2019 11/3

『宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃』★

 加藤文元著。例の望月新一ABC予想の話。

『THE ONE DEVICE ザ・ワン・デバイス iPhoneという奇跡の“生態系”はいかに誕生したか』★

 ブライアン・マーチャント著。特別iPhoneに思い入れあるわけではないけど、面白かった。

『精密への果てなき道:シリンダーからナノメートルEUVチップへ』★★★

 サイモン・ウィンチェスター著。「精密さ」で一本筋を通した科学史本。意外と今までなかった気がする。

『野蛮な進化心理学―殺人とセックスが解き明かす人間行動の謎 単行本』★

 ダグラス・ケンリック著。個別に特別目新しい話はなかったけどいいと思う。

『幸福な監視国家・中国』★★★★

 梶谷懐著、高口康太著。タイムリーな話題。かなり面白い。

『医者には絶対書けない幸せな死に方』★

 たくきよしみつ著。粗も多いけど大事な話のような気がする。

『進化心理学から考えるホモサピエンス 一万年変化しない価値観』★★

 アラン・S・ミラー著。当然新味はまったくないけど、入門書としてはとても良いのでは。

『脳と視覚―グレゴリーの視覚心理学』★★★★

 リチャード・L. グレゴリー著。著者の名がダニエル・デネットの議論に出てくるからどんなのかと思って借りたが、普通にすごく面白かった。すでにかなり前の本ではあるが、全然古さは感じない。

『「いいね! 」戦争 兵器化するソーシャルメディア』★★★★★
 P・W・シンガー著、エマーソン・T・ブルッキング著。これもタイムリーかつ非常に重要な話題であるし、すごく面白い。軍事系で定評ある著者だし。

by 木戸孝紀 tags:

2019 9/21

『逆転の大戦争史』★★★★

 オーナ・ハサウェイ著、スコット・シャピーロ著。非常に興味深いが邦題だけはミスリーディング。内容はshorebird先生にお任せ。

『人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-』★★★

 小池一夫著。著者の死去をきっかけに。流石というか面白い。

『リベラル再生宣言』★★

 マーク・リラ著。アイデンティティ・リベラリズム、要するに裕福なインテリ同士のマウント取り合いのために、リベラル全体ないしは人類全体をないがしろにすることの問題点の指摘。

『進化する形 進化発生学入門』★★★

 倉谷滋著。内容はやはりshorebird先生におまかせ。アルシャラクシス理論という単語自体は初めて聞いたが、昔グールドの本で漠然と考えられていたようなことが、今ではいろいろ具体的に進展しているのが面白かった。

『分節幻想 ――動物のボディプランの起源をめぐる科学思想史』★★

 倉谷滋著。上のより専門的。分厚い。

『シルバー民主主義 – 高齢者優遇をどう克服するか』★

 八代尚宏著。大事な話題だけど、どうにもならなさそう感が怖い。

『ブラックアース ―― ホロコーストの歴史と警告』★★

 ティモシー・スナイダー 著。前著の『ブラッドランド』ほどではないが面白い。

『鉄条網の歴史』★★★

 石弘之著、石紀美子著。後半はありきたりな政治主張が混じって微妙だが、鉄条網の由来と歴史の部分は非常に面白い。文庫版はなぜか微妙にタイトルが違うが、目次を見る限り同じ内容。

『果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?』★★★★

 ロバート・H・ラスティグ著。啓蒙としてもダイエットの実践としても重要では。「甘い飲みものは親の仇でござる!」というのはやはり正しかった。

by 木戸孝紀 tags:

2019 7/15

『ウイルスの意味論――生命の定義を超えた存在』★

 山内一也著。面白い。

『ファンタジーランド: 狂気と幻想のアメリカ500年史』★

 カート・アンダーセン著。ちょっと散漫な気もするけど。なぜか『宗教から読むアメリカ』を思い出した。

『おもしろレオロジー ―どろどろ、ぐにゃぐにゃ物質の科学』★

 増渕雄一著。何で知ったか忘れたが、意外に面白かった。

『西洋の自死: 移民・アイデンティティ・イスラム』★★★

 ダグラス・マレー著。私には近過去から現在までのトレンドをそのまま未来に外挿しすぎた極論に思え、賛成するわけではないが、反対の視点からでも参考にすべき意見を含んでいると思う。

『ビット・プレイヤー』★

 グレッグ・イーガン著。いつもの(?)イーガン。特別印象に残ったわけではないがコンスタントに面白い。

『ゲノムが語る23の物語』★★★★

 マット・リドレー著。2000年の本なので年代的には古いが面白い。ヒトゲノム計画がまだ目新しいものだった頃の感覚も面白い。

『医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者』★★

 大竹文雄著、平井啓著。単なる興味としても、実用的にも役に立ちそう。医者の立場でも患者の立場でも。

『神々の山嶺』★★★★★

 夢枕獏原作、谷口ジロー著。名前も評判もなんとなく知っていたのに、なぜかちゃんと読んだことがなかった。引き込まれる。大元は25年前の小説なので時代は感じるけど、特に気になるほどではない。

by 木戸孝紀 tags:

2019 4/28

『妻のトリセツ』★★★

 黒川伊保子著。妻と読んだ。ぶっちゃけ科学面では極めていい加減。トンデモと言っても過言ではない。でも個人的には役に立った気がする。

『気になる仏教語辞典: 仏教にまつわる用語を古今東西、イラストとわかりやすい言葉でなむなむと読み解く』★★★★

 麻田弘潤著。絵も内容も良い。

『ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック』★★★

 阿久津美栄子著。図書館で借りて良かったので一冊持っておくことにした。

『脳が教える! 1つの習慣』★

 ロバート・マウラー著。変化は怖い。だから必ず失敗しようがないほど小さいことから始めて徐々に大きくせよ。……という内容。これで言い尽くしてしまっている気がするが。

『難破する精神:世界はなぜ反動化するのか』★

 マーク・リラ著。全体としてはありがちな現状嘆き本と言えなくもない。が、いわゆる極左の理想主義が「未来へのノスタルジア」であり、極右の過去へのノスタルジアとある意味そっくりだという視点は示唆に富むと思う。

『魂に息づく科学:ドーキンスの反ポピュリズム宣言』★

 リチャード・ドーキンス著。より抜き集。長年のファンからするとまあ予想通りの内容で、そこまでインパクトはなかったが。

『脚・ひれ・翼はなぜ進化したのか: 生き物の「動き」と「形」の40億年』★★★★★

 マット・ウィルキンソン著。移動能力で一本筋を通した進化・生物本。これ系では久しぶりの超おすすめ。

『暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン』★

 ティモシー・スナイダー著。まあ流行り物? 『ブラッドランド』の人だけあって言ってることはまとも。

by 木戸孝紀 tags:

2019 3/17

『エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか』★★★★

 ジェイソン・カラカニス著。知らなかったがUberへの投資で有名になった人とのこと。とても面白かった。

『ブラッドランド: ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実』★★★★

 ティモシー・スナイダー著。そこそこ知っているつもりだったが、視点を改めさせられる感があった。一言でまとめるのは難しいので是非読んでほしい。それにしても本当にヒトラーとスターリンは酷い。

『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』★★★★★

 ハンス・ロスリング著、オーラ・ロスリング著、アンナ・ロスリング・ロンランド著。評判通り素晴らしい。TEDで何度か見た憶えある人だったがこれが遺作なのか。

『戦前日本のポピュリズム – 日米戦争への道』★

 筒井清忠著。わりと前から言われてるような気もするけど。いいと思う。

『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』★

 佐光紀子著。ほぼタイトル通り。うちも「しなさすぎ」よりは「しすぎ」のような気がするので。

『将棋の子』★

 大崎善生著。厳しい世界。

『ワニと龍―恐竜になれなかった動物の話』★★

 青木良輔著。内容についてはshorebird先生にお任せ。

『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』★

 堀正岳著。特別これがすごいというほどではないけど、これまであまり知らなかった人のガイドとしてはいいのでは。

by 木戸孝紀 tags:

2019 2/3

『いまさらですがソ連邦』★★★★

 速水螺旋人(著、イラスト)、津久田重吾(著)。Kindle Unlimitedのキャンペーンで読んだけど、面白かった。

『数学パズル大図鑑: 名問・難問を解いて楽しむパズルの思考と歴史』★★

 イワン・モスコビッチ著。フルカラーかつ大きめで楽しい。パズル的にも水準高し。

『交雑する人類―古代DNAが解き明かす新サピエンス史』★★

 デイヴィッド・ライク著。専門的。個別にはすでにぽつぽつ漏れ聞いてる内容が多かったけど面白い。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ』★

 佐々木典士著。妻経由。男性視点の断捨離本は珍しい(?)ので。アイリスオーヤマのエアリーマットレスとやらがいいというので子供の敷き布団として買ってみたが、確かによかった。

『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』★★★

 津川友介著。個人的に改めて特にこれという内容はなかったが、このタイトルで名前負けしてないだけでも十分か。

『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』★★★

 ピーター・ゴドフリー=スミス著。原題”Other Minds: The Octopus, the Sea, and the Deep Origins of Consciousness”(『異なる心:蛸・海・意識の深い起源』)まだまだこれからの話だと思うが興味深い。

『若い読者のための経済学史』★

 ナイアル・キシテイニー著。タイトル通りの内容。中高生にもいいかも。

『鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけーーー申請から施設探しまで、介護初心者には想定外の事態が待っていた!』★

 まだ具体的に必要にはなっていないが、心構えとしては役に立った。

by 木戸孝紀 tags:

2019 1/13

『小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て』★★★

 高橋孝雄著。個別の内容に特に独自性があるわけではないけど、遺伝に変な否定意識のない子育て本はまだ珍しい気がするので。

『反西洋思想』★

 イアン・ブルマ著、アヴィシャイ・マルガリート著。そんなに面白いわけじゃないが有用な視点かと。

『実践フェーズに突入 最強のAI活用術』★★★

 野村直之著。AI本では久しぶりにちょっと面白かった。いわゆる「地球シミュレータ」と同等の性能のマシンが現在100万円で買える、という話が印象に残った。

『サルたちの狂宴』★★★★

 アントニオ・ガルシア・マルティネス著。シリコンバレーものとしてもfacebookものとしてもかなり面白かった。

『好き嫌い―行動科学最大の謎―』★★

 トム・ヴァンダービルト著。単独で特別すごい話はないけど。

『学びを結果に変えるアウトプット大全』★★

 樺沢紫苑著。時間本がよかったから読んだけど、そこまでとは。会長本とテーマがかぶってしまったせいもあるか?

『性欲の科学 なぜ男は「素人」に興奮し女は「男同士」に萌えるのか』★★★★

 オギ・オーガス著、サイ・ガダム著。進化心理学好きとしては「科学」の部分に目新しい話はないが、具体的な話がとても面白い。

『カラー図解 進化の教科書』★★

 カール・ジンマー著、ダグラス.J・エムレン著。最近のブルーバックスってどんなのかと思って。カール・ジンマーだけあって普通に良い。

by 木戸孝紀 tags:

2018 10/7

 会長の新著。内容は著者本人のブログで一部引用されているのでそちらに譲り、ここでは個人的な話をしよう。

 この本の中で出てくる「日本支社を作るときブログで人材募集した」というのが下のエントリで、

 それに応募したうちのひとりが私だった。

 そして、こちらにも何か事前に憶えてもらえるようなブログネタがあった方がいいな、と思って投入した、長年取って置きのネタが、

 だった。

 最初からバズらせよう――という言葉は当時なかったと思うが――と思って実際にある程度成功した*1のは、これが最初で最後かもしれない。

 その結果かどうかはともかく、それで就職して、社名は変わっても未だそこで働いているわけで、ブログで人生変わったと言っても過言ではあるまい。

*1:当時とはブログURL自体が変わっているので、当時のはてブ等は失われている。今ついているのは再ブーム(?)時のもの。

by 木戸孝紀 tags: