、無駄な労力を費やして、プレイヤーに混乱や期待外れを強いるだけに終わらせないようにするのはとても困難だ。

 私がぱっと思い出せる範囲では、魅力的な開いた世界観を持つメジャーどころのRPGは、ロマンシング サ・ガ(初代)とオウガバトルシリーズぐらいしか存在しないように思われる。

 ミネルバトンサーガはファミコンRPGでおそらく最初の開いた世界観を持つRPGだと思われる。一番わかりやすい点をひとつだけ挙げると、ワールドマップの名前が「南オフェーリア」となっているが、北・西・東オフェーリアがゲーム内に出てくるわけではない。

 もちろん、やったことがない人には、無駄に1文字付け加えただけにしか思えないだろう。プレイしていると、どこかでそれが魅力的に感じるようになるからすごいのだ。

by 木戸孝紀 tags:

2015 9/21

スーパーマリオメーカー (【数量限定特典】限定仕様(ハードカバー)ブックレット 同梱)

 子育て中なので流石に自分で手は出せず、ニコ動で見てるだけなんだが、言及せずにはいられない感じ。

 この記事でも書いたが、子供の頃にノートに描いていたようなそれが、公式で現実化するとは……。

 30年という時間はやはりすごい。夢が現実になるに十分な時間。長生きはするものだ。次の30年はどうなるかなあ。健康に気をつけてさらにその次の30年ぐらいは見届けたいなあ。

by 木戸孝紀 tags:

2014 9/8

『漫画家貧乏』★★

 佐藤秀峰著。まあまあ面白い。自分の身近には絶対いてほしくないが、世の中にはこんな人もいないと困るんだろうなと思った。要するにNIMBYな人という印象。

『イハーブの生活』★★★★★

 小路啓之著。普段こういう文学かぶれ(?)みたいなの好きじゃないんだが、これだけは別。新装版。ただ印刷の色があまり良くない(特に上巻)。前の版が古本でもKindleでも買えそうなので、こだわりがなければ、そちらの方が良いと思う。

『むかし僕が死んだ家』★

 東野圭吾著。読んでる間は退屈しない。RPGツクールで作られたゲームをやっているような気分になる。内容が素人レベルという意味ではなく、何となく設定優先な感じとかフラグ管理とかシステム的にゲームっぽい。

『はだしのゲンを読む』★

 あまり真面目な意図ではなくネタのところが読みたくて。ネットでは当たり前だけど、本になってるとギャップでまたおかしい。

『寄生虫なき病』★

 モイセズ・ベラスケス=マノフ著。いわゆる衛生仮説の本。やや散漫だが。

『ハイスコアガール』★★★

 押切蓮介著。なんか騒動で読みたくなった。近年の傾向としてある(?)「変人彼女もの」のひとつか。格ゲーはそれほど好きではないがつまらなくはない。

『魔法先生ネギま!』★★★

 赤松健著。レンタルでまとめて読む機会があった。あざといというか商品としてうまいよなあ。後のJコミにつながるビジネス感覚かも。

『カバチタレ』★★

 もちろんナニワ金融道よりは数枚落ちるけど、同系統のが読みたいときに。

by 木戸孝紀 tags:

2014 6/17

Xbox 360 250GB バリューパック【CEROレーティング「Z」】【メーカー生産終了】

 すでに一年以上使用していませんでしたが、子供が生まれたことでさらに当分使用しないことが決定的になったので、読者プレゼントにかけることにしました。

 購入は2012年12月。カオスヘッドノアぐらいしかやったおぼえがないので、ほとんど使用していません。ハードディスクの内容を消すために起動したので、動作は確認済みです。

 セット内容はAmazonで見られるもので間違いありません。Forza Motorsport 4 Essential Editionも入っています。ついてないのはコントローラの単三電池2本だけだと思います。

 Hulu 1ヶ月無料トライアルコード、SkyrimのDLコードも未使用です。ただし今でも有効かどうかは知りません。

 ハードディスクの内容はもちろん全部消しています。マイクロソフトアカウントへのデバイス登録は最初からしていないので、シリアル番号関連の面倒はないと思います。

 上の記事を読んでご応募ください。締め切りは6/25(水)までです。

by 木戸孝紀 tags:

2014 3/28

(本文とは無関係)

 なるものを見つけた。昔考えたWJ株式市場の延長として、こういうなんでもありなのも考えたことはある。

 問題は、実際の株式市場なら企業の業績にあたる客観的基準がない、ということなんだよね。

 それがないと何を予測しようとしているのかわらないので市場にならない。売買に意味がなくて、冗長なネタ掲示板以上のものにはならない。

 WJ株式市場を考えていたのは、本誌の掲載順という安定した客観的基準があり、それを業績として扱えるからで。

 Twitterでもう言ってる人がいるけど、グーグルトレンドと連動してそのヒット数(?)を業績とするとか、もう一工夫すればもっと面白くなるかもしれない。

by 木戸孝紀 tags: